閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH19

09
May.2019
REPORT

SUPERBOOTH19 Arrival Report ~ Schneiders Laden -後編-

20190509_supuerbooth_arrival02_1390_856

superbooth19_index_bannar

通算4度目のSUPERBOOTHレポートのためにBerlinに降り立ったACID渋谷。いよいよ始まるSUPERBOOTH19に先駆けて、SUPERBOOTH主催者のSchneiders氏のお店であり、ベルリン・モジュラーシーンの要であるSchneiders Ladenを訪問しました!

いよいよ後編では第3の間へと潜入。その模様をぜひご覧ください!

ついに真打の第3の間へ!

では真打の第3の間を見てみましょう。開放的な窓とスペースが広く取られた第3の間ではワークショップも木曜日に開かれています。

20190507SB19_arrival_1_4_

20190507SB19_arrival_1_5_

モンスターケースに収められた芳醇なアナログサウンドに定評があるACLを中心としたモジュール類とPolyendのシーケンサーSEQの姿が!

20190507SB19_arrival_1_6_

20190507SB19_arrival_1_49_

20190507SB19_arrival_1_50_
20190507SB19_arrival_1_35_

そして赤い絨毯が引かれた段を上がるとEndorphin.es Shuttle Systemや日本ではなかなかお目に掛かれないInstruoのモジュラーなどがセットアップ!

壁に掛けられたアートもナイスです。イタリアのシンセブランドGRP SYNTHESIZERのモジュールもあるのがすごいですね。

20190507SB19_arrival_1_11_

20190507SB19_arrival_1_12_

20190507SB19_arrival_1_47_

20190507SB19_arrival_1_46_
20190507SB19_arrival_1_48_

いよいよ第4の間へ!

続いて第4の間へ。写真の左側のドアが第4の間へ、右側が第2の間へ続いています。

20190507SB19_arrival_1_19_

第4の間では人だかりが出来ていて、なんだろな〜と思い近寄るとROLI SEABOARDみたいなキーボードがあり、何やらぶっといアルペジオサウンドが鳴っていました。しかしよく見るとそれはROLIではなく、なんとあの話題沸騰中のSH-101インスパイアシンセ「SUPERLATIVE SB-1/Space Bee」でした!

SB-1

極薄の筐体に黒すぎないマットなブラックのボディ、はっきり言ってめちゃくちゃ格好良かったです!あまりの薄さとスタイリッシュさに本当に一瞬ROLIかと思いました。これだけは写真はまだやめてねと言われたので撮りませんでしたが、SUPERBOOTH19での正式お披露目が楽しみです。しっかり撮影してきますので是非レポートに期待しててくださいね!

20190507SB19_arrival_1_57_

20190507SB19_arrival_1_54_

この部屋は真ん中のデスクにJOMOX ALPHA BASSやOTO MACHINESなどデスクトップ系のシンセやリズムマシン、そしてエフェクターがセットアップされ、また窓際にはぎっしり詰まったユーロラック、ステージ上にはOberheimやMOOG Grandmotherなど鍵盤シンセ、そして壁際にインドのペダルブランドAnimal FactoryのペダルやKNAS Ekdahl Moisturizer Spring reverbなどがセットアップ。そして入り口側には乾いた喉を癒すバーカウンンターがあります。試奏に熱中して喉が乾いたら店員さんに飲み物をくださいとお願いしてみましょう。お水やコーラ、コーヒーなどを飲ませてもらえます。ドネーションを忘れずに!

20190507SB19_arrival_1_61_
20190507SB19_arrival_1_64_
20190507SB19_arrival_1_45_
20190507SB19_arrival_1_33_

いかがでしたでしょうか?これがベルリンのシーンを支えるお店です。働いているスタッフは総勢30人にもおよび、ショールームと呼ばれる店舗でデモンストレーションをする人やウェブマーケテイング、リペア・サポート、ロジスティクスなど複数の部署に分かれているそうです。

お店から歩いて五分くらいのところにもオフィスがあるとのことで、本日はそこから日本人スタッフのシンスケ・スギタニさんがやってきて色々と教えてくださいました。

20190507SB19_arrival_1_70_
 
皆さんもベルリンにお越しの際にはぜひ遊びに行ってみてください!

世界でもここでしか見られない商品や圧倒的な知識を持つスタッフさんに刺激をもらえると思います!

最後にDJI Cosmo pocketを使って店内を歩き回った動画を作りました。少しでもお店にいる感覚を味わって頂けたらと幸いです。

(初めて触ったため非常に下手な動画になってしまいましたが、お許しください!) 

ではSUPERBOOTH19レポートをお楽しみに!

20190507SB19_arrival_1_51_

Writer. ACID渋谷

Schneiders Laden
https://www.schneidersladen.de/de/ 

 

  

  

 

 

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年5月9日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company