閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

24
Feb.2017
REPORT

Prolight + Sound 広州 Day3 : Pro Audio 2

Universal Audio ,ableton ,Native Instruments ,KRK

クリエイターから絶大な支持を集める3社を中国でディストリビュートする企業のブース。

Universal Audio
DSC06565

Apollo TWINのマイクプリモデリング技術Unisonに興味津々な男性。展示にマイクが用意されていなかったのですが、どうしても試したいとスタッフにお願いして、この後試聴ができるようになりました。やはり他には無いテクノロジーということで注目しているということ。

ableton ,Native Instruments
DSC06567
abletonはPUSH、Native InstrumentsはKOMPLETE KONTROL S88と、両者ともに自慢のコントローラーを使った展示。Native Instrumentsは「MASCHINE Studioを試したい」とリクエストがあり、UA社の時と同じように、急遽セッティングされるシーンがありました。こちらの方は積極的ですね。

KRK
DSC06568
KRKは、VXT4の後継機『V series 4』と、カジュアルラインのRokitシリーズを展示。

Slate Media Technology ,API ,Pionner , Presonus

続いて、他と違ってレコーディングスタジオを想定した展示が特徴的な代理店のブース。

DSC06575
Slate Media Technology

DSC06577

タッチパネルによるDAWコントロールインターフェース RAVEN MTi2。マルチタッチのレスポンスの高さは来客者を驚かしていました。Day 1レポートにも書きましたが、広州の街中にあるタッチパネルなどの接触インターフェースはレスポンスがそれほど早くなく、タッチして一息ついてから動作する独特の「間」があるため、それに慣れた人からするとRAVEN MTi2などのプロオーディオ機器のレスポンスの良さは快適なようです。ブースのスタッフもそこを強調していました。

API
DSC06579

APIのフルアナログコンソール THE BOX。1ルームでのミックス/ダビングに最適なコンパクトサイズと、2スロット分設けられたAPI500モジュールのスペース。コンセプトがはっきりと分かる製品ですね。ただ今回のProlight Sound GuangzhouではAPI500モジュールを展示しているブースを見つけることはできませんでした。多くのプロオーディオブランドやOEMの工場が存在する中国でもしAPI500のブームが起こったら…。おもしろい製品が出てきそうな予感がします。

DSC06574

API初のペダルエフェクター 『ToranZformer GT (ギター向け)』と『ToranZformer LX (ベース/キーボード向け)』。

Pioneer ,Presonus

先ほどと同じ代理店の別ブース。DJ/ライブハウスがイメージされています。

Pioneer
DSC06583

ドンと構えられたDJブースには、Pioneerのフラッグシップ CDJ-NXS2のセットを展示。今回いくつかのDJセットの展示を見つけましたが、広州ではまだPCDJは一般的ではないようで、CDJがメインの展示のみでした。

Presonus
DSC06584

DJブースでその脇を支える機材としてPresonus のデジタルミキサーが紹介されています。

Waves
DSC06655

続いてはWavesのブースです。
ソフトウェアブランドの単独ブースというのはここでは珍しく、デモンストレーターによる実演が気軽に体験できるということで、人だかりが絶えません。

DSC06656

Waves NxとHead TrackerによるサラウンドのVR体験は特に人気でした。日本のInter BEEではVR製品が活気付き始めていましたが、Prolight Sound Guangzhouではまだまだ。しかし強い刺激を欲している人が多い中国ならば、ゲームやアミューズメントからVRが爆発的に広がるでしょう。あとは時間の問題でしょうね。

Allen & Heath
DSC06521

Allen & Heathの代理店より。

DSC06522
ライブコンソール dLiveが圧巻の展示。同じタッチパネルを搭載していてもライバルがアナログライクな操作性を追求する中、dLiveはピンチやスワイプ、ドラッグ&ドロップなどタッチパネルならではの操作性で魅せます。レイアウトをフルカスタムできるなど、ライブPAのために生まれたコンソール。

SAMSON
DSC06519

多様なラインナップで大きな力を持つSAMSONのブースは、ライブができるステージが用意されています。

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年2月24日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company