閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

19
Jan.2017
REPORT

NAMM 2017 直前情報:Mackie


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show Report Mackie

2005年の発売以来、モニターコントローラーの定番機として人気を博してきたMackie Big Knobがリニューアル!Onyx USBレコーディング&プレイバックが可能なオーディオインターフェース機能を新たに装備した2モデルと、電源不要のシンプルな1モデル、合計3モデルがラインナップされます!

※全機種 2017年初夏頃発売予定!

Big Knob Passive

NAMM 2017 Rock oN Show Report Mackie

もっともコンパクトでお手ごろ価格のBig Knob Passiveはステレオ2系統の音源とステレオ2系統のモニタースピーカーを選択、切替が可能なモニターコントロールシステムです。電源が不要のパッシブ設計によりホームスタジオから大規模スタジオのブース用として、さらに編集室の切替機として、さまざまな現場で使用可能です。(¥8,856 税込)

Big Knob Studio

NAMM 2017 Rock oN Show Report Mackie

Big Knob StudioはUSBレコーディング&プレイバック機能(96kHz/24Bit)が装備されており、DAWミックスモニタリングやや2Mixレコーディングなどに役立ちます。また3系統のステレオ音源(USBからの音源含む)と2系統のモニタースピーカーを選択、切替が可能です。またスタジオレコーディング作業に役立つトークバック機能やステレオ2系統のヘッドホンアウトも装備し真のスタジオコマンドセンターとして活躍してくれます。(¥24,840 税込)

Big Knob Studio+

NAMM 2017 Rock oN Show Report Mackie

Big Knob Studio+はプロフェッショナルスタジオの現場で使用可能なより多くの入出力を装備しております。4系統のステレオ音源(USBからの音源含む)と3系統のモニタースピーカーを選択、切替が可能。さらにUSBオーディオインターフェース機能は高解像度192kHz/24Bitを採用しプロフェッショナルレコーディングも可能です。またヘッドホン分配器向けの高品位な専用出力を装備し大規模なモニタリングシステムも構築ができ、プロフェッショナルスタジオでも活躍してくれることでしょう。(¥37,260 税込)


新たにオーディオI/Fを搭載し、新しい領域に踏み込んだBigKnob。意外とパッシブモデルも使いどころがあって気になります。モニターコントローラーということもあり気になるのはその音質。NAMM 2017で確かめてきますね。

Writer. Tomtia

Mackie
http://mackie.com/products/big-knob-series

Mackie 日本語ニュースリリース
http://mackie-jp.com/enews/?p=5710


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年1月19日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    IBC 2019 : AJA Video Systems
    AJAからは数多くの新製品とアップデートが発表されました。
    IBC 2019:Neutrik
    高品位コネクタで知られるNeutrikは新製品DragonnflyやDante I/Oなどを展示。
    IBC 2019:RTW
    タッチスクリーンを搭載したオーディオモニタリング製品が有名なRTWはハード/ソフト両面での新オプションを展示していました。
    IBC 2019:Trinnov Audio
    音場補正のプロダクトを製作するTrinnov Audioは制作中のプロトタイプを展示していました。
    IBC 2019 : IP Showcase
    IP ShowcaseではST2110に対応した新たな映像圧縮コーデック「JPEG-XS」のプレゼンテーションが行われていました。
    IBC 2019:Stage Tec
    Stage TecはもともとNeumannで放送局向けにミキサーを作っていたひとびとがスピンアウトして出来た会社とのこと。
    IBC 2019:DirectOut Technologies
    今年のIBCではこのPRODIGYに新たなモデルが登場するとのことで、早速チェックして参りました。
    IBC 2019:LAWO
    特徴的な水色のイマージカラーで統一されたブース内に所狭しと製品が展示されていました。
    IBC 2019 : Tentacle Sync
    キモかわいいロゴが印象的なTentacle Sync。新興の小さなメーカーですが、Sync E(ジンキー)という優れたデバイスをリリースしています。
    初音ミク「マジカルミライ 2019」 in 幕張メッセ @ 8/30 ̵…
    年1回ではありますが、この”初音ミク 「マジカルミライ」”のレポートも徐々に定番化してきたのではないでしょうか? よろしければ、今年もお付き合いいただければと思います。 さて、今年で7年目の開催となる“初音ミク 「マジカ [……
    IBC 2019:Nugen Audio
    ホール7と8をつなぐ渡り廊下である「Pod」に出展していたNugen Audio。VisLM 2にアップデートがあり、Netflixの定める音声規格に則した測定ができるプリセットが追加で実装されました。画面でわかる違いと [……
    IBC 2019 : Soundwhale
    新興メーカーSoundwhaleは、遠隔地を映像と音声で結ぶソフトウェアを開発!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company