閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
namm2019

25
Jan.2019
REPORT

NAMM 2019 DAY1:Spectrasonics

Roland JUNO-106
Roland D-50
ALESIS ANDOROMEDA A6
Omnisphere 2.6

to NAMM 2019 HOME

何やら大量のシンセサイザーが並べられ、異様に人気があるスペース。SPECTRASONICSのブースではOmnisphere 2.6が発表されていました。今回のアップデートの大きなトピックは二つです。その一つがハードウェアインテグレーションの大幅な対応機種の増加。今回のアップデートによって総勢60種類ものハードウェアシンセサイザイザーが対応になりました。だから会場にRoland JUNO-106やD-50(しかもプログラマのPG-1000も)、そして懐かしのアナログポリフォニックシンセの名機ALESIS ANDOROMEDA A6などが展示されていたんですね。非常に要望が多かったというBehringer Deepmindも今回晴れて対応になりました。

使い慣れたシンセのパラメータをいじってそのままあの膨大すぎるほどの可能性をもつOmnisphere 2をコントロールできるのですから、作業に迷いもなくなりますし、どんどんクリエイティブティが湧いてくると思います。

Omnisphere 2の画面

そして二つ目がアルペジエイターのメジャーアップデートです。まずアルペジオのエディット性能が格段に上がっています。
まずはSpectrasonicsのJames Bernard氏による動画をご覧ください!

ステップモディファイでステップごとのスケールやレングスを設定し、さらにステップディバイダーでアルペジオの1ステップを3分割にしてそこだけトリプレッタにしたりとパターンに簡単にひねりを加えることができます。

アルペジエイター画面

そしてさらにそれを、まるでシーケンスパターンのようにデュプリケイトできるので、もはやこのアルペジエイターをメインにメロディやフレーズを組み立てていくことができます。そしてそのパターンをシャフルしたりローテーションさせたりリバースさせたりもできてしまうんです。再生モードも複数あり、例えば複雑なアルペジオをワンショットモードにすればクリエイティブなLFOみたいにしてピッチなどに掛けて楽しむこともできます。

新機能「キャプチャー」

そしてここからがこのOmnisphere2.6の本領が発揮されるところです。アルペジエイターを使って作ったフレーズは複雑にすればするほど、タイミングなどによって再現性が下がっていくものです。そこで搭載された新機能が「キャプチャー」と呼ばれる機能です。例えばキャプチャーで8barを選択してキーボードを弾くと、キーボードの入力ノートによって生み出された8bar分の複雑なMIDI情報が全てMIDIクリップとしてキャプチャーされます。そしてそのファイルをそのままドラッグアンドドロップでDAWに貼り付けることが可能なのです。そのMIDIデータでOmnisphereを動かしても良いし、ハードウェアシンセに流し込んでも良いし、MIDI>CVコンバーターがあればユーロラックを演奏することもできます。

そして音色の今回プリセットも増えました。しかもハードウェアシンセライブラリなるマニアックなコレクションになっています。お馴染みエリック・パーシングが80年代を代用するデジタルシンセRoland D-50を使って作ったライブラリを現代版にブラッシュアップしたものである意味オールドスクールなサウンドを現代のOmnisphereのシンセサイズ能力で加工することで新たな魅力が発見されそうですね。

プリセットも増えました

相変わらず大人気のSpectrasonicsブースでした。

大人気のSpectrasonicsブース
大人気のSpectrasonicsブース

Spectrasonics:https://www.spectrasonics.net/news/news-content.php?id=113
Writer:Shibuya

to NAMM 2019 HOME

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年1月25日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company