閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
ANTENNA

HOTなクリエイターが求める最新情報をキャッチアップ。MUSIC・ART・文化、店舗情報まで盛り沢山

11
Jul.2018
ANTENNA

システム一新!リファレンススタジオ大解剖:第1弾 モニター試聴編

20180705_reference_1390

どうもPD安田です〜ドンドンドンパフパフパフ ブンブンハローRock oN。この夏Rock oNリファレンススタジオが機能を一新して劇的進化しました! サウンドクオリティからシステム、ラインナップまで大幅に進化したその全貌を私、PD安田がシリーズでお届けいたします!

さらに記録的に長い猛暑にひんやり嬉しいおもてなしもご用意しましたよ!

20180705_reference_ice

まず第一弾モニター試聴編、その進化のポイントを要チェック!

進化ポイント1:最大10ペアを切り替えOK!スタンド/インシュレータまでも比較可能!

_DSC0478

進化したリファレンススタジオは、リファレンス環境でゆったり比較試聴コンセプトはそのままにオーディオシステムと操作性を一新することで、2箇所でのモニター試聴が可能となりました!まずは壁面棚からいってみましょう!

Avid MTRXから繋がれたEVE AudioのスイッチャーPMR2.10は壁面棚収まったスピーカーをスイッチします。

_DSC0452.jpg

その数実は最大10ペア!スピーカーの試聴となるとあれもこれも聴きたいと言い出しにくくて保守的な製品に決めてしまうことってありますよね。しかしここでなら気になるニアフィールドを全部聴いてあなたに最適な一品を見つけることができます。

_DSC0462

そしてこの便利なスイッチングを使って実現したのが『インシュレーターの試聴』です!ここには3ペアのEVE Audio SC205を用意しています。同じスピーカーを並べてインシュレーターの違いを比べることができるのです!インシュレーターは重要なモニター機材。その効果をぜひ体感してくださいね。

ちなみに試聴体験ができるインシュレーターはこれらです。

20180711_reference_product_dmsd

DMSDは航空金属を用いたデカップリングシステムアイソレーターで、スピーカー下に正しく置くことで、低域のレゾナンスを減少させ、モニタースピーカーのポテンシャルを最大限に発揮して理想的なリファレンスサウンドを作り出します!低域のレゾナンスが大幅に減少することによって低域がタイトにクリアになることに加え、倍音成分も整えることができるんです。また耐荷重が180kgですので、どのようなスピーカーでも使用することができます。

20180711_reference_product_iso

IsoAcoustics ISOシリーズはプラスチックでできていて組み立て式のシンプルな製品なのですが、その効果は大きなもので、デスクトップにスピーカーを置いて使った時に特定の中低域がブーミーになり解像度が下がることを抑制します。このスピーカースタンドは、軸上エネルギーを吸収しながらも軸外のエネルギーに抵抗するという優れたデザインになっていて、スピーカーをデスクトップや棚などの面部から効率的にアイソレートしてスピーカーキャビネットのエネルギーの周囲への転移を防ぎます。

20180711_reference_product_wellfloat

一般的にスピーカーの振動エネルギーは振動が地面に伝わりエネルギーが0になるまでにサブハーモニクスが発生します。つまり歪が積み重なり再生音に影響しているんです。これをスピーカーを浮かすということで解決するのがWellFlortです。WellFlortは空気や磁力を用いず、独自の特許技術により完全な浮揚構造を実現しています。一般的なインシュレータやオーディオボードは足元が動かないように固め、振動を抑える方式が一般的ですが、WellFloatは所謂フローティングボードでスピーカーを浮かすという発想です。

続いて、正面エリアで試せるスピーカースタンド。

20180711_reference_product_reqst

RKST-90は共振抑制の重要性を最も体感できるスタンドと言えるでしょう。素材として採用されたマグネシウムは振動吸収率が最大(減衰能係数アルミの25倍、鉄の8倍)とされ、管状のポール部分には充填材として超微粒砂を封入することで不要な振動エネルギーを天板から底板に徐々に減少させることができます。結果的に低域の締まりと高域の伸びを得ることができ、KRKなど低域に特徴のあるモデルに効果覿面です。

20180711_reference_product_zaor

なんといっても高さが857mm〜1206mmの範囲で調整できるのがウリのスタンド。木製の MIZA Standは金属製のスピーカー・スタンドと異なりリゾネートが抑えられるというメリットがあります。また天板に貼られたAERSTOPパッドはスピーカーと天板をアイソレートし低域の伝播を防止します。

進化ポイント2:定番/話題、怒涛の試聴機ラインナップ、リクエストもOK!

_DSC0088
_DSC0098 2

Rock oNが誇るリファレンススタジオに取り揃えたスピーカーは、定番から最新モデルまで都内トップクラスの豊富な品揃えです。もし希望のモデルが他にある場合は事前にご相談をしていただければメーカーより取り寄せての比較追加も可能です。まずはご相談ください。

モニタースピーカーラインナップ

  • ATC SCM20ASL PRO
  • ADAM A3X
  • ADAM A5X
  • ADAM A7X
  • ADAM S1X
  • ADAM S2V
  • ADAM T5V
  • ADAM T7V
  • Amphion One18
  • Denso Ten TD-M1
  • EVE Audio SC205
  • EVE Audio SC305
  • Focal SHAPE 40
  • Focal SHAPE 50
  • Focal SHAPE 65
  • Focal SHAPE Twin
  • Focal SM9
  • Focal Trio 6Be
  • Fostex NF-01R
  • GENELEC 8020DPM
  • GENELEC 8030CPM
  • GENELEC 8341APM
  • HEDD Audio Type05
  • HEDD Audio Type07
  • HEDD Audio Type20
  • IK Multimedia iLoud Monitor WH
  • JBL 305P
  • KRK 8s2
  • KRK V4
  • KRK V6
  • KSdigital C8-Reference Rosewood(Pair)
  • musik MO-1
  • musik RL906
  • NEUMANN KH120
  • NEUMANN KH80DSP
  • PMC result6
  • YAMAHA HS5
  • YAMAHA MSP5 Studio

アクセサリー(スタンド/インシュレーター)ラインナップ

  • DMSD DMSD 50
  • ISOAcoustic ISO-L8R
  • ISOAcoustic Aperta
  • WellFloat BW001 A4
  • REQST RKST-90
  • Zaor MIZA Stand

個人的な好みになってしまいますが、私のお気に入りはこの2機種です。

20180711_reference_product_ksdigital

モデルチェンジして新しくなったC5。同軸スピーカーは点音源の正確なモニタリングも魅力ですが、音の軸が一つなのでスピーカーにある程度接近した状態でも使えるのがメリット。角度が変えられるのも助かりますね。そして先代からの大きな変更点であるバスレフの搭載が嬉しい!豊かな低域の再生で現代的なポップスやダンスミュージックのプロジェクトにもスムースに対応できます。とはいってもこのバスレフのチューニングが絶妙で、嫌味な飾り気のある感じが全くしません。非常にナチュラルな低音が気に入ってます!

20180711_reference_product_focal

大ヒット中のSHAPE。私の大好きなスピーカーの一つです。これはとにかく解像度が高く全体的にナチュラルな鳴りをするのでエンジニアさんから非常にウケが良いですね。語弊を恐れずにいうなれば透き通った音(印象の話ですよ)。その代わりに低域は控えめだと思います。側面にあるパッシブラジエーターの鳴りはダンピングが良くてこれもナチュラル。低域をボウボウと出して気持ちよくなりたい人には別の製品をおすすめしますが、プロがスタジオワークとして使うのならSHAPEは本当におすすめです。

進化ポイント3:リファレンス環境比較で機材の本質に迫る!

_DSC0086

これだけは改めて言っておきたい! Rock oN渋谷店が誇るリファレンスルームは、あらゆる機材のポテンシャルが感じられる環境を提供するために、スタジオ専門の設計会社株式会社SONAが設計。

P1380902

天井の象徴的なディフューザーが司る拡散や壁の吸音など、適材適所でリファレンスを実現、ケーブルやアクセサリーに至るまで、実際のレコーディングスタジオのクオリティで公平な試聴ができるようになっています。機材が本来持つポテンシャルで比較することで、初めて理想のチョイスが出来ると言っても過言ではないでしょう!

PD安田からメッセージ

_DSC0446

駆け足でお届けした『劇的進化リファレンススタジオ大解剖』のモニター試聴編、いかがでしたでしょうか。リファレンスルームはこれまでご紹介した様々なシステムで制度の高い試聴を満足いくまで行っていただけるように作っています。制作となるモニタースーピーカーは導入すると長い付き合いになります。ベストな相棒探しはベストな環境で見つけて欲しいです。また、Avid S6コンソールを使ってメインモニター3ペアを比較していくなんて、実際にレコーディングスタジオにいるような贅沢な気持ちも味わえることも魅力だと私は思います。ぜひRock oNへご来店ください。お待ちしています。

この夏ひんやり嬉しいRock oNのおもてなし

20180711_reference_ice

記録的な長い夏、新生リファレンススタジオシステムでの試聴を快適にするために、レーヨンとパルプを使用した厚手の紙おしぼり*と日本の夏の定番アイス『ガリガリくん』をご用意しています!
*売上の一部はイスラエルの砂漠緑化プロジェクトに寄付されます

新しく生まれ変わったリファレンススタジオの魅力が満載!

20180718_reference_botun
20180718_reference_botun2
20180801_reference_botun
20180801_reference_botun2
20180808_reference_botun2

    記事内に掲載されている価格は 2018年7月11日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    VECLOS MSA-380S インプレッション by 三船雅也 (ROTH B…
    三船雅也さんからMSA-380Sの使用感や感想を頂きました!
    梅田店限定 USED&展示機 セール開始!お問い合わせは梅田店まで!
    梅田だけのシークレット在庫も公開しちゃいます!随時更新!
    YAMAHA CP73 と専用ソフトケース同時購入で、うれしい3つのアイテムをゲ…
    いまCP73と専用ソフトケースをセットで購入すると、うれしい3つのアイテムをゲット!
    Pro Tools 2019.6リリース~バグフィックス、新機能追加
    AVIDよりPro Tools 2019.6が急遽リリースされたことがアナウンスされました。バグ修正のほか、Pro ToolsのHeat対応、MTRXのDigiLinkオプションカード対応の機能が追加されています。
    Proceed Magazine 2019 販売開始 ~特集:POP!!
    今号の特集は「POP!!」Awesome City Club モリシー氏とROTH BART BARON 三船雅也氏を迎えてクリエイティブを刺激するPOP!!なプロダクトたちを大特集!! アーティスト目線からの制作機材の活かし方をクロストー…
    演奏と学びと創造を楽しむエンターテインメント ROLI / LUMI
    表示する色に従って演奏が可能!鍵盤を複数台繋げたりROLI Blocksシリーズも接続可能!
    ROLIが楽器演奏と音楽の基礎を学べるキーボード・コントローラー「LUMI」を発…
    表示する色に従って演奏が可能!鍵盤を複数台繋げたりROLI Blocksシリーズも接続可能!
    Pro Tools、Media Composer が価格改定〜7/1より主要製品…
    2019年7月1日よりPro Tools | Ultimate永続版とPro Tools(無印)年間プラン更新の価格がアップします。その他、Media Composerファミリーも大幅値上げ。更新・導入をご検討の方はお早めに!!
    キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
    PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
    Steinberg AXR4T がついに Windows 10対応!
    STEINBERGのフラッグシップオーディオインターフェースAXR4TがWindows10対応!
    初めてのモニタースピーカー選び
    なぜ必要か?どんな基準で選んでいけばいいか。おすすめスピーカーまでわかりやすく解説!
    Native InstrumentsのTraktor DJ2が登場!誰でもDJミ…
    誰でもDJ Mixが始められる無償アプリが新登場!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company