閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

21
Jan.2017
REPORT

NAMM 2017 : Universal Audio


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show Report
20170120_quiz_1090_100

2017 NAMMの開催と同時に発表となった、Apollo Twinの新モデル「Apollo Twin MKII」シリーズが登場となりました。ThunderBolt接続で、DSPの数がSOLO、DUO、QUADの3ラインナップでの販売となります。
NAMM 2017 Rock oN Show Report

Apollo Twin MKIIはつい先日にWindowsユーザーでも使用可能になったThunderboltモデルで、Win、Macの両方のOSで使用することが可能です。さらにSOLOとDUOの2機種のみでしが、新たにQUADモデルもラインアップされ、より強力なDSP数による処理を可能にしています。詳しいスペックはNAMM直前情報にて確認できます。

最後はやっぱりここでしょう! Stream中継もやってますUniversalAudioブース! http://bit.ly/2in5g2T #namm2017 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


Stream中継もやってますUniversalAudioブース!


NAMM 2017 Rock oN Show Report

今回の製品のプレゼンとして、お馴染みのICHI氏による製品の紹介をしていただきました。早速セッティングされている構成ですが、Windows 10をベースとし、ラップトップPC(Windows 10)で、Startech USB を使用して、Apollo Twinと、Satelliteそして、ラックにはApollo 8 シリーズに繋がっております。

Namm2017_1Day_Rock-33

大きなポイントとして、冒頭にもあったThunderboltシリーズはWindowsのOSをサポートしており、Thunderbolt 3からThunderbolt 2変換アダプター使用で、Apollo Twin MKIIと接続が可能。その際に使用されたハブは「Startech」が採用されていました。

Apolloシリーズはカスタマーユーザーに対してシンプルにそしてハイエンドクオリティーを実現することをコンセプトとしています。そのためApollo Twin MKIIでは従来のモデルにあったMUTE機能をノブから、専用ボタンに切り替え、更にはApollo 8のコントロール用としてTalkbackスイッチを搭載し、利便性重視でデザインしているのがわかります。今後のVer Upなど機能追加にも期待ですね!

Writer. Yasuda

Univeral Audio
http://www.uaudio.jp/


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年1月21日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    AES2019 DAY3 : Flux::
    イマーシブ制作ツールとして評価の高いFlux Spat Revolutionを全面に展開!
    AES 2019 Day3 : telefunken
    おなじみのバンを挟んで2つの机で、マイクの視聴が出来るようになっているtelefunkenブース。AES NY 2019ではALCHEMY SERIESと呼ばれる新しいラインナップが登場!
    AES 2019 Day3 : EARTHWORKS
    展示の中心は、SR314と呼ばれるボーカルマイク。こちらのカラーバリエーションが展開され、ライブデモを行っていました。
    AES2019 DAY3 : Focusrite
    FocusriteはRednetControlアプリケーションのバージョンアップなどDante関連製品を精力的に展開!
    AES2019 DAY3 : YAMAHA
    YAMAHAのブースは数多くの製品が展示!デジタルコンソールNUAGEのほかSteinbergのUR-Cシリーズも!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company