閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

17
Sep.2018
REPORT

IBC 2018:Edit Share

IBC 2018 Rock oN  Edit Share

EFSシリーズをリリースし、サーバーの世代更新を完了したEditShare社のIBC 2018での目玉は、様々なサービスを提供するFlowの最新バージョンを紹介。NABでのQSyncというQuality Checkアプリケーションに続き、ソフトウェアでShare ServerをコアとしたWorkflowの提案を行っていました。

IBC 2018 Rock oN  Edit Share

MAM(= Media Asset Managenent)用のアプリケーションをコアとするFlowは、様々な機能を提供しています。Edit Shareの製品ということで、同社のサーバーとの組み合わせての利用しかできないかと思われるかと思いますが、そうではありません。単体のアプリケーションとして動作し、様々なストレージを統合管理することが可能です。

IBC 2018 Rock oN  Edit Share

こちらのスクリーンショットを見ていただければわかるように、Edit Share以外にもAmazon S3のようなCloudストレージも含めてMAMが可能となります。それ以外にもStrage DNAやAVIDなどという文字も見えますね。

IBC 2018 Rock oN  Edit Share
IBC 2018 Rock oN  Edit Share

Flowは大きく分けて4つのサービスを持ちます。メインのMAMはAirFlowというサービス。こちらは、ブラウザベースでその機能が提供されます。メディアのプレビュー、コメントの付与、メタデータの管理検索など、MAMとしての十分な機能を持ちます。

IBC 2018 Rock oN  Edit Share

そして、Storyというサービスは、簡易編集機能を提供します。ここで編集を行ったタイムラインは、そのままドラッグ&ドロップでPremier、Media Composerへ編集データの移行が可能です。非常に汎用性が高く、Edius、FCP、Prunusなどにも対応しているということ。もちろんAAFへの書き出しも可能なので、どのようなワークフローが生じたとしても柔軟に対応できる仕様となっています。このタイムラインに関してのコメントの共有機能もあり、コラボレートしてのラフカットであれば、オンラインでの確認作業も可能な仕様となっています。

IBC 2018 Rock oN  Edit Share
IBC 2018 Rock oN  Edit Share
IBC 2018 Rock oN  Edit Share

Storyには、更に簡単なグレーディング機能も!非常に多機能なことがわかりますね。

IBC 2018 Rock oN  Edit Share

そしてAutomationは、Workflow Manager機能。自動的にタスクを処理し、条件分岐で、どんどん自動化を行うことが可能です。しかも最終の書き出し先には、Amazon S3など、Flowが接続できるすべてのストレージを指定可能。もちろん、トランスコード機能もあるので、アイディア次第でどのような活用も可能です。単体で見ても統合されたMAMとしての多機能ぶりが際立つEdit Share社のFlow。非常に速い速度で進化をしているので、要注目のソリューションの一つです。

Edit Share
https://www.editshare.com/

Writer. Yousuke

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2018年9月17日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

Antelope 10MX が期間限定 15%OFFキャンペーン中! 4/30ま…
通常価格に比べ ¥117,936 もお得で、さらに10025ポイントをゲット!4/30まで
NAB2019 DAY4 : Avid
MTRX Digilink Moduleのプロトタイプを使ったシステムアップが行われていました。
NAB2019 DAY4 : soundwhale
遠隔地を映像と音声で結んでリモートレコーディングや、ディレクティングを実現するソフトウェアを展示。
NAB2019 DAY4 : iZotope
NAB2019 会場でのiZotopeは やはりRX7中心の展開!
NAB2019 DAY4 : Western Digital
G-TechnologiesからはSSDの新製品、SanDiskからもポータブルSSDが登場!
NAB2019 DAY4 : Decimator Design
スケーラーとフレームレートコンバーション搭載のHDMI-SDI 4Kコンバーター「12G-CROSS」新製品登場!
NAB2019 DAY3 : APOGEE
WAVES/DiGiGridのブースでなんとAPOGEEの新製品を発見。おなじみSymphony I/O mk2のSoundGrid Option搭載モデルがありました。 見た目は、普通のAPOGEE Symphony [……
NAB2019 DAY3 : LAOWA
中国のレンズメーカーLAOWAは、非常にユニークなプローブレンズを中心に展示!
NAB2019 DAY3 : Fraunhofer
従来の生放送向けの機器とは別に、制作向けツールが登場しています。
NAB2019 DAY3 : NEUTRIK
従来のアナログコネクターだけではなくUSB-Cが登場!
NAB2019 DAY3 : DYNAMOUNT
DYNAMOUNTはPCからのリモートシステムでマイクの向きを自由に変化できる製品が展示!
NAB2019 DAY3 : Z CAM
Z CAMというカメラメーカーが今年はなんとシネマカメラのリリース!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート