閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

27
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 Day 3:DPA

DPA The d:fine 6066 CORE NAMMショー 2019

to NAMM 2019 HOME

DPAのd:screet™ シリーズと d:fine™シリーズから僅か3mmの極小カプセルを用いたマイクが登場。
NAMM2019会場でThe d:fine™ 6066 COREヘッドセットマイクの姿をキャッチしました!

DPA  The d:fine 6066 CORE NAMMショー 2019

同社の4066シリーズ(5mm)はそのサウンドの明瞭さと低ノイズ、低歪でプロフェッショナルな現場で知らんされるプロダクトですが、COREシリーズはその4066シリーズの性能を、それよりも更にも2mm小さいサイズで実現。6066のノイズフロアは4066と同等の僅か26dBというから驚きです!!

DPA  The d:fine 6066 CORE NAMMショー 2019

さらに6066シリーズはその軽量さにつけ心地だけでなく、ワンサイズで全てをまかなえるフレームのアジャスタブル機構や、ブームを伸縮させることができるだけでなく、耳の下の固定点で上下に動かして位置を調整できます。さらに回転防止ロック付き。ヘッドセットマイクで位置がずれるとマイクが、肌に触れてしまい大音量のノイズ発生の元になるので、このあたりの設計はクリティカルなレコーディング現場では頼もしいですね。

カラーは2色展開で価格は859.95ドル。

DPA  The d:fine 6066 CORE 展示 NAMMショー 2019

DPAブース NAMMショー 2019

DPA:https://www.dpamicrophones.com/
Writer : Shibuya

to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年1月27日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company