閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

20
Jan.2017
REPORT

NAMM 2017 直前情報:LYNX

20170119_lynx_1090

Lynxは世界的に評価の高いAD/DA コンバーターAURORAシリーズの後継機『AURORA(n)』シリーズを発表しました。(n)は『(n)ext Generation Mastering AD/DA Converter』を指します。

LYNX(n)のラインナップは従来の8ch、16chに新しく24chと32chモデルが加わりました。ラインナップはch数と接続フォーマットごとに分かれ、全てで14モデルがリリースされます。本国出荷は2月が予定されています。

ラインナップ

32CHANNELS 各3モデル
Aurora-n for web 2(1)
Dante ($6,599), Pro Tools HD ($6,099), Thunderbolt ($6,499)

24CHANNELS 各3モデル
Aurora-n for web 3(1)
Dante ($5,499), Pro Tools HD ($4,999), Thunderbolt ($5,399)

16CHANNELS 各4モデル
Aurora-n for web 4(1)
Dante ($4,399), Pro Tools HD ($3,899), Thunderbolt ($4,299),USB ($3,899)

8CHANNELS 各4モデル
Aurora-n for web 5(1)
Dante ($3,299), Pro Tools HD ($2,799), Thunderbolt ($3,199), USB ($2,799)

LYNX(n)はLYNX独自の拡張スロット LSlotのオプションI/Oカードを差し替えることにより、Dante , Pro Tools HD , Thunderbolt ,USB ,そして将来的なほかの接続フォーマットに対応させることが可能です。LSlotは2017年中にプリアンプ、アナログサミング、デジタルI / O(AES3 + ADAT)が登場予定です。

もちろんマスタリンググレードのサウンドもより向上。Hiloの開発で生まれた『Hilo Converter Technology(HCT)』をアナログI/O部に採用。Lynx独自の第2世代のSynchroLock-2 sample clock技術を搭載した新しい1-in 3-WordワードクロックI / Oを搭載するなどオーディオ部の大幅なリデザインを行うことで、さらなる低歪みと低ノイズを実現しています。

このほか興味深い機能として、本体のスロットに挿したSDカードに直接オーディオを録音することができます。そのほか独立ボリュームのヘッドホンアウトを2基搭載。視認性の高い480 x 128 TFT LCDディスプレイによるch管理や設定もこれまでになかった快適さを提供してくれそうです。

32chで1Uに収まるマスタリングクラスのAD/ADコンバーター。ヘッドホンアウトやThunderbolt接続も可能にするなどオーディオI/Fとしての使い勝手も大いに考えられます。大きく進化したAURORA(n)。発売が楽しみです。

Writer. Tomita
LYNX Audiohttp://www.lynxstudio.com/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年1月20日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    IBC 2019 : Cobalt / ALC NetworX / Decim…
    IBC 2019 : Cobalt / ALC NetworX / Decimator Design
    今がオススメ!IK Multimedia iLoud Micro Monitor…
    今回は世界最小クラスのニアフィールドモニターの3つのポイントをご紹介!
    IBC 2019 : ihse / Panasonic / リーダー電子
    ihse / Panasonic / リーダー電子では最新のソリューションや新製品が展示されていました。
    IBC 2019 : Dolby / ADDER / Canare
    まだまだ続くIBCレポート。続いては3つのブースからお届け!
    IBC 2019 : theatrixx technologies
    theatrixx thechnologiesは、なんと電源部を内蔵したビデオコンバーターがラインナップ。
    IBC 2019 : Lectrosonic
    マイクメーカーLectrosonicsはワイヤレス製品を中心に展示していました。
    IBC 2019:Switchcraft
    パッチ盤で有名なSwitchcraftからはPAで役立ちそうな2つの新機種、そして12G対応のパッチパネルが登場!
    IBC 2019:Carlec
    放送用コンソールで高い評価のメーカーCarlecは、IP対応製品を中心に展示!
    IBC 2019:Yellowtec
    マイクマウントシステムm!kaが有名なYellowtecは、個人制作ユーザー向けの新製品を展示!
    IBC 2019 : Fraunhofer
    圧縮コーデックMPEGの生みの親でもあるドイツの産学連携機関Fraunhofer。
    IBC 2019:Voice Technologies
    ミニチュアマイクメーカーVoice Technologiesは極小イヤーモニターを展示!
    IBC 2019 : AJA Video Systems
    AJAからは数多くの新製品とアップデートが発表されました。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company