閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH19

12
May.2019
REPORT

SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia

20190511SB19_3DAY_8_

すでに発表と同時に予約も開始され大人気のIK Multimedia UNO DRUM。開発者のEnrico Dell’Aversana氏による実機デモンストレーション動画を撮らせてもらいました。マルチタッチ対応を生かして指を滑らすようにインストルメントを選択したり、少ないつまみながら非常にリアルタイムの操作性に秀でたマシンですね。またROLLをアルペジエイターのように使ったり、メインシーケンスのスウィング設定に追従したSTUTTERエフェクトなどとてもよく考えられていました。

20190511SB19_3DAY_7_

このUNO DRUM、今回もSound Machinesとの共同開発になっています。偶然Davide Mancini氏がブースに現れたのでサウンドエンジン開発について少し聞いてみました。やはり何と言っても一番の特徴はKICK1のサウンドエンジンにはオシレーターが二つ使われていてそれぞれにENGで変調をかけてアナログキック特有のピッチ可変によるアタック(ドゥ〜んという音のドゥの部分です。)を作っていたり、本当にリアルアナログな構成になっています。

またスネアやハイハットもノイズジェネレーターをと元にサウンドを作りますが、ジェネレーターにトリガーを入れた時の倍音の出方に特徴があるらしく、どういう出方がよく聞こえるかというポイントを探る作業はある意味で物理モデリングにも近かったとのこと。またこのUNO DRUMのアナログサウンドの設計は何か特定のモデルを参照にしておらず、オリジナルなサウンドになっています。そこが非常に誇らしいと語ってくれました。

機能詳細はこちらをご覧ください。
20190508_IK_1390_856

20190511SB19_3DAY_9_

20190511SB19_3DAY_6_

Writer:ACID渋谷

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年5月12日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    IBC 2019 : Cobalt / ALC NetworX / Decim…
    IBC 2019 : Cobalt / ALC NetworX / Decimator Design
    今がオススメ!IK Multimedia iLoud Micro Monitor…
    今回は世界最小クラスのニアフィールドモニターの3つのポイントをご紹介!
    IBC 2019 : ihse / Panasonic / リーダー電子
    ihse / Panasonic / リーダー電子では最新のソリューションや新製品が展示されていました。
    IBC 2019 : Dolby / ADDER / Canare
    まだまだ続くIBCレポート。続いては3つのブースからお届け!
    IBC 2019 : theatrixx technologies
    theatrixx thechnologiesは、なんと電源部を内蔵したビデオコンバーターがラインナップ。
    IBC 2019 : Lectrosonic
    マイクメーカーLectrosonicsはワイヤレス製品を中心に展示していました。
    IBC 2019:Switchcraft
    パッチ盤で有名なSwitchcraftからはPAで役立ちそうな2つの新機種、そして12G対応のパッチパネルが登場!
    IBC 2019:Carlec
    放送用コンソールで高い評価のメーカーCarlecは、IP対応製品を中心に展示!
    IBC 2019:Yellowtec
    マイクマウントシステムm!kaが有名なYellowtecは、個人制作ユーザー向けの新製品を展示!
    IBC 2019 : Fraunhofer
    圧縮コーデックMPEGの生みの親でもあるドイツの産学連携機関Fraunhofer。
    IBC 2019:Voice Technologies
    ミニチュアマイクメーカーVoice Technologiesは極小イヤーモニターを展示!
    IBC 2019 : AJA Video Systems
    AJAからは数多くの新製品とアップデートが発表されました。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company