閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

17
Sep.2018
REPORT

IBC 2018:Edit Share

IBC 2018 Rock oN  Edit Share

EFSシリーズをリリースし、サーバーの世代更新を完了したEditShare社のIBC 2018での目玉は、様々なサービスを提供するFlowの最新バージョンを紹介。NABでのQSyncというQuality Checkアプリケーションに続き、ソフトウェアでShare ServerをコアとしたWorkflowの提案を行っていました。

IBC 2018 Rock oN  Edit Share

MAM(= Media Asset Managenent)用のアプリケーションをコアとするFlowは、様々な機能を提供しています。Edit Shareの製品ということで、同社のサーバーとの組み合わせての利用しかできないかと思われるかと思いますが、そうではありません。単体のアプリケーションとして動作し、様々なストレージを統合管理することが可能です。

IBC 2018 Rock oN  Edit Share

こちらのスクリーンショットを見ていただければわかるように、Edit Share以外にもAmazon S3のようなCloudストレージも含めてMAMが可能となります。それ以外にもStrage DNAやAVIDなどという文字も見えますね。

IBC 2018 Rock oN  Edit Share
IBC 2018 Rock oN  Edit Share

Flowは大きく分けて4つのサービスを持ちます。メインのMAMはAirFlowというサービス。こちらは、ブラウザベースでその機能が提供されます。メディアのプレビュー、コメントの付与、メタデータの管理検索など、MAMとしての十分な機能を持ちます。

IBC 2018 Rock oN  Edit Share

そして、Storyというサービスは、簡易編集機能を提供します。ここで編集を行ったタイムラインは、そのままドラッグ&ドロップでPremier、Media Composerへ編集データの移行が可能です。非常に汎用性が高く、Edius、FCP、Prunusなどにも対応しているということ。もちろんAAFへの書き出しも可能なので、どのようなワークフローが生じたとしても柔軟に対応できる仕様となっています。このタイムラインに関してのコメントの共有機能もあり、コラボレートしてのラフカットであれば、オンラインでの確認作業も可能な仕様となっています。

IBC 2018 Rock oN  Edit Share
IBC 2018 Rock oN  Edit Share
IBC 2018 Rock oN  Edit Share

Storyには、更に簡単なグレーディング機能も!非常に多機能なことがわかりますね。

IBC 2018 Rock oN  Edit Share

そしてAutomationは、Workflow Manager機能。自動的にタスクを処理し、条件分岐で、どんどん自動化を行うことが可能です。しかも最終の書き出し先には、Amazon S3など、Flowが接続できるすべてのストレージを指定可能。もちろん、トランスコード機能もあるので、アイディア次第でどのような活用も可能です。単体で見ても統合されたMAMとしての多機能ぶりが際立つEdit Share社のFlow。非常に速い速度で進化をしているので、要注目のソリューションの一つです。

Edit Share
https://www.editshare.com/

Writer. Yousuke

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年9月17日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company