閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

20
Apr.2016
REPORT

TAMURA : NAB2016


20160418_roc3_nabshow_top2

nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

NAB2016 RockoN TAMURA


ブース中央にはNHKと共同開発したNT900が22.2マルチチャンネル音響(以下22.2)環境と共に展示。

こちらのNT900は従来のNT880に比べてコンソールの高さが低く作られているのが特徴です。というのも22.2環境はTop Layer・Mid Layer・Bottom Layer+LFEという構造から成立しています。注目して欲しいのは、他のDolby Atmos等の3D 立体音響とは構造が異なり、Bottom Layer つまり、前方下層からの音声が存在していること。このBottom Layerからの音声を妨げないように、NT880よりも低く設計されているそうです。
また、NHKブースに展示されていた8K対応の中継車とは別に作られた音中車もあり、このNT900は搭載されているとのことです。車に搭載するため、高さの他にも重量などにも配慮した仕様となっているそうです。
NAB2016 RockoN TAMURA


また、注目のパンニングはコンソールに埋め込まれたトラックボールで行います。そのままコントロールをすると水平方向のコントロール。横に配置されたShiftキーを押すことで、上下方向へのコントロールが可能に。

百聞は一見にしかず!ということで実際にオペレートしている様子を映像に収めました。実際の音像変化は映像では確認いただけませんが、ぜひご覧ください。

NAB2016 RockoN TAMURA


TAMURAブースではデジタルコンソールのNT660や小型コンソールのNT110、22.2 マルチチャンネル音響対応のNT900などを展示。

NAB2016 RockoN TAMURA


こちらのNT600はフラグシップモデルであるNT880の弟分的位置付け。コンパクトかつ軽量化に配慮し、ボタンやスイッチの数を約半分にまで減らしたそうです。ただし、一番操作する部分であるFader感覚はNT880と同等。そしてDSP Coreも同等になっています。小さくてもパワーは妥協しないんですね。
NAB2016 RockoN TAMURA

Writer. Yosuke
TAMURA >>


nab_index_02nab_index_04nab_index_06
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

20160418_roc3_nabshow_top2


20160418_roc3_musikmesse_bnr

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2016年4月20日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company