閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

21
Jan.2017
REPORT

NAMM 2017 Day1 : Tracktion Software Corporation


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show Report
20170120_quiz_1090_100
新世代へ強く訴えかける超高効率Musician’s DAW『WaveForm』登場!

NAMM 2017 Rock oN Show Report

クリエイターのために1ウィンドウでシンプルに楽曲制作を完結させることができる前作『Tracktion4』から、最新JUCEをベースにした高効率プログラミングによりWin&Mac快適動作を実現した最新DAW『Waveform』。
本格的なミキシングウィンドウの初搭載や各種Toolの充実に加え、何より新時代のシングル・ボードの超小型コンピューターRaspberry PiとIntel Jouleでの動作を発表!

NAMM 2017 Rock oN Show Report

これにより驚くほどコンパクトかつ100ドル以下の低コストで、『本格的な』制作環境を構築することが史上初めて可能となったといえるでしょう。

NAMM 2017 Rock oN Show Report

手軽なiOS環境での音楽制作システムがコンシューマー市場で完結しプロ市場に参入できていない中、これから音楽制作を始める世代にとってはプロへの階段となるコストパフォーマンスに優れた本格DAWの誕生と言えます。

それでは早速最新WaveformをCEO Dave Christenson氏に紹介いただきましょう!

Raspberry Piは、世界で最も売れている小型コンピューターのプラットフォームの一つとして急速に広がっており、2016年9月の段階で、すでに1000万個のデバイスを販売。小型であること、少額ではじめられることが、テクノロジー・クリエイターのコミュニティーの増加を促しており、今回のWaveform誕生によりミュージックシーンにおける新たなエントリースタンダードシステムとなりえる存在です。

NAMM 2017 Rock oN Show Report

waveformの対応に合わせて、同社ハードウェア開発チームは、世界で始めてのPi専用設計のプロフェッショナル・クオリティーのオーディオI/Oを開発しました。PiとはI2Sによる接続を採用、この小型の接続フォーマットは、非常に重要な特長 – 超低レイテンシー(USBのバッファに相当する部分が無い)- を有しています。この新しいI/Oボードには、プロフェッショナル仕様のADV/DAC (AKM/ESS)を採用、入力ステージにはTHATの半導体を採用しています。

これらに任意のハードウェアInstrumentsを接続したソリューションはクリエイティビティに溢れています。ユーロラック、リズムマシン、エフェクターなど何をつなぐかはあなた次第。

そして会場では完全台数限定生産のハイエンドブティックオーディオインターフェース『COPPER REFERENCE STEREO I/O』を発表。

NAMM 2017 Rock oN Show Report

シアトルでのハンドメイド生産、ピュアなサウンドを追求するためのシリコンコンポーネントから、マーシャルデザインのチューブ駆動オーバードライブ回路を搭載し、キャラクター付けも可能。

NAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show Report

予価60万円を超える限定生産ブティックモデルとなりますので、お問い合わせはお早めに!

Writer. Takemoto

Tracktion Software Corporation
https://www.tracktion.com/


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年1月21日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company