閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

23
Jan.2017
REPORT

NAMM 2017 Day4 : Tom Oberheim


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report

namm2017 Rock oN show report

まだまだ現役続行のシンセレジェンドの一人、Tom Oberheim。昨年はDave Smith Instrumentsとの共同開発OB-6で会場を沸かせましたが、今回は同社の原点とも言えるSEMやTwo Voice Proをじっくりと紹介していました。

昨年OB-6が話題になった時、Prophet-6と同タイプの筐体ながら、そのフィルターが注目されていたのは記憶に新しいですよね。
「SEMインスパイア」のステイト・ヴァリアブル・フィルターとして大きな話題になりましたが、そもそもSEMって何の事なのかご存知無い方に、簡単に説明をば。

namm2017 Rock oN show report

こちらはSEM PRO。SEM with MIDI to CVに21のパッチ・ポイントを搭載することでMIDI/CV/GATE機器との接続を可能とした最強バージョン。Tom Oberheim氏による直筆サイン入りです。

namm2017 Rock oN show report

こちらはセミ・モジュラーとして拡張性のあるSEM with Patch Panel。

はい、SYNTHESIZER EXPANDER MODULEの略称です。ではその”シンセ拡張モジュール”とは何か?時代はさかのぼり、moog minimoogとArp Odysseyがシンセサイザーの2台巨頭だった頃の話になります。簡単に言うとSEMはこの2台のアナログシンセのサウンドバリエーション面を補う為の音源拡張モジュールだったのです。そしてなぜそのSEMのフィルター部分が注目されているかと言えば、当時、シンセのVCFと言えば-24dB/Octが基本で、あまりフィルターによるサウンドバリエーションがありませんでした。そこでSEMはせっかく拡張するなら、違うサウンドをという事で-12dB/Octで、しかもマルチモードフィルターを搭載していたというワケです。

このあたりの話は以前ブログで紹介しておりますので、ご興味ある方はチェックしてみてください。

そして今回会場でこんなレアグッズを発見!

namm2017 Rock oN show report

この左のマシンはMAESTROというエフェクターブランドの製品で、Tom Oberheimが開発したフェイズシフター「PS-1」です。トップパネルのパラメーターはSLOW/MEDIUM/FASTの三つです。よくイタロハウスやディスコでシュワーっていってるやつです。中古相場で滅多にみないマニア垂涎の一品。音も滲みまくりでアナログサウンドのファンにはたまらないですね。右のマシンは同じくMAESTROのRing Modulator RM-1の特別なエディット品と思われます。昔のOberheimのロゴはやっぱりかわいい!

Writer:Shibuya

Tom Oberheim
http://www.tomoberheim.com/

20170126_namm2016

NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年1月23日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company