閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

24
Feb.2017
REPORT

Prolight + Sound 広州 : Pro Audio 3

せっかく広州にまでやってきたのですから、日本ではあまりお目にかかれない製品を見ていきましょう。ショートレポートで会場の雰囲気が少しでも伝わればと思います。

DMIX

DSC06528

Dante製品レポートで中国のDante事情を教えてくれたDMIXのブース。布製のスピーカーカバーがなんとも中国らしいです。
DSC06529

Yoga Electronics

DSC06571

台湾のYoga Electronicsは、ヘッドホンとマイクが主なラインナップのメーカーです。

DSC06569

新製品のMicrophone Junction box。アナログ 1in(ステレオ)/10ヘッドホンアウトのヘッドホンアンプです。

Yoga Electronics
http://www.yoga.com.tw/

Cadac Electronics

DSC06530

1960年代からミキサーコンソールを手がけるUKのCadac。日本では一般的ではないかもしれませんが、

・Clash – London Calling
・Sex Pistols – Never Mind the Bollocks, Here’s the Sex Pistols
・AC/DC – Highway to Hell
・Queen – A Night at the Opera

などをレコーディングした栄光に輝くコンソールです。

DSC06533

CDC eight-32は、128input 32フェーダーを備えるCadacのフラッグシップライブコンソール。数々の名盤をレコーディングしたクラシカルマイクプリを装備し、これまで大型ホールでオペラ座の怪人やライオンキングなどの舞台音響を制御してきたCadacのノウハウが詰め込まれています。24inchタッチパネルによる自由なレイアウトと操作性の良さ。

DSC06534
DSC06535
DSC06531
DSC06532

このほか小型のデジタルミキサーやアナログコンソールもラインナップ。Cadacは2009年から中国の企業が知的財産権を所有しているため、中国で知名度が高く、広い導入数を誇っています。
Cadac Electronics
http://www.cadac-sound.com/i/digital/cdc-eight-32/13/

そのほか

DSC06782

日本でもネットストアなどで最近見かけるようになった、光るスピーカーユニット。中国が発祥なのでしょうか。様々な大きさの製品がありました。主にKTV(カラオケ)やパーティーシーンで使われるそうです。きらびやかなことは良いことだ。特に歓迎やおもてなしの場は明るく、という風潮があります。

DSC06777

ウォータープルーフのスピーカーもたくさん展示されています。上から常に水が流れ続けていますが、サウンドは上々。

DSC06616

なぜこれだけの規模のプロオーディオショーがここで開催されるのか?広州は経済水準が高く貿易が盛んというだけでなく、オーディオメーカーが多いというのも理由の一つです。

たとえばこれ、スピーカーユニットのコーン紙だけを製造するメーカー。

DSC06614

と思えばそれをホールドするフレーム専門メーカー。

DSC06612

そしてツイーターやウーファーキャップだけを作るメーカー。

DSC06767

まだまだ。これはマニアックな、クロスワイヤーの専門製造するメーカー。ビンテージ感たっぷりの綿製や耐火性のあるガラス繊維まで。

DSC06924

最後はキャビネットメーカー。

そして、こういった専門メーカーからパーツを買い、スピーカーユニットを自らの規格で組み上げるオーディオメーカーがいるわけです。パーツメーカーがある程度作ったパーツを組み合わせるから、研究費が安く抑えられる。低コストで製品ができるのはこういう理由があります。

DSC06754

ただし、この方法だけだとイノベーションを起こすのは困難でしょう。会場を歩いていると、似たコンセプトやデザインの製品が多く見られます。それぞれの抜きん出たところが非常につかみにくい。しかしメーカーとしてはブースに人を呼んで自社製品を知ってもらう必要があるため、必要以上に音を大きくしたり、ライブなどショーケースで人目を引こうとするシーンがあります。しかしその中でも、自社開発のイノベーションを起こそうと挑戦するメーカーも見られます。そういうメーカーが2016と比較して増えてきているので、来年またここにやってくることが楽しみでなりません。

フランスのFocalのように企画から設計、開発、製造までを膨大なコストがかかることも辞さずに追求し続けるような、そういうメーカーが中国で生まれることを願います。そのためには需要を生む必要があります。まだまだ課題は多いですが、それは確実にクリアされ、未来に向けて変化していると感じました。

Writer. Tomita

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年2月24日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company