本サイトでの Cookie の使用について

閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NEWS
27
Oct.2023
NEWS
  • HOME
  • NEWS
  • 制作ノウハウ
  • Neumann初のオーディオインターフェイスMT 48徹底レビュー!Rock oNスタッフ・バウンス清水が実機を使ってその魅力をご紹介!

Neumann初のオーディオインターフェイスMT 48徹底レビュー!Rock oNスタッフ・バウンス清水が実機を使ってその魅力をご紹介!

20231017_Neumann_1390_856

話題のNeumann MT 48がついに10月26日発売しました!今年のNAMMでの発表以降、今月ようやく製品仕様や価格なども明らかになりましたが、待望の実機もRock oN渋谷店に到着!

ということで今回はRock oNスタッフ・バウンス清水が、Neumann MT48を実機を使ってみて、その音質や使い勝手を徹底レビュー!

このチェックにはRock oNのウェビナーなどでお馴染み、Neumann日本代理店であるゼンハイザー・ジャパン真野氏のご協力のもと、製品開発の背景や詳細なスペックなども併せてご紹介します。

Neumann初のオーディオインターフェイス 開発の背景

22

バウンス清水 : ついにNeumann初のオーディオインターフェイスMT 48が発売しました!これはめでたい!

Sennheiser 真野氏(以下、真野氏) : ありがとうございます!

Rock oN : まずはNeumann初のオーディオインターフェイスということで、MT 48を開発した背景からお伺いしたいと思います。

Sennheiser 真野氏 : 今年になってNeumannはMerging Technologiesを買収しまして、その技術やノウハウを踏襲したことを受けて、今回MT 48を開発した形になっています。

これまでNeumannはマイクロフォンをメインとして長年製品を開発・販売してきましたが、最近ではスピーカーやヘッドホンの製品も積極的にリリースしてきました。それらはベストインプット・ベストアウトプットということですが、音の入り口と出口の部分だけでしたが、それらを繋ぐ真ん中の部分を宝石に見立てて「ミッシング・ジュエル」と呼んで、Neumannのサウンドをきちんと届けられるインターフェイスを作りたいと考えてMT 48をリリースしました。

Rock oN : なるほど。Neumannブランドのマイクロフォンやスピーカーを十分活かせるインターフェイスということですね。

バウンス清水 : 自分の第一印象としては…小さくていいなと思いました(笑)。専用ケースに入れて外に持ち運びがしやすいコンパクトさがありがたいと。それとMacだとドライバーがいらないというのもいいですね!これが制作現場でクリエイターが入れ替わり立ち替わり来るような場所に一台置いてあるインターフェイスとしても重宝すると思いますよ。来てケーブルを挿してすぐに音を出す、という感じで使えますから。

01

Rock oN : 製品としてMT 48はどういったユーザーをターゲットとして想定されているのでしょうか?

真野氏 : ターゲットとしているユーザーとしては「本格的なホームレコーディングをされる方」「音楽制作をやっているコンポーザー・クリエイター」のほかにも、「配信などでリアルタイムの処理を必要とされている方」「放送、映画の編集室」などを想定しています。

Rock oN : それではMT 48のセールスポイントは何でしょうか?

真野氏 : まず第一に音質の部分です。価格帯としては30万円ということで比較的オーディオインターフェイスではハイエンドな部類になるかと思いますが、ADをする段階でのダイナミックレンジが同クラス製品より4倍高い分解能力を持っており、います。136dBAまで分解できます。

簡単にいうとTLM 103自体のダイナミックレンジが131dBまでなんですが、それを余裕で越えられるレンジをMT 48は持っているので、TLM 103で収録した音を余すところまで再現することができます。ゲインを最大78dBまで上げることができるので、非常にゲインの小さいリボンマイクなども含めて、様々なマイクロフォンに対応できる仕様になっています。ヘッドホンの出力部分に関してもインピーダンスが35mΩという非常に小さいことによって、高いインピーダンスのヘッドホンも十分に再生できる音質を持っています。

ほかにもMT 48はインターフェイスとしての機能は大半網羅しているので、その辺もご紹介できたらと思っています。

MT 48でボーカルレコーディングを想定したセッティング

18

バウンス清水:今回は実機をお借りして一番セッティングとしてあり得そうな、MT48を使ったボーカルレコーディングを想定して組んでみました。

MT 48はとても自由度が高くて、小さいミキサーを用意すればキューボックスとしてトークバックを載せたりとかもできます。まず1&2Chにオケの2mix、3chに自分のボーカルの返し、4chにクリックが流れるみたいな形で、仮想キューボックスみたいな感じでセッティングしています。

05

04

バウンス清水:ボーカルの録り音にコンプやEQ、マイクプリアンプもかけられるのも便利ですね。

真野氏 : 最終的にDAWに出力する際に、録音したドライの音とエフェクトをかけた音、両方出すこともできるしどちらか任意の音だけを出すこともできます。

06

バウンス清水:リバーブも入ってるんですよね。

真野氏 : そうです。レコーディング時にボーカルの方に返すリバーブのセンド量やルームの広さなども自由に変えられます。

15

真野氏 : インプットがアナログで4ch、コンボジャックが2つ、フロントにはPhone端子で入るマイク/ライン入力が2ch、4系統のアナログ出力(XLRで2ch、Phone Outで2ch)があって、さらに2系統で超低インピーダンスのヘッドホンアウトがあります。ほかにはADATを接続することで、さらに8ch増設することも可能です。

バウンス清水:ミキサー4系統備えているというのはなかなかないですね。ここが柔軟に組めるのが便利でいいです。あとはトークバックのマイクが内蔵されているところも大きなところですね。トークバックボタンを押して接続したミキサーに声を送るセッティングもができるのもとても便利です。

画期的な「ヘッドホン・クロスフィード」機能

09

バウンス清水 : 他にいいなと思った機能が、「ヘッドホン・クロスフィード」という機能があって、これはヘッドホンのLRバランスを調整できるんですよ。これでスピーカーのセットアップに近い音像でヘッドホンのモニタリングができるようになるんです。

真野氏:通常のヘッドホンだとLRが完全に分離した状態なので0%なんですが、 MT 48は0〜100%の間でヘッドホンの音像を調整できて、100%だとモノラルになるという機能なんです。これがあるとヘッドホンで作業するのが苦手だという方でも便利だと思います。

バウンス清水 : 他に同じ機能がある製品としてはRMEのADIシリーズくらいしかないと思うので、これは貴重ですね。

Merging TechnologiesのANUBISとの違い

Rock oN : 先ほどMerging Technologiesを買収して、その技術やノウハウを踏襲したとおっしゃっていました。Merging Technologiesが出しているAD/DAインターフェースANUBISとMT 48の外観が似ていますが、違いというのはどこでしょう?

バウンス清水:たしかにANUBISに似てますよね。

真野氏 : ANUBISはAES67接続を軸に作られているのに対して、MT 48はAES67だけでなくUSBやADATにも接続できるというのが大きな違いですね。それにANUBISはサラウンドのモニターコントローラーの機能が実装されていたりもしますし、色々なことができるが故に接続するのがちょっと複雑だったりするんです。それをMT 48はもっと音楽制作の現場でシンプルに使いやすいように、NeumannがANUBISをベースにテイラーメイドした製品と言えます。

バウンス清水:ANUBISはネットワークコントローラーっていう位置付けもあるんですけど、オーディオインターフェイスの機能にフォーカスして作られたのがMT 48って感じですかね。

Rock oN : MT 48の音質の印象はどうでしょう?

バウンス清水:音の解像度が高くて、一世代先の音がしているなって印象でした。Prism SoundのLyraとかRMEのADIといった競合となりそうなオーディオインターフェイスと比較してみたんですけど、解像度は高かった印象ですね。

Merging Technologies HP
https://www.merging.com/products/interfaces/merging+anubis

本体のタッチスクリーンだけではない操作画面!

MT48_02

真野氏 : 他にも本体のタッチスクリーン以外で操作できる方法が2パターンあります。ひとつはIPアドレスを打てばブラウザ上で全体が見られるもの、もう一つは本体と同じ画面でリモート操作するPCアプリがあります。

MT48_03

バウンス清水:iPadでも同じネットワークに行けばブラウザ上で操作できるし、画面も見られるのでブース内にiPadを用意してミックスを自分用のバランスに調節することもできるんで便利ですよね。

★ただいまRock oN渋谷店に、MT 48展示中!

F9RuHheawAEQIop
話題のオーディオインターフェースNEUMANN MT 48が展示中!操作感や音質など気になっている方は多いのではないでしょうか。
当店ではすぐにお聴きいただけるようセットアップしてあります👍お気軽にご来店ください!

●製品情報

・ MT 48

MT-48-TopView-1_Neumann-Audio-Interface_SR

主な特徴

・リファレンスクラスの高分解能コンバーター内蔵オーディオインターフェイス
・直感的なタッチスクリーンインターフェイス
・4つの内蔵ミキサー、DSPプロセッシング(EQ、ダイナミクス、リバーブ)
・2系統マイク/ライン入力
・2系統ライン/インスト入力
・4系統アナログ出力(ステレオ)
・ADAT、S/PDIFによる拡張I/O
・トークバック機能を内蔵した4つの独立ミキサー

スイスの精密な内部設計

MT 48はスイスのメーカー Merging Technologies との緊密な連携の上に開発されました。高精度ADコンバーターは、驚異的な136 dBのダイナミックレンジで動作します。これにより、MT 48は同クラスのオーディオインターフェイスの4倍の解像度を実現します。

MT-48-Back-2_Neumann-Audio-Interface-p-1600

MT 48はリファレンスクラスのパーソナルスタジオ向けに完全装備されています。

最大78dBゲインを備えた2系統の超低ノイズのマイク/ラインプリアンプ、4系統のモニター/ライン出力、そしてMT 48の接続性はADAT/S/PDIFおよびAES67を介して拡張可能で、MIDIインターフェイスも統合されています。

MT-48-Frontal-3_Neumann-Audio-Interface_SR

他にも2系統のライン/インストゥルメント入力、2系統の優れたヘッドホン出力があり、これら全てに最先端のAD/DAコンバーターが搭載されています。

ProductImageDesktop-2

4系統の独立したモニターミックスは、タッチスクリーンを介して本体で直接コントロールできます。

NEUMANN
MT 48 U
¥330,000
本体価格:¥300,000
4950ポイント還元
NEUMANN
MIDI Adapter Set (MT 48)
¥3,300
本体価格:¥3,000
50ポイント還元

関連記事

20231012_Neumann_i
Neumann初のオーディオインターフェイスMT 48が10/26発売!
デジタルワークフローにNeumannクォリティをもたらす、プレミアムオーディオインターフェイス

20230417-nab2023_Neumann_i
NAB Day 1 : Neumann

NAMM2023_Day3_Neumanni-732x540
NAMM 2023 Day 3 : Neumann

記事内に掲載されている価格は 2023年10月27日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

大決算SALE 2024 FINAL
*完売更新は定期的に行います。 *セール品は全て限定数です。 *同一製品でも商品や外装の状態により価格を分けているものがあります。 EFX/アウトボード オーディオI/O シンセ/リズムマシン スピーカー/ヘッドホン マ [……
【2/22更新!】Rock oN 攻略 キャンペーンまとめ2024 音源/プラグ…
お得なキャンペーンをまとめます!
Sequential各モデル 専用ハードケース プレゼント キャンペーン期間延長…
Sequential対象製品のいずれか1台をお求めのお客様に、 専用ハードケースを1台プレゼントするキャンペーンが延長されました! Sequential専用ハードケースプレゼント対象製品
BOGREN DIGITAL / IRDX COREレビュー!ギターサウンドに躍…
ビッグアーティスト達の作品に数多く携わってきたプロデューサー、Jens Bogren 氏が中心となって2020年に設立されたBOGREN DIGITAL。アンプシミュレーター・プラグインやギター用キャビネットIRをリリー [……
M.I.D.2024スプリング・プロモーション!5つのメーカー製品がお得に手に入…
プロフェッショナル・オーディオ機器を取り扱う M.I.D.が、2024スプリング・プロモーションを開始! AVALON DESIGN、Cranborne Audio、ISOVOX、Royer Labs、Steven Sl [……
Bettermaker Winter Promotion 2023がスタート!新…
デジタルコントロール・アナログ・アウトボードの騎手として高い人気を集める、Bettermakerのウィンター・プロモーションがスタートしました!新世代のマスタリング・アウトボード・シリーズ全てが対象になります。 期間は2 [……
beyerdynamicが密閉型ゲーミングヘッドセット「MMX200 WIREL…
beyerdynamicが密閉型ゲーミングヘッドセット「MMX 200 WIRELESS」を発売しました! MMX 200 WIRELESSは現代のゲーマーのニーズに応える「ワイヤレス接続による柔軟性」と「多様な最先端機 [……
KORG opsix mk II発表!64ボイスに拡張し、より深く実用的なワーク…
KORG opsix mk IIが発表されました! opsixのサウンド・エンジンをベースに同時発音数とボイシングを拡張し、64ボイスという驚異的なボイス数を搭載。さらに、優れたパフォーマンスと正確なコントロールを実現し [……
FIIOがUSBバスパワーヘッドホンアンプの新製品「KA11(Black/Sil…
FIIOがヘッドホンアンプの新製品「KA11(Black/Silver)」と、「KA17(Black/Blue)」を発表しました! KA11はスマートフォンやタブレット、PC等と組み合わせて様々な場所でヘッドホン・イヤホ [……
『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.230』Audio…
音いじ第230回目は、Audio Modeling SWAM Strings Sections をいじっちゃいました! セクションになることで滲みや揺らぎが加わり、Popsに馴染みやすくなったサウンド。そしてキースイッチ [……
Audio-Technicaが「AT-UMX3」を発表!マイクロホンメーカーが手…
Audio-Technicaがマイクロホンメーカーが手掛けるライブ配信向けUSBオーディオミキサー「AT-UMX3」を発表しました! AT-UMX3は長年にわたり、マイクロホンの開発を手がけてきた技術および設計担当者が監 [……
UJAMからのバレンタインプレゼント!5日間限定で全品半額となるValentin…
UJAMからバレンタインプレゼントとして、5日間限定で全品半額となる「Valentine’s Day Flash Sale」がスタートしました! 本セールではVirtualシリーズなどUJAM全製品(※1)の単品価格が半 [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company