閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2018

01
Feb.2018
REPORT

NAMM 2018 Day4 : SPITFIRE AUDIO

IMG_5092 2

IMG_5093 2

今回のNAMM 2018ではSPITFIRE AUDIO社のブースの出展は無かったですが、NAMM最終日前日に参加者への労をねぎらうパーティーを開催しました。

同社はイギリスのコンポーザー、プロデューサー、そしてエンジニアが「作曲者である自分たちが必要とするライブラリ」を制作するために設立されました。昨今劇伴作家への注目度が高まると共に国内ユーザー間での評価も更に上がり、Rock oNでもスマッシュヒットとなりました。

プロフェッショナルなクリエイターへは、よりスピーディーに仕事を終わらせるための新たな武器として、そうでない方にはオーケストレーションを学ぶ入り口となるソフトウェアとして多ジャンルのクリエイターにオススメ出来る新世代オーケストラ音源です。

IMG_5087

SPITFIRE AUDIO社のCo-Founderクリスチャン・ヘンソン氏とポール・トンプソン氏自身も作曲家かつオーケストラ音源のユーザーであり、当時使っていたサウンド・サンプルのクオリティに満足出来なかった部分を自分たちの手で改善しようという思いから会社はスタートしました。よりユーザーに近い立場で「作曲家として自分たちが必要としているサンプルを作りたい」という理念がヒットの秘訣かもしれませんね。SPITFIRE AUDIO社の音源は全て彼ら2人の厳しい最終チェックを経て発売されています。

IMG_5090

パーティーはアナハイムのNAMM会場から20分ほど車を走らせたFullertonにあるワインの美味しいお店The Twisted Vine。会場にはLoopmasters社やFocusrite社など同郷(イギリス)の仲間たちも集まり、NAMM 2018を振り返ったHOTな情報交換場としても活用されていたようです。会場ではクラシック音楽がカルテット編成で生演奏されており、ゆったりとした優雅な時間が流れていました。

IMG_5095

NAMM Rock oNライターとして会場を走り回った私にも束の間の休息。

今年も新作リリースを多数予定しているSPITFIRE AUDIOにご注目あれ!


SPITFIRE AUDIO創始者、Christian Henson氏のインタビューはこちら▶︎
http://www.miroc.co.jp/antenna/antenna-headline/spitfire-audio-christian-henson/

Writer.Matsuyama

#NAMM_SPITFIREAUDIO
でTweetされたこの記事の話題

NAMM2018 Rock oN
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年2月1日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company