閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

19
Jan.2017
REPORT

NAMM 2017 直前情報:Pioneer DJ


NAMM 2017 Rock oN Show Report WAVES

NAMM 2017 Rock oN Show Report WAVESNAMM 2017 Rock oN Show Report WAVES
NAMM 2017 Rock oN Show Report WAVESNAMM 2017 Rock oN Show Report WAVESNAMM 2017 Rock oN Show Report WAVES

20170119_namm_pioneerdj_1090
Pioneer DJがTORAIZシリーズ第2弾として、モノフォニック・アナログ・シンセサイザーのTORAIZ AS-1を発売しました。

この製品は第1弾のTORAIZ SP-16よりさらにDave Smith Instruments社との協業関係を深め、
あの伝説的なポリフォニック・アナログ・シンセサイザーProphet-5の設計思想を受け継ぐProphet-6を
もとに共同開発したモノフォニック・アナログ・シンセサイザーです。

toraiz-as-1-main-n

サウンドの核となるシンセシス・エンジンは、Dave Smith Instruments社のProphet-6 のアナログ・ディスクリート回路をベースに共同開発、2VCO、2VCF、1VCA、2EG、1LFOで構成されており、音色が劇的に変化するパラメーターノブをシンプルに配置することでダイナミックな音色作りも実現します。Prophet-6直系のデュアル・エフェクト・エンジンが搭載されていることも魅力的です。

ユーザーインターフェースとパフォーマンス機能の開発には、Pioneer DJが誇る開発ノウハウを活かし、7種類のパラメーターをマルチアサインできるタッチパッド式のSLIDER を搭載、2基のオシレーターのピッチを同時に変化させたり、エフェクトのかかり具合を変化させるといったダイナミックな音色変化を生み出すことが可能です。

タッチパッド式のKEYBOARDとSLIDERを搭載することで、作り出したアナログサウンドを直感的に演奏することができます。

toraiz-as-1-front-angle-new
toraiz-as-1-rear-new

Dave Smith InstrumentsとPioneer DJ、双方の技術を結集した画期的なこの製品、NAMM2017で要チェックとなることでしょう!


Pioneer DJ https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/production/toraiz-as-1/black/overview/


NAMM 2017 Rock oN Show Report WAVES

NAMM 2017 Rock oN Show Report WAVESNAMM 2017 Rock oN Show Report WAVES
NAMM 2017 Rock oN Show Report WAVESNAMM 2017 Rock oN Show Report WAVESNAMM 2017 Rock oN Show Report WAVES

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年1月19日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    IBC 2019 : AJA Video Systems
    AJAからは数多くの新製品とアップデートが発表されました。
    IBC 2019:Neutrik
    高品位コネクタで知られるNeutrikは新製品DragonnflyやDante I/Oなどを展示。
    IBC 2019:RTW
    タッチスクリーンを搭載したオーディオモニタリング製品が有名なRTWはハード/ソフト両面での新オプションを展示していました。
    IBC 2019:Trinnov Audio
    音場補正のプロダクトを製作するTrinnov Audioは制作中のプロトタイプを展示していました。
    IBC 2019 : IP Showcase
    IP ShowcaseではST2110に対応した新たな映像圧縮コーデック「JPEG-XS」のプレゼンテーションが行われていました。
    IBC 2019:Stage Tec
    Stage TecはもともとNeumannで放送局向けにミキサーを作っていたひとびとがスピンアウトして出来た会社とのこと。
    IBC 2019:DirectOut Technologies
    今年のIBCではこのPRODIGYに新たなモデルが登場するとのことで、早速チェックして参りました。
    IBC 2019:LAWO
    特徴的な水色のイマージカラーで統一されたブース内に所狭しと製品が展示されていました。
    IBC 2019 : Tentacle Sync
    キモかわいいロゴが印象的なTentacle Sync。新興の小さなメーカーですが、Sync E(ジンキー)という優れたデバイスをリリースしています。
    初音ミク「マジカルミライ 2019」 in 幕張メッセ @ 8/30 ̵…
    年1回ではありますが、この”初音ミク 「マジカルミライ」”のレポートも徐々に定番化してきたのではないでしょうか? よろしければ、今年もお付き合いいただければと思います。 さて、今年で7年目の開催となる“初音ミク 「マジカ [……
    IBC 2019:Nugen Audio
    ホール7と8をつなぐ渡り廊下である「Pod」に出展していたNugen Audio。VisLM 2にアップデートがあり、Netflixの定める音声規格に則した測定ができるプリセットが追加で実装されました。画面でわかる違いと [……
    IBC 2019 : Soundwhale
    新興メーカーSoundwhaleは、遠隔地を映像と音声で結ぶソフトウェアを開発!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company