閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

20
Jan.2017
REPORT

NAMM 2017 直前情報:LYNX

20170119_lynx_1090

Lynxは世界的に評価の高いAD/DA コンバーターAURORAシリーズの後継機『AURORA(n)』シリーズを発表しました。(n)は『(n)ext Generation Mastering AD/DA Converter』を指します。

LYNX(n)のラインナップは従来の8ch、16chに新しく24chと32chモデルが加わりました。ラインナップはch数と接続フォーマットごとに分かれ、全てで14モデルがリリースされます。本国出荷は2月が予定されています。

ラインナップ

32CHANNELS 各3モデル
Aurora-n for web 2(1)
Dante ($6,599), Pro Tools HD ($6,099), Thunderbolt ($6,499)

24CHANNELS 各3モデル
Aurora-n for web 3(1)
Dante ($5,499), Pro Tools HD ($4,999), Thunderbolt ($5,399)

16CHANNELS 各4モデル
Aurora-n for web 4(1)
Dante ($4,399), Pro Tools HD ($3,899), Thunderbolt ($4,299),USB ($3,899)

8CHANNELS 各4モデル
Aurora-n for web 5(1)
Dante ($3,299), Pro Tools HD ($2,799), Thunderbolt ($3,199), USB ($2,799)

LYNX(n)はLYNX独自の拡張スロット LSlotのオプションI/Oカードを差し替えることにより、Dante , Pro Tools HD , Thunderbolt ,USB ,そして将来的なほかの接続フォーマットに対応させることが可能です。LSlotは2017年中にプリアンプ、アナログサミング、デジタルI / O(AES3 + ADAT)が登場予定です。

もちろんマスタリンググレードのサウンドもより向上。Hiloの開発で生まれた『Hilo Converter Technology(HCT)』をアナログI/O部に採用。Lynx独自の第2世代のSynchroLock-2 sample clock技術を搭載した新しい1-in 3-WordワードクロックI / Oを搭載するなどオーディオ部の大幅なリデザインを行うことで、さらなる低歪みと低ノイズを実現しています。

このほか興味深い機能として、本体のスロットに挿したSDカードに直接オーディオを録音することができます。そのほか独立ボリュームのヘッドホンアウトを2基搭載。視認性の高い480 x 128 TFT LCDディスプレイによるch管理や設定もこれまでになかった快適さを提供してくれそうです。

32chで1Uに収まるマスタリングクラスのAD/ADコンバーター。ヘッドホンアウトやThunderbolt接続も可能にするなどオーディオI/Fとしての使い勝手も大いに考えられます。大きく進化したAURORA(n)。発売が楽しみです。

Writer. Tomita
LYNX Audiohttp://www.lynxstudio.com/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年1月20日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company