閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR

21
Jan.2019
Rock oN
  • HOME
  • Rock oN
  • 制作ノウハウ
  • オルタネイト福山が送る、楽曲の最終ブラッシュアップに最適な完全アナログアウトボード!

オルタネイト福山が送る、楽曲の最終ブラッシュアップに最適な完全アナログアウトボード!

20190119_ProductLesson05_SSL_1390_856

こんにちは!いやー寒くなってきましたね!冬は寒さよりも湿度が気になるオルタネイト福山です。

唇が乾燥してると寝られないタイプなので、家では常に加湿器をMAXで動かしているのですが、毎回水を入れるのが面倒で朝起きたら止まってる!ということが最近の悩みです。

さてさて、今回ご紹介したいのは、最近注目を集めている”FUSION”です。デモ機をお借りできましたので早速サウンドチェックしてみました!

現在の楽曲制作では、DAW内部で完結する制作作業においても、最終の仕上げを含めアナログアウトボードで仕上げ調整をすることで、楽曲にさらなる深みやプラスアルファのサウンド効果を付加することが定着してきています。

アウトボードによって個性やキャラクターがあり、イメージによって機材を選択していくということになりますが、FUSIONのサウンドはどのようなものか!一緒にチェックしてみてください。

感想

操作してみて最初に感じたのが、各エフェクト効果の大小やかかり具合、設定ポイントが絶妙でサウンドメイクがしやすいと思いました。

DRIVEについてもEQにしても、元のサウンドに対して、そうだよね!そう来て欲しい!というような絶妙なかかり具合です。

また歪み量やGain upなどについても、思いっきり上げ下げしても許容範囲に収まっているので感覚的にどしどしEDITしていけますね。

おすすめ使用例

1 2MIXの最終仕上げ
ステレオMIX素材に対して、最終仕上げに使用するのが最もスタンダードと言えると思います。

2 パート単体のダイナミクス&空間イメージ調整
ステレオイメージをコントロールできるので、単体のシンセパッドや、ピアノパート、リズムパートなどステレオでの単独トラックにおいてもプラグインとは違った仕上がりを狙えます。

3 ライブ収録素材の調整
M/Sモードにすることで、ステレオイメージをM/Sにて調整できます。
センターに位置するボーカルなどと他のパートとのバランス調整を感覚的に行うこともできます!

製品概要

20190118_SSL_01

20190118_SSL_02

20190118_SSL_03

新設計の5つのアナログツール

Fusionは新たに設計された5つのアナログツールで構成されています。

20190118_SSL_04

ヴィンテージドライブ

ノンリニアなハーモニクス回路でミックスに歪みを加え、力強くまとめることができます。

ドライブとデンシティーのコントロールは響きの飽和とアナログ回路がオーバーロードする事で起きるソフトコンプレッションとの相関を制御し、飽和感の解消からハードなディストーションの付加までをサウンドメイクできます。

20190118_SSL_05

SSL ヴァイオレットEQ

位相の変化を最小限に抑えた 2バンドのシェルビングEQです。

SSLの新しいEQは25年以上に渡るSSL伝統の音楽的で直感的な周波数域とレスポンスカーブから、ローエンドのウェイトとハイエンドの輝きをクイックにコントロールできるように作られました。ハイとローの周波数は4つのポイントと±9dBのアッテネーションを装備しています。

20190118_SSL_06

HF コンプレッサー

アナログ領域で高い周波数の音をコンプレッションします。

このコンプレッサーは高域成分にしか影響せず、スムーズかつクリアに高周波の荒れを減衰させ、不安定な高周波帯域をアナログテープのようなロールオフで生き生きとさせます。

20190118_SSL_07
ステレオイメージエンハンサー

サイドシグナルを操作できる真正のアナログ・ミッドサイド回路です。

ステレオのフィールドの拡張と空間操作を実現します。

20190118_SSL_08
トランス回路

専用設計のSSLトランス回路は繊細な低周波域の彩度を高周波域の位相シフトと同時にもたらします。

低域を厚くし高域を輝かせることができます。

SSL
FUSION ★ご予約受付中
¥340,200
本体価格:¥315,000
5103ポイント還元

SSL
http://www.solid-state-logic.co.jp/music/fusion/index.html

マニュアル(英文)ダウンロードはこちら>

Writer.オルタネイト福山

product_lesson_banner

記事内に掲載されている価格は 2019年1月21日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

マスタリングクラスのDACとモニターコントローラーが合体した最強マシン!
プロスタジオワークで求められるモニター入出力を総合的にマネージメント
開発3年、全ドライバーがアルミニウム製の高解像度スピーカー「EPIC-5」試聴会…
高解像度スピーカー「EPIC-5」試聴会レポート!
Strymon VOLANTE予約開始!
3タイプセレクト可能なマルチヘッドディレイ!
ブランド市掘り下げ AVALON DESIGN V5
今回ご紹介する「V5」は、1台三役のマルチユニット!
Rock oN大決算セール!アーティストをその気にさせるスピーカーがワケあり格安…
アーティストをその気にさせるスピーカーがワケあり格安で手に入る!
クリアにもウォームにも仕上げられる万能マイクプリアンプ!Universal Au…
クリーンとウォームどちらにも対応するLAー610MKIIを動画付きでレビュー!
Ableton Live 10.1 UPD 公開!UPD内容と、いつものOne …
Live 10.1UPDの追加機能と既存機能を使ったOne Tipsをご紹介!
Rock oN大決算SALEからオススメアイテムをピックアップ!今回はiZoto…
2/9(土)まで特別価格¥44,800にてご奉仕!さらにキャリングバッグも!
2月発売予定のKORG新製品が予約開始!
先月話題となったVolcaシリーズ新機種を含む12製品が本日より予約を開始!
RockoN 大決算 〜30th KEEP EVOLVING〜クーポンまとめ
eStoreでNAMM2019の開催を記念し、ほぼ毎日超お得なサプライズクーポンを発行中!
Rock oN大決算ブランド市からオススメアイテムをピックアップ!第1弾はEVE…
第1弾はEVE AUDIO SC305!
Sonarworks「True-Fi」で外でも正しい音を持ち歩こう!
「True-Fi」とは スピーカーキャリブレーションソフトウェアの大手SonarWorksが手がける「True-Fi」をご存知でしょうか。みなさんが作られている音楽がリスナーに渡るとき、その音響特性はリスナーのモニター環 [……
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート