閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

26
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 Day 2:Ehrlund / Roswell

Ehrlund NAMMショー 2019

to NAMM 2019 HOME

◎Ehrlund

三角形のダイアフラム(!)で注目を浴びたスウェーデンのマイクメーカーEhrlund。パッと見た目でまず読み方に悩んでしまいますが、日本語的には「アーランド」でいいのではないでしょうか、若干「ゥアーランド」な聞こえ方でしたが、、書けません。本稿はアーランドでいきます。

Ehrlund EHR-M NAMMショー 2019

一般的な丸型よりも三角形の方が振動を早く減衰させ、共振を抑えるという発想は周波数範囲 7~87,000 Hzという驚異のスペックを実現しています。こちらは国内でも紹介している「EHR-M」ですが、そのほかにもギターアンプ用のEHR-E(下写真手前)、ドラム用のEHR-M1(下写真中央)も併せて展示。同じくトライアングルのダイヤフラムが採用されています。

Ehrlund EHR-E / EHR-M1 NAMMショー 2019

また、昨年のNAMMで発表されたハンドヘルドの「EHR-H」がNAMM TEC AWARDSにノミネートされたとのこと、ブースの存在感も昨年より増しており、新興メーカーが革新的な発想の技術でメジャーメーカーへ続く階段を一歩登っているようです!

Ehrlund EHR-H NAMM TEC AWARDS NAMMショー 2019

Ehrlund:https://ehrlund.se/


◎ROSWELL

ROSWELLブース NAMMショー 2019

続いては、地元カリフォルニアのブティックメーカー「ROSWELL」へ。ROSWELLはMatt McGlynn氏が立ち上げたメーカーですが、このMatt氏が運営する「Recording Hacks.com」はマイク界のウィキペディア(!)とも呼ばれているそうです。実際にのぞいてみると各社膨大な量のマイクがそれぞれ個別に紹介され周波数特性などデータも豊富。そのMatt氏がリリースした新製品が67をイメージして開発したというDelphosの新バージョンが「Delphos 2」。

ROSWELL Delphos 2 NAMMショー 2019

今回のバージョンアップではポーラパターンを増やしており、リリース価格は現地$1099とのこと。ほかにも「47typeカプセル」のmini K47(現地$299)、オレンジの筐体となるTelefunken ELA M251インスパイアドのColares(現地$1259)などを展示。実は現地のファンが熱心に試聴されており、なかなか正面の3ショットが撮れずでした、、申し訳ありません!詳細はオタリテック様HPをご覧ください!

ROSWELL Delphos 2 / mini K47 / Colares NAMMショー 2019

ROSWELL:https://roswellproaudio.com/
Writer : Miyagawa

to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年1月26日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company