閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

20
Jan.2017
REPORT

NAMM 2017 : ROLI


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report

Namm2017_1Day_Rock-49
20170120_quiz_1090_100
WEB_eye-catching_732-540 (1)

Rock oN Award2017でSEABOARD RISE 25がSilver Awardを受賞するなど名実共にトップクラスの注目度を誇るROLIが、期待の新製品ROLIBLOCKSを展示!ブース自体もROLIBLOCKSのようにナイトクラブ的な雰囲気でカッコ良い!

お次は本日デモ動画も間も無く公開! ROLIブース! http://bit.ly/2in5g2T #namm2017 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

まずはデモ演奏をどうぞ。

ROLIBLOCKSは楽器の演奏や音楽理論を知らなくても、新しい方法で新しい音楽を生成したい人に向けて作られています。掌サイズで何処へでも簡単に持ち運べ、しかも完全なるワイヤレスを実現。BLOCK同士は磁石でくっつき、iOSデバイスとはBluetoothで接続されます。(BLOCK自体はフリーのiOS app「NOISE」のコントローラーです。)

Namm2017_1Day_Rock-47

ROLIBLOCKSのハードウェアは3種類あります。ピカピカ光って指先で演奏する正方形の筐体が「Lightpad Block」です。

t_2400

Lighted BlockはROLIBLOCKSの要となるモジュールです。225個のLED、そしてSEABOARDでお馴染みの5Dタッチのインターフェースを持つコントロールモジュール。NOISE内のストリングスやパッド等を情感豊かなビブラートやなめらかなピッチベンドで演奏できます。またNOISEにはリズム系のサウンドも用意されており、AKAI MPCシリーズのようなパッド演奏にも対応。触れたところが光るので視覚的にもかなりCOOL。

t_2400-3

NOISEは100以上のサウンドがありパラメーターはiOSデバイスに表示されますが、画面を見ないでBLOCK達だけで演奏したところですね!そこで便利なのが、Lightpad Blockの半分のサイズの筐体でボタンファンクションがついている「Live Bloclk」と「Loop Block」です。シーケンスのスタートストップやLightpad Blockの演奏スケールの変更、コードモードやアルペジエイターの起動などボタン操作で様々なファンクションを切り替えることができます。

t_2400-1

Live Blockのボタンは8つあり、それぞれ「MODO切り替え」「ボリューム」「スケールセレクト(19種類)」「コード」「アルペジエイター」「サステイン」「オクターブシフト」「ブックマーク」そして値を決める+-のボタンです。リアルタイム演奏に特化したファンクションが集まっているのでLive Blockなんですね。

t_2400-2

Loop Blockは「モード切り替え」「ボリューム」「クリック(メトロノーム)」「クオンタイズ」「アンドゥ」「プレイ」「レコード」「デモ再生」をして+ーです。こっちはビート系といった感じですね。う〜ん、どっちも欲しい!

Namm2017_1Day_Rock-48

そして各BLOCKたちは磁石でくっつきワイヤレス接続。個々にバッテリーを持ち、給電出来るようになっていますが、なんと複数のBLOCKを接続している状態で給電すれば、全てのBLOCKに充電されるとのこと。先進的ですね。

街中でROLIBLOCKをプレイする人たちに出くわすことになるでしょう!期待!!

Writer. Shibuya
ROLI
https://roli.com/products/blocks

NAMM2017 クイズde Showレポート 1st day 2問目

quize_product1-2


Q. SeaboardでおなじみのRoli社が今回NAMMで展示されていた新製品名は?

1. ASICS
クーポンコード : NAMM20171827

2. BLOCKS
クーポンコード : NAMM20171782

3. CROCKS
クーポンコード : NAMM20177128

eStoreで注文する>
https://store.miroc.co.jp/product/41960


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年1月20日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company