閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

01
Apr.2019
REPORT

Synthplex2019 Day3:Arturia

20190401_synthplex2019_arutiria_1390_856

日本でもお馴染みのシンセメーカー、ここ数年はハードシンセのバリエーションを増やしているArturia。過去にリリースしていたMicro系はアナログシンセでしたがこれはデジタルオシレーターを搭載したシンセです。ただフィルターだけはアナログなのはさすがArturiaです。ローパスをのフリーケンシーを絞り込んでいった時に押し出しが強まる感じはアナログフィルターならではですね。こちらは既にリリース済みでアメリカでは299ドルです。

06_Arturia-MicroFreak

鍵盤の感触は好みが分かれる所だと思いますが、鍵盤を弾くというよりも”叩く”感触が必要なキーボードですね。アフタータッチがポリで効かせる事もできるので、演奏する楽しさもありますね。モジュラーシンセ好きの僕的にはMicroFreakのオシレーターはあのMutable社のモジュール”Plaits”のアルゴリズムが使われているという所がポイント高いです。でも鍵盤やパネルのレイアウトが変わるとそこから導き出されるサウンドが全く違ったものになるもんですね、意外と。

Arturia
https://www.arturia.com/products/hardware-synths/microfreak/overview


Rock oN Companyより
MicroFreakの国内発売が楽しみですね!税抜き4万円ぐらいが予想されます。

ちなみに上記瀬川さんのレポートに登場するMutable Instruments Plaitsは16種類のアルゴリズムを使用できるデジタルオシレーターです。16音色ではなく16種類のアルゴリズム搭載なので、全く趣の違う幅広いサウンドを作り出す事ができます。

Mutable Instruments
Plaits
¥32,120
本体価格:¥29,200
482ポイント還元

Mutableのデジタルオシレーターと言えば大ヒットしたBraidsがありましたが、こちらはその後継にあたる位置付けです。例えばこれまた同社のRingsやElementsのようなストリングモデリングやモーダルレゾネーターなどの物理モデリングのアルゴリズムや、ユニークなスピーチシンセシス、そして果てはアナログのキック/スネア/ハイハットのモデリングまで多岐にわたるサウンドを生成します。ぜひこちらも合わせてチェックしてみてください!

Mutable Instruments
Elements
¥71,940
本体価格:¥65,400
2158ポイント還元
Mutable Instruments
Rings
¥43,120
本体価格:¥39,200
647ポイント還元
<
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月1日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company