閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

22
Feb.2017
REPORT

Prolight + Sound 広州 Day1 : Antelope Audio

DSC06557

中国初上陸のAntelope Audio はProlight Sound 広州でデビュー。つい先日発表されたばかりのZen Studio + を堂々展示していました!展示会での出展も初ということで、中国進出の意気込みの高さが伺えます。

Zen Studio +

DSC06549

Zen Studio +はその名前だけだと Zen Studioの後継者と思いがち。しかしそうではありませんでした!

Zen Studio +は言うなれば上位機種Orion Studioのモバイル版に位置します。その理由として、
・Orion Studio同等のAD/DA
・Orion Studio同等のFPGAチップにより、30以上種類の専用エフェクトが使える
・Thunderbolt & USB両対応
・マイクプリは同じく12機搭載(こんなコンパクトサイズで!)
・20 Analog Inputs, ADAT, S/PDIF, 2 HP Outs

以上が挙げられます。
逆にOrion Studioとの違いは、

・サミングとモニター切り替えが不可。
・モニター出力は1系統のみ
・8 Analog Outs(Orion Studioは 16out)
・Synergy Bundle(Overloud製プラグイン30種類+Presonus Studio One)が付属しない

以上となっています。

DSC06550

まさしくOrion Studioの弟機と言えるのではないでしょうか。では改めて、Antelope AudioのAleksandar氏にコントロールパネルでの動作も含めたZen Studio +の特徴を説明してもらいましょう。

Zen Studio +は3月20日以降発売。¥310,000(税込)を予定しています。ちなみに先に発売されているZen Studio ¥250,000(税込)は、ユーザーの反響を見ながら生産を続けるか、完了するかを検討するということです。

Orion32 HD

DSC06553

続いて、こちらも期待の星。Orion32 HD!

Orion32 HDは、Orion Studio譲りの第4世代AFC、FPGAによるプラグイン処理を搭載した、64 入出力のPro Tools HDX I/Oです。

3rdパーティー製I/Oに対応することで門戸が開かれたPro Tools HDのオーディオI/O選びに新たな可能性を与えるOrion32 HDは、2基のHDX PortのほかにもUSB3.0、MADI端子を備えるなど業務での汎用性や拡張性もキープ。マスタークロックで使い慣れたAntelope Audioということもあり、NAMM 2017での発表と同時に多くのプロエンジニアが注目を始めています。

Orion32 HDは2017年2月下旬、つまり近日発売となります。Rock oNではすでに予約も開始されており、税込¥450,000となっています。


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

    DSC06666
    DSC06660

    Orion32 HDの存在が、中国プロオーディオ業界でのAntelope Audio隆盛の第一歩となりそうです。ブースにあhひっきりなしに中国のディストリビューターらしき関係者が出入りし、CEOのIgor氏と会談していました。これからが楽しみですね。

    Writer. Tomita

    Antelope Audio
    http://en.antelopeaudio.com/products/zen-studio-plus/

    DSC06662
    DSC06667
    この記事、あなたの評価は?

      記事内に掲載されている価格は 2017年2月22日 時点での価格となります。

      最新記事ピックアップ

      iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
      新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
      AES 2019 Day3 : Softube
      スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
      AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
      メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
      AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
      AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
      AES 2019 Day4 : ZOOM
      痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
      AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
      AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
      AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
      ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
      AES 2019 Day3 : Terry Audio
      Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
      AES 2019 Day3 : Sound Particles
      まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
      AES2019 DAY2 : セミナーレポート
      AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
      AES2019 DAY3 : Metric Halo
      Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
      AES 2019 Day3 : CRANBORNE
      これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
      Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company