閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR

28
Mar.2019
History of Technology
  • HOME
  • History of Technology
  • RCA44の血統を継ぐ、ビッグアクティブリボンマイク AEA R84Aを店頭で試せます!

RCA44の血統を継ぐ、ビッグアクティブリボンマイク AEA R84Aを店頭で試せます!

aea_r84a

AEAの歴史 RCA44の修理から始まる

1920年代初頭にリボンマイクがドイツのTelefunkenによって最初に発明された後、ニュージャージー州カムデンにあるRCAのHarry F. Olson博士は、磁場コイルと永久磁石を使ったリボンマイクの開発を始めました。RCAの最初のリボンマイクは1931年に製造され、米国および世界のオーディオ録音および放送業界の両方に影響を与えました。

1年後、RCA 44シリーズ最初のリボンマイクが発売され、最も音楽的な響きのマイクとして評判を得ました。今日、RCA 44はまだ大切にされており、元々のコストの何倍もの価格で販売されています。General ElectricがRCAを購入した後、彼らはRCAのマイク部門を閉鎖しました。1976年、当時のAEAのチーフエンジニアであったDick Knoppowは、世界中に販売された何千ものマイクのために、AEAにRCAのリボンマイクのサービスを引き継ぐよう要請しました。

AEAの創設者であるWes DooleyとKnoppowはRCAのチーフエンジニアであるJon Sankを訪問しました。彼らはRCAのリボンの取り付けと張りのテクニックを彼らに教えました。Sankはまた、AEAで現在も使用されている大量の新旧のリボン素材とリボンコルゲーターを渡しました。AEAは、RCAリボンマイクの修理とRCA交換部品の複製と加工を開始したため、さまざまな破損部品でマイクを修理できるようになりました。


AEAはRCAとColesマイクの修理センターとして知られるようになりましたが、ウェスの真の情熱は常にリボンマイクでした。彼はAEAが20年以上の間積み上げてきた交換部品の在庫からRCA 44BXのレプリカを作成することを彼の目標にしました。
Wesは、RCAのJon Sankに与えられたツールも使用し、RCAのオリジナルの方法とテクニックを使って 1998年 – AEA R44Cと呼ばれる – 新しいマイクを創り上げました。

AEAの使命

R44Cの創設以来、AEAは同じRCAの伝統を使用して、それぞれ独自のアプリケーションと機能を備えた新しいリボンマイクの設計と製作に拡大してきました。長年にわたり新しい材料と最新の製造技術を使用して、高度なリボン技術を持っています。AEAラインのすべてのマイクは、ニーズを満たし、エンジニアやミュージシャンの問題を同様に解決するように開発されています。AEAは、音楽と創造的なプロセスに対する豊富な情熱を持っている、志を同じくするアーティストのコミュニティです。

44シリーズの最高の特性を保持するR84が完成

r84

R84と元のRCA 44(現在のAEA R44C)は、デザインによって同じビッグリボン要素、トランス、およびその他の機械要素を共有しています。現代的なデザイン技術とより強くよりコンパクトな磁石を使うことによって、R84は古典的なRCAリボンサウンドを保持します。

R84は44のデザインを改良しています – より扱いやすい近接効果、より拡張されたトップエンド、振動絶縁、そして小さなステージや小さなスタジオでのより優れた操作性。マイクのU字型のヨークはショックマウントとして機能し、ユーザーはストレートマイクスタンドでもR84をさまざまな角度に配置できます。

R84シリーズのバランスのとれた管理可能な近接効果は、わずか数フィート離れたところから、ボーカル、ドラム、およびブラスのローエンドを強化します。R84のように多目的、軽量、そして機動性のあるリボンマイクは、近距離マイクと周囲マイクの両方のアプリケーションに最適です。R84AはR84と同じ音質を保ちますが、追加の12dBの出力と安定したインピーダンスを提供し、プリアンプを通して静かな音源を録音する際の柔軟性を可能にします。

20190327_roland_1390_856
R84シリーズのリボンマイクは、独自の音質とクラシックなサウンドのおかげで、数多くのレコーディングスタジオで定番となっています。R84のスムーズで高周波のロールオフと低減されたシビランスは、コンデンサーマイクで録音したときに荒いように聞こえるボーカルや他の楽器を追跡するときに、エンジニアにとって最初の選択となります。
R84の強調されたミッドレンジは詳細な優雅さで多くの楽器の独特の品質を捕えます。その驚くべきローエンドのレスポンスは、ドラムキットやその他の細いボーカルのサウンドに重さを加えるのに最適です。R84シリーズのマイクは、実質的にあらゆる音声や楽器に適しているため、録音や放送のスタジオで非常に役立ちます。

Rock oN で常設展示中

実際に試して見ないとわからないマイクは、実際に試すに限ります。RCA44の血統を継ぐビッグアクティブリボンマイクのサウンドをぜひお試しください!

AEA a
R84A
¥158,000
本体価格:¥143,636
2370ポイント還元

    記事内に掲載されている価格は 2019年3月28日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    History of Technologies FOSTEX ~歴史の継承と象徴…
    1949年に3.5インチスピーカーユニットを製造開始してから、世界各国でユニットをODM/OEM供給し、日本を代表するメーカーとなったフォスター電機株式会社。AV用スピーカーや車載用スピーカーから携帯電話などの小型デバイ [……
    Universal Audio History ~Putnam Story
    現代音楽史に多大な影響を与えたUA社と創始者のBill Putnamの物語
    Audionamix Interview Technology Firstな歴史…
    同社のヒストリーを交え、そのこだわりに迫る
    「Think MIDI 2015 ~MIDIがつなぐ時代と音楽~ 」レポート!
    六本木ラフォーレミュージアムにて12日,13日と開催されたThink MIDIへ潜入! お邪魔したのは1日目MIDI’s LEGEND DAYと題されたMIDI策定から今に至るまでのヒストリーを辿りこれからを考えるといっ [……
    Avid Pro Tools 12.4 公開!新機能Track Freeze。僅…
    Avid Pro Tools 12.4が公開されました。「年間アップグレードプラン」や「サブスクリプション」をお使いのユーザーは自動的にアップデートされます。 12.4の目玉機能はTrack Freeze機能。12.3で [……
    Pioneer DJ RM-07 meets TINYVOICE PRODUCT…
    「抜群に良いのは同軸構造ならではの定位感」
    『The Neve Legends』 〜11/5 Genesys BLACK 渋…
    エンジニアでなくとも音楽の道を志す者であれば Rupert Neve というエンジニアの名前を知らない者はいないだろう。Neve Electroinics、AMS NEVE、Focusrite、Rupert Neve D [……
    Native Instruments 遂にSTEMSファイルを自分で作れるSTE…
    DJのための新しいオーディオファイルフォーマット『STEMS』は、4つのマルチトラックと2ミックスを格納。STEMSファイルを再生できる機器を使い、まるでMTRでの生ライブのように任意のトラックを出し入れしたりエフェクト [……
    Yamaha reface 開発者インタビュー。『シンセサイザーの楽しみ』ともう…
    情熱とこだわりがシンセの歴史を変えて行く!
    『10年以上、いつまでも輝き続ける小さな宝石』RME Babyface Pro発…
    ここだけのとっておき情報を多数掴むことができたその内容をインタビュー形式でどうぞ!
    Fireface 802〜10年を超えて、次なる10年へ〜 RME Max Ho…
    RME Max Holtmann独占インタビュー
    プロが魅せられたMoogシンセの『音』〜History of the Moog …
    キング オブ アナログシンセサイザーMoog Musicシンセサイザーの魅力に迫る特集『History of the Moog Music』の新コンテンツ! Moog博士とMoog Musicの歴史はこちらの『Histo [……
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company