閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

04
Apr.2017
REPORT

Prolight + Sound 2017 : Ferrofish


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

Prolight + Sound 2017 Ferrofish

つい先日、日本国内でもA32 Danteが発売されたFerrofish。Prolight + Sound 2017では4つの新製品が登場です。

Pulse16 – 16 x 16 AD/DA <> ADAT converter

Prolight + Sound 2017 Ferrofish

Pulse 16は、バランスアナログを16入出力(最大+20dBu)、96kHz S/MUX互換のADATを16入出力持つ コンバーターです。

サウンドの核となるのはCirrus Logic社のコンバーターチップと独自のactive digital jitter reduction circuit。プロ用途の解像度の高いサウンドを提供します。

Prolight + Sound 2017 Ferrofish

フロントパネルには視認性の高い2つのTFTディスプレイとヘッドホンアウトを装備。リアパネルにあるリモコン用のMIDI I/O端子があるなど、高い運用性が期待できそうです。

Verto32, Verto64, VertoMX – Dante Converters

Prolight + Sound 2017 Ferrofish

VertoシリーズはDanteネットワークにADATとMADIを簡単に統合できるコンバーターです。

Vertoシリーズは外部同期用のWordClock I/Oを搭載。MIDI over MADIでそれぞれをコントロールすることも可能です。またVertoシリーズはDanteによるリモートコントロールも可能。全てのデバイスがMIDIで繋がっている時、Vertoシリーズは全てのDanteオーディオをADATもしくはMADIに変換し、Danteを介してMIDIメッセージを送受信します。

Prolight + Sound 2017 Ferrofish

Vertoシリーズはさきほどご紹介したPulse 16を始め様々な製品と共に使うことで、ADATとMADIの橋渡しを行います。

A32 、 A32 Dante

Prolight + Sound 2017 Ferrofish

A32(32チャンネル アナログ <> MADI / ADATコンバーター)とA32 Dante(AD/DA Dante & MADI & ADATコンバーター)です。A32 Danteは日本でもつい先日発売されたばかり。

A32は、32チャンネルずつのアナログ入出AD/DAコンバーターで、加えてMADI入出力と4系統のADAT入出力を搭載。アナログとMADIのコンバーターとして機能します。

A32 DanteはA32に加えてDanteを搭載。アナログ<>MADI<>Danteの橋渡しとして多方面で使用されていくでしょう。

B4000+

Prolight + Sound 2017 Ferrofish
Prolight + Sound 2017 Ferrofish

実はFerrofishは音源もリリースしているんです!B4000+ は9本のドローバーを搭載したオルガンモジュール。2つのMIDI入力とUSBに接続により演奏されます。プロセッサーはARM Cortex M3 とSharc DSPが使用されており、レスポンスの良いイカしたサウンドが自慢、とのこと。

Ferrofish
http://www.synthax.co.uk/latest/2017/03/23/ferrofish-pulse-16-verto-series/

Writer.Tomtia

Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月4日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    AES2019 DAY3 : Flux::
    イマーシブ制作ツールとして評価の高いFlux Spat Revolutionを全面に展開!
    AES 2019 Day3 : telefunken
    おなじみのバンを挟んで2つの机で、マイクの視聴が出来るようになっているtelefunkenブース。AES NY 2019ではALCHEMY SERIESと呼ばれる新しいラインナップが登場!
    AES 2019 Day3 : EARTHWORKS
    展示の中心は、SR314と呼ばれるボーカルマイク。こちらのカラーバリエーションが展開され、ライブデモを行っていました。
    AES2019 DAY3 : Focusrite
    FocusriteはRednetControlアプリケーションのバージョンアップなどDante関連製品を精力的に展開!
    AES2019 DAY3 : YAMAHA
    YAMAHAのブースは数多くの製品が展示!デジタルコンソールNUAGEのほかSteinbergのUR-Cシリーズも!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company