閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

24
Feb.2017
REPORT

Prolight + Sound 広州 : Pro Audio 3

せっかく広州にまでやってきたのですから、日本ではあまりお目にかかれない製品を見ていきましょう。ショートレポートで会場の雰囲気が少しでも伝わればと思います。

DMIX

DSC06528

Dante製品レポートで中国のDante事情を教えてくれたDMIXのブース。布製のスピーカーカバーがなんとも中国らしいです。
DSC06529

Yoga Electronics

DSC06571

台湾のYoga Electronicsは、ヘッドホンとマイクが主なラインナップのメーカーです。

DSC06569

新製品のMicrophone Junction box。アナログ 1in(ステレオ)/10ヘッドホンアウトのヘッドホンアンプです。

Yoga Electronics
http://www.yoga.com.tw/

Cadac Electronics

DSC06530

1960年代からミキサーコンソールを手がけるUKのCadac。日本では一般的ではないかもしれませんが、

・Clash – London Calling
・Sex Pistols – Never Mind the Bollocks, Here’s the Sex Pistols
・AC/DC – Highway to Hell
・Queen – A Night at the Opera

などをレコーディングした栄光に輝くコンソールです。

DSC06533

CDC eight-32は、128input 32フェーダーを備えるCadacのフラッグシップライブコンソール。数々の名盤をレコーディングしたクラシカルマイクプリを装備し、これまで大型ホールでオペラ座の怪人やライオンキングなどの舞台音響を制御してきたCadacのノウハウが詰め込まれています。24inchタッチパネルによる自由なレイアウトと操作性の良さ。

DSC06534
DSC06535
DSC06531
DSC06532

このほか小型のデジタルミキサーやアナログコンソールもラインナップ。Cadacは2009年から中国の企業が知的財産権を所有しているため、中国で知名度が高く、広い導入数を誇っています。
Cadac Electronics
http://www.cadac-sound.com/i/digital/cdc-eight-32/13/

そのほか

DSC06782

日本でもネットストアなどで最近見かけるようになった、光るスピーカーユニット。中国が発祥なのでしょうか。様々な大きさの製品がありました。主にKTV(カラオケ)やパーティーシーンで使われるそうです。きらびやかなことは良いことだ。特に歓迎やおもてなしの場は明るく、という風潮があります。

DSC06777

ウォータープルーフのスピーカーもたくさん展示されています。上から常に水が流れ続けていますが、サウンドは上々。

DSC06616

なぜこれだけの規模のプロオーディオショーがここで開催されるのか?広州は経済水準が高く貿易が盛んというだけでなく、オーディオメーカーが多いというのも理由の一つです。

たとえばこれ、スピーカーユニットのコーン紙だけを製造するメーカー。

DSC06614

と思えばそれをホールドするフレーム専門メーカー。

DSC06612

そしてツイーターやウーファーキャップだけを作るメーカー。

DSC06767

まだまだ。これはマニアックな、クロスワイヤーの専門製造するメーカー。ビンテージ感たっぷりの綿製や耐火性のあるガラス繊維まで。

DSC06924

最後はキャビネットメーカー。

そして、こういった専門メーカーからパーツを買い、スピーカーユニットを自らの規格で組み上げるオーディオメーカーがいるわけです。パーツメーカーがある程度作ったパーツを組み合わせるから、研究費が安く抑えられる。低コストで製品ができるのはこういう理由があります。

DSC06754

ただし、この方法だけだとイノベーションを起こすのは困難でしょう。会場を歩いていると、似たコンセプトやデザインの製品が多く見られます。それぞれの抜きん出たところが非常につかみにくい。しかしメーカーとしてはブースに人を呼んで自社製品を知ってもらう必要があるため、必要以上に音を大きくしたり、ライブなどショーケースで人目を引こうとするシーンがあります。しかしその中でも、自社開発のイノベーションを起こそうと挑戦するメーカーも見られます。そういうメーカーが2016と比較して増えてきているので、来年またここにやってくることが楽しみでなりません。

フランスのFocalのように企画から設計、開発、製造までを膨大なコストがかかることも辞さずに追求し続けるような、そういうメーカーが中国で生まれることを願います。そのためには需要を生む必要があります。まだまだ課題は多いですが、それは確実にクリアされ、未来に向けて変化していると感じました。

Writer. Tomita

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年2月24日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company