閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

04
Apr.2017
REPORT

Prolight + Sound 2017 : Solid State Logic


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

Prolight + Sound 2017 Solid State Logic

SSLはProlight + Sound 2017で新製品を投入!2013年から始まったSSLのライブコンソール戦略はフラッグシップのL500に始まり、弟機のL300が登場し、この度手頃なプライスのミドルスケールコンソール L200が登場しました。

Prolight + Sound 2017 Solid State Logic

L200のサウンドクオリティはL500譲り。スタジオクオリティのマイクプリと最大96kHzのデジタルフォーマットによるサミングはSSLの名にふさわしいサウンドを誇ります。

Prolight + Sound 2017 Solid State Logic

144のプロセッシングパスに、最大96入力、最大48AUXセンド、24ステム、6マスターを構築可能。加えて4×32入力,24出力のマトリクスを持ちます。柔軟なアーキテクチャにより各コントローラーはユーザーの思いのままにカスタムが可能でマルチタッチスクリーンによるコントロールパネルを使ってスムースなワークフローを実現。

Prolight + Sound 2017 Solid State Logic

ハードウェア部分は、人間工学に基づきSSLが独自のワークフローレイアウトしています。例えば座った時に手が自然に伸びる位置に重要なコントローラーを配置するなど、長年コンソールメーカーとして第一線を走ってきたノウハウが生きています。

Prolight + Sound 2017 Solid State Logic

また本機から拡張ディスプレイモニターのアームを取り付けることが可能に。最大で本体両側に1台ずつアームを取り付けることができます。L200のConsole Overview画面、Automation画面はもちろん、別のシステムの映像を映すことも可能。

L200はL500やL300で書かれたShow Fileが利用でき、48のオンンボードエフェクト処理もL500と同等などL500/L300ユーザーにとっても扱いやすい仕様となっています。

Prolight + Sound 2017 Solid State Logic

こちらはおなじみプロ用DAWコントローラーのNucleus²。マルチDAWの切り替えやスーパーアナログマイクプリなど、先代機の基本性能はそのままに、Dante I/Oを搭載。ネットワークオーディオの可能性を利用して高い拡張性と運用性を獲得しています。

Prolight + Sound 2017 Solid State Logic

NucleusはHUIに加え、Sigmaのチャンネルフェーダーを直接コントロールすることができます。この2つのコンビネーションはDAWと完全に統合したアナログコンソールを構築します。

Writer. Tomita

Solid State Logic
http://www2.solidstatelogic.com/live/l200

Prolight + Sound 2017 Solid State Logic


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月4日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
    SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
    SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
    ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
    SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
    SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
    SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
    ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
    SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
    SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
    SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
    IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
    SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
    Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
    SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
    ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
    SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
    今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
    SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
    Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
    SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
    世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company