閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM 2016

制作機材の最新動向がここに。現地アナハイムからの熱狂レポート、会場の空気を切り取る動画レポートも多数!

24
Jan.2016
REPORT

NAMM 2016:ATV

Namm2016_3A-30

Rolandの創始者である梯氏が立ち上げた新々ブランドATV。今回のNAMM SHOWでは話題のドラム音源サウンドを実際に試聴することができました! 従来の電子楽器のような粒揃えや強く叩いたときの頭打ち感を感じさせない、圧倒的なダイナミックレンジをMike Snyder氏にデモいただきました。レスポンスの良さにもご注目ください!

aD5、出荷時は5キットのみながら、1年でモデルチェンジをするのではなく、楽器として長年使えるファームアップでのキットや機能追加をおこなっていく予定。詳細なSPECは非公開ですが、音源部のベースはPCMで全キットを国内で新規収録。5キットを半年かけてて収録したというこだわりよう。
Namm2016_3A-33

その優れたダイナミックレンジ再現のため、対応するPadは現在のところRoland、YAMAHA、DrumTechの3社のみをサポートしています。楽器が持つソフトとハードの要素を併せもった『アートウェア』として、楽器としての本質を追求するのがaD5のコンセプト。メイドインジャパンの筐体にも梯 氏の強いこだわりを感じられますね!
Namm2016_3A-32

writer : Takemoto

ATV

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年1月24日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    IBC 2019 : AJA Video Systems
    AJAからは数多くの新製品とアップデートが発表されました。
    IBC 2019:Neutrik
    高品位コネクタで知られるNeutrikは新製品DragonnflyやDante I/Oなどを展示。
    IBC 2019:RTW
    タッチスクリーンを搭載したオーディオモニタリング製品が有名なRTWはハード/ソフト両面での新オプションを展示していました。
    IBC 2019:Trinnov Audio
    音場補正のプロダクトを製作するTrinnov Audioは制作中のプロトタイプを展示していました。
    IBC 2019 : IP Showcase
    IP ShowcaseではST2110に対応した新たな映像圧縮コーデック「JPEG-XS」のプレゼンテーションが行われていました。
    IBC 2019:Stage Tec
    Stage TecはもともとNeumannで放送局向けにミキサーを作っていたひとびとがスピンアウトして出来た会社とのこと。
    IBC 2019:DirectOut Technologies
    今年のIBCではこのPRODIGYに新たなモデルが登場するとのことで、早速チェックして参りました。
    IBC 2019:LAWO
    特徴的な水色のイマージカラーで統一されたブース内に所狭しと製品が展示されていました。
    IBC 2019 : Tentacle Sync
    キモかわいいロゴが印象的なTentacle Sync。新興の小さなメーカーですが、Sync E(ジンキー)という優れたデバイスをリリースしています。
    初音ミク「マジカルミライ 2019」 in 幕張メッセ @ 8/30 ̵…
    年1回ではありますが、この”初音ミク 「マジカルミライ」”のレポートも徐々に定番化してきたのではないでしょうか? よろしければ、今年もお付き合いいただければと思います。 さて、今年で7年目の開催となる“初音ミク 「マジカ [……
    IBC 2019:Nugen Audio
    ホール7と8をつなぐ渡り廊下である「Pod」に出展していたNugen Audio。VisLM 2にアップデートがあり、Netflixの定める音声規格に則した測定ができるプリセットが追加で実装されました。画面でわかる違いと [……
    IBC 2019 : Soundwhale
    新興メーカーSoundwhaleは、遠隔地を映像と音声で結ぶソフトウェアを開発!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company