閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

20
Apr.2016
REPORT

TAMURA : NAB2016


20160418_roc3_nabshow_top2

nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

NAB2016 RockoN TAMURA


ブース中央にはNHKと共同開発したNT900が22.2マルチチャンネル音響(以下22.2)環境と共に展示。

こちらのNT900は従来のNT880に比べてコンソールの高さが低く作られているのが特徴です。というのも22.2環境はTop Layer・Mid Layer・Bottom Layer+LFEという構造から成立しています。注目して欲しいのは、他のDolby Atmos等の3D 立体音響とは構造が異なり、Bottom Layer つまり、前方下層からの音声が存在していること。このBottom Layerからの音声を妨げないように、NT880よりも低く設計されているそうです。
また、NHKブースに展示されていた8K対応の中継車とは別に作られた音中車もあり、このNT900は搭載されているとのことです。車に搭載するため、高さの他にも重量などにも配慮した仕様となっているそうです。
NAB2016 RockoN TAMURA


また、注目のパンニングはコンソールに埋め込まれたトラックボールで行います。そのままコントロールをすると水平方向のコントロール。横に配置されたShiftキーを押すことで、上下方向へのコントロールが可能に。

百聞は一見にしかず!ということで実際にオペレートしている様子を映像に収めました。実際の音像変化は映像では確認いただけませんが、ぜひご覧ください。

NAB2016 RockoN TAMURA


TAMURAブースではデジタルコンソールのNT660や小型コンソールのNT110、22.2 マルチチャンネル音響対応のNT900などを展示。

NAB2016 RockoN TAMURA


こちらのNT600はフラグシップモデルであるNT880の弟分的位置付け。コンパクトかつ軽量化に配慮し、ボタンやスイッチの数を約半分にまで減らしたそうです。ただし、一番操作する部分であるFader感覚はNT880と同等。そしてDSP Coreも同等になっています。小さくてもパワーは妥協しないんですね。
NAB2016 RockoN TAMURA

Writer. Yosuke
TAMURA >>


nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

20160418_roc3_nabshow_top2


20160418_roc3_musikmesse_bnr

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年4月20日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company