閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM 2016

制作機材の最新動向がここに。現地アナハイムからの熱狂レポート、会場の空気を切り取る動画レポートも多数!

24
Jan.2016
REPORT

Teenage Engineering (2)

te_4

お待たせしました!!2017年発売予定のOP-Zのデモ動画になります。今日もブースは立ち続けに人が押し寄せていました。

※Teenage Engineering 速報レポートはこちら!

ポップなデザインからは想像もつかないほど多機能かつ、直感的。ボタンの上部に書かれているマークで今自分が何をしているかを見失うことなくプレイに専念できるようになっています!

4つのトグル以外は全てボタン仕様。上段がシーケンサー、中段下段がキーボードとしての役割も併せ持ちスタイリッシュな完成度を誇っています。

te_5

また新しい機能として昨日から話題となっています映像コントロールですが、こちらは昨日お伝えした通りワイヤレス。複雑なEDITをリアルタイムにコントロールでき、ライブパフォーマンスやVJの新たな可能性が今から模索されそうですね!音楽と映像は切り離せない時代になってきました。機材の勉強よりも作品作りに没頭したいアーティストにとって、こんなにも手軽に、気軽に一つのコントローラーでその両方がコントロールできるというのは嬉しいことでしょう。

te_3

この他の情報としては、別途ディスプレイで視覚的なコントロールも可能。トグルに何をアサインしているかやシーケンス情報、エフェクトなどを一度に複数トラック確認することもできます。また、モジュールを追加していくことも可能で、より複雑なライブパフォーマンスやEDITを最小のシステムで気軽にシェアプレイできるます。

そしてTeenage Engineeringからはまだまだ新商品が。POシリーズに新たに3機種が加わります。



PO-20 arcade、PO-24 office、PO-28 robotの三種類でarcadeのこってりチップチューンサウンドを中心にサウンドメイクをより豊かにするラインナップが出揃いました。こちらは今年の春に発売予定。POシリーズでさらに濃いトラックメイクをしたい方にはマストアイテムになりそうな予感です!

YUKAI ENGINEERING

YUKAIE

ブース内でYUKAI ENGINEERINGのCEO青木氏と遭遇(脳波で動くネコミミ「necomimi」が世界中で話題になっています!)。青木氏は iDollを持参。これは専用アプリであるiDoll Playや専用エディターで音声に合わせて模型を動かせるというものです。

te_2

「ボタンで動きを再生する」といういつもなら考えないような発想の楽しさを生む。ものづくりって発想の転換だなと音楽業界の人間ながら改めて感じました。iDollの動きもなんだかとってもキュート。こうしたガジェットなどの連動で複合的なアートを気軽に身近に楽しめる。今日の思わぬブッキングで新しい音楽の可能性を大いに体感できました!

Writer:togashi

Teenage Engineering
YUKAI ENGINEERING

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年1月24日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company