閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

04
Apr.2017
REPORT

Prolight + Sound 2017 : Solid State Logic


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

Prolight + Sound 2017 Solid State Logic

SSLはProlight + Sound 2017で新製品を投入!2013年から始まったSSLのライブコンソール戦略はフラッグシップのL500に始まり、弟機のL300が登場し、この度手頃なプライスのミドルスケールコンソール L200が登場しました。

Prolight + Sound 2017 Solid State Logic

L200のサウンドクオリティはL500譲り。スタジオクオリティのマイクプリと最大96kHzのデジタルフォーマットによるサミングはSSLの名にふさわしいサウンドを誇ります。

Prolight + Sound 2017 Solid State Logic

144のプロセッシングパスに、最大96入力、最大48AUXセンド、24ステム、6マスターを構築可能。加えて4×32入力,24出力のマトリクスを持ちます。柔軟なアーキテクチャにより各コントローラーはユーザーの思いのままにカスタムが可能でマルチタッチスクリーンによるコントロールパネルを使ってスムースなワークフローを実現。

Prolight + Sound 2017 Solid State Logic

ハードウェア部分は、人間工学に基づきSSLが独自のワークフローレイアウトしています。例えば座った時に手が自然に伸びる位置に重要なコントローラーを配置するなど、長年コンソールメーカーとして第一線を走ってきたノウハウが生きています。

Prolight + Sound 2017 Solid State Logic

また本機から拡張ディスプレイモニターのアームを取り付けることが可能に。最大で本体両側に1台ずつアームを取り付けることができます。L200のConsole Overview画面、Automation画面はもちろん、別のシステムの映像を映すことも可能。

L200はL500やL300で書かれたShow Fileが利用でき、48のオンンボードエフェクト処理もL500と同等などL500/L300ユーザーにとっても扱いやすい仕様となっています。

Prolight + Sound 2017 Solid State Logic

こちらはおなじみプロ用DAWコントローラーのNucleus²。マルチDAWの切り替えやスーパーアナログマイクプリなど、先代機の基本性能はそのままに、Dante I/Oを搭載。ネットワークオーディオの可能性を利用して高い拡張性と運用性を獲得しています。

Prolight + Sound 2017 Solid State Logic

NucleusはHUIに加え、Sigmaのチャンネルフェーダーを直接コントロールすることができます。この2つのコンビネーションはDAWと完全に統合したアナログコンソールを構築します。

Writer. Tomita

Solid State Logic
http://www2.solidstatelogic.com/live/l200

Prolight + Sound 2017 Solid State Logic


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月4日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company