閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

23
Jan.2017
REPORT

NAMM 2017 Day4 : Tom Oberheim


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report

namm2017 Rock oN show report

まだまだ現役続行のシンセレジェンドの一人、Tom Oberheim。昨年はDave Smith Instrumentsとの共同開発OB-6で会場を沸かせましたが、今回は同社の原点とも言えるSEMやTwo Voice Proをじっくりと紹介していました。

昨年OB-6が話題になった時、Prophet-6と同タイプの筐体ながら、そのフィルターが注目されていたのは記憶に新しいですよね。
「SEMインスパイア」のステイト・ヴァリアブル・フィルターとして大きな話題になりましたが、そもそもSEMって何の事なのかご存知無い方に、簡単に説明をば。

namm2017 Rock oN show report

こちらはSEM PRO。SEM with MIDI to CVに21のパッチ・ポイントを搭載することでMIDI/CV/GATE機器との接続を可能とした最強バージョン。Tom Oberheim氏による直筆サイン入りです。

namm2017 Rock oN show report

こちらはセミ・モジュラーとして拡張性のあるSEM with Patch Panel。

はい、SYNTHESIZER EXPANDER MODULEの略称です。ではその”シンセ拡張モジュール”とは何か?時代はさかのぼり、moog minimoogとArp Odysseyがシンセサイザーの2台巨頭だった頃の話になります。簡単に言うとSEMはこの2台のアナログシンセのサウンドバリエーション面を補う為の音源拡張モジュールだったのです。そしてなぜそのSEMのフィルター部分が注目されているかと言えば、当時、シンセのVCFと言えば-24dB/Octが基本で、あまりフィルターによるサウンドバリエーションがありませんでした。そこでSEMはせっかく拡張するなら、違うサウンドをという事で-12dB/Octで、しかもマルチモードフィルターを搭載していたというワケです。

このあたりの話は以前ブログで紹介しておりますので、ご興味ある方はチェックしてみてください。

そして今回会場でこんなレアグッズを発見!

namm2017 Rock oN show report

この左のマシンはMAESTROというエフェクターブランドの製品で、Tom Oberheimが開発したフェイズシフター「PS-1」です。トップパネルのパラメーターはSLOW/MEDIUM/FASTの三つです。よくイタロハウスやディスコでシュワーっていってるやつです。中古相場で滅多にみないマニア垂涎の一品。音も滲みまくりでアナログサウンドのファンにはたまらないですね。右のマシンは同じくMAESTROのRing Modulator RM-1の特別なエディット品と思われます。昔のOberheimのロゴはやっぱりかわいい!

Writer:Shibuya

Tom Oberheim
http://www.tomoberheim.com/

20170126_namm2016

NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2017年1月23日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
SUPERBOOTH19 Day3:ZAHL
ZÄHLは今年もスペースシャトルの船内を模したスペースで密やかにブースを出展。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company