閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

26
Feb.2017
REPORT

Prolight + Sound 広州 : Others 1

Pro Audio、Laser、Light、そしてその他にも様々なステージエフェクトや製品開発のツールが集まるProlight + Sound Guangzhou 2017。ここではカテゴライズしにくい製品や、個人的におもしろいと思ったものをピックアップしてお届けします。

発泡緩衝材 Sealed Air

これは特に新製品というわけではありませんが、お目にかかれる機会も少ないと思い、撮影しました。

袋入り発泡材を使った緩衝材です。大きさも選べ、製品の形にぴったり沿った緩衝材ができるため、試作機やワンオフのオーダー品にも使えますね。Sealed Air社はこういった緩衝材を開発するグローバル企業で、世界に大きなネットワークを持っています。日本法人もあります。

DSC06542

これは見たことがある人もいるのでは?NewAir I.B.® Expressシステムは1分間に約20m分のエアクッションが作れます。


Sealed Air
http://www.sealedair-japan.com/

暗幕

DSC06495

暗幕専門店。もっともっとたくさんのバリエーションが欲しいです。

紙吹雪

DSC06496
DSC06498

CO2ガスを使って吹き出す紙吹雪やテープの専門メーカー。こういうのもあるんですね。紙吹雪は大きすぎても小さすぎてもだめ。演出や監督のイメージによって微妙にサイズを変えていくのだそうです。

トラス

DSC06647

Prolight + Sound Guangzhou 2017にはたくさんの舞台設営機材や部材が並びます。例えばこのトラスメーカーは曲線を生かした製品が魅力。できない形はない、とでも言わんばかりです。

DSC06644
DSC06645

この2つは別のトラスメーカーですが、やはり曲線が強調されています。

仮設客席

DSC06786

観客席まるごと、オーダーメイドで作れます。

禁断の…

ここからは禁断の「どこかで見たことあるぞ特集」。気のせいでしょうか、どこかで見たことがあるような製品がいくつかありました。とはいえ、去年と比べると今年は「似てる製品」の数が減っていました。何かが変わってきている、そう私は感じました。

DSC06607

黄色いウーファー。

DSC06738

DSC06736
DSC06737

とても立派なブース。中国では大手なのでしょうか。

DSC06560

ハイファイオーディオ?見る限りでは拡声器とカラオケボックス用のスピーカーですが…

DSC06559

マイクを持って歌っちゃってますね。

以上です。

ちなみに、昨年の「どこかで見たことあるぞ特集」MVPの記事はこちら。

prolight_i1
Writer. Tomita

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年2月26日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    AES2019 DAY3 : Metric Halo
    Metric Haloは、11年ぶりのアップデート!?
    AES 2019 Day3 : CRANBORNE
    これまでにも紹介したことのあるCRANBORNEというメーカー。改めてAES NY2019の会場で目にして魅力的な製品だと感じたので、記事にしたいと思います。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company