閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

23
Jan.2017
REPORT

NAMM 2017 Day4 : IK Multimedia


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report

Namm2017_4Day-20

20170120_quiz_1090_100

IK Multimediaの新製品をチェック!まず初めはiOS/Androidデバイス、そしてMac/PC両方に対応したiRig Pro I/Oが登場。スマホ対応のI/Oとして、ユーザーに最良の配慮がなされた超コンパクトなインターフェースです。

注目すべきポイントは、iPhone 7のヘッドフォン端子が無くなった事を受けてiRig Pro I/Oはヘッドフォン端子を搭載。そしてバッテリー駆動でも動作はするが、専用のアダプターを使用すればiPhone/Androidの充電が出来つつ、インターフェースとして長時間の作業をする事も可能になっています。

iRig Pro I/Oは、Amplitube 4とT-Racks Deluxeが付いてくると言うかなりお得なパッケージとなっています(特にiT-Racks Vintage Tube Compressorはおすすめ!)。そしてこれを買う事によってiOS AppのAmpliTube FREE for iOSがフルバージョンへと機能制限を解除されるのも魅力の一つです。価格は¥19,500前後予定、出荷は2017年春頃を予定しています。

続いての注目商品ですが、アコースティックギターに使用できデジタル・マイク・システム。その名も「iRig Acoustic Stage」。通常マグネットなら、ホールの真ん中と、エンドピンを外したり…。ピエゾの場合はサドルの加工が必要になりますが、この製品は今使用しているアコギのホールに何も加工が必要なく取り付けが可能です。

それでいてギターの特性、奏法に合わせたキャリブレーションが可能。それもTONEボタンを長押しするだけの簡単な作業に加え、ハウリングを防止するCANCEL FEEDBACKも搭載。さらにすごいのはDSP機能搭載によるプリアンプユニットがスチールかナイロン弦のどの楽器においても最適化を選択できるようになっています。

価格も抑えめながら気軽に導入できるピックアップとして、ウクレレにも対応しているので、こちらも目が離せない注目の製品になっています。是非動画でサウンドとともに、操作性も確認をしてみてください。価格は¥14,580(税込)、2017年1月下旬より発売予定

そして最後にIK Multimedia ブースに訪れた方にしか入れない秘密の部屋にてまだ正式発表がされていない次回予定の新製品「iRigKey I/O」を紹介!早速内容を確認して行きます。
namm2017 Rock oN show report

上記の画像では白い25鍵盤モデルと49鍵盤モデルの2種類が設置されています。さらにこの各モデルにはiRigKeys I/Oと謳っているとおり、インターフェース機能も搭載しています。

namm2017 Rock oN show report
namm2017 Rock oN show report

ユニークなポイントとしては「Cap Sens」を搭載したピッチベンドとモジュレーションバーがあります。さらに真ん中のノブにもこのCap Sensが搭載されているので、触っただけでそのつまみの設定されたパラメーターが表示されるようになっています。操作性も非常に進化しています。

Namm2017_4Day-19
この製品の凄いところはiPadスタンドも予定しているとのこと。なかなか鍵盤に適応したiPadスタンドはなく、設置するにも工夫が必要だった訳ですが、こう言ったユーザー目線に考えられているところは素晴らしいことです。

是非こちらも動画がありますので、確認していただければと思います!正式発表まで待ち遠しいですね!

Writer. Yausda
IK Multimedia
http://www.ikmultimedia.com/jp/

20170126_namm2016

NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年1月23日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company