閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

12
May.2019
REPORT

SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O

20190509SB19_1DAY_91

ブリストルで誕生したばかりのフレッシュなシンセサイザーメーカーU・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表。KORGやELEKTRONなどの大型ブースが並ぶ注目スペースにいきなりの登場で期待が高まります。ディレクターのGeorge氏はイギリスのハイエンドシンセブランドModal Electronicsのシンセのサウンドエンジン部分の開発にも携わったとのこと。さらにこのSUPER6のインダストリアルデザインにはかの神シンセNEURONでおなじみAxel Hartmann氏も関わっています。今回のブースの設置場所についても、「SUPER6は注目に値するシンセである」という彼の助言があったそうです。

こちらのSUPER6は12VOICE POLYPHONIC BINAURAL ANALOG-HYBRID SYNTHESIZER WITH SUPER-WAVE TECHNOLOGYという名前がついています。 多くのリバイバル品が発表されている中でこのSUPER6はシンセの新しい可能性に目を向けています。SUPERBOOTHに出展されているシンセのオシレーター部分はVCOが多いですが、SUPER6はDDS(DIRECT DIGITAL SYNTHESIS)と書いてあり、FPGA動作によるデジタルオシレーターが搭載されていました。DDS1には基本波形に加え、ウェーブテーブルも搭載。そしてそこにアナログのVCF/VCAを組み合わせたハイブリッドシンセになっています。エフェクターもDSPではなくFPGAです。まだエフェクター部分は未完成でしたのでサウンドは聴けませんでしたが、非常に興味がありますね。

20190509SB19_1DAY_93
20190509SB19_1DAY_94

またボイス構成も非常に特徴的です。12ボイスがオシレーターの段階から6個ずつ左右に振り分けており、シグナルパスが始めから完全にステレオになっているのが特徴です。左右のボイスは音楽的な豊かさをもたらすために僅かな差があり、空間表現が非常にユニークです。コーラスとも違う非常に涼やかな音の広がりを聴くことができます。BINAURALモードではシンプルなデチューンやPWM一つとっても、とてもゴージャスで生き生きとしたサウンド変化が感じられました。もちろんボイスのアサインは設定で変えられます。モノフォニックなベースなどパワフルなサウンド時には「SOLO」だったり、オシレーターシンク系の派手なリードなら「UNISON」など選択できます。

20190511SB19_3DAY_17

20190511SB19_3DAY_18

日本人プロダクトスペシャリストのAyumu Suzuki氏とディレクターのGeorge Hearn氏にデモンストレーションをお願いしましたので、早速見てみましょう!動画冒頭でも言われていますが、まだプロトタイプなのでエフェクトセクションなどは動作していません。ドライなサウンドをチェックしてみてください。またBINAURALモードのボタンは点灯していませんが、BINAURALモードになっています。

20190511SB19_3DAY_27

入出力も必要十分なものになっています。
20190511SB19_3DAY_23

20190511SB19_3DAY_25

カラーリンは爽やかなブルーとマットなブラックの二種類。価格は2300ポンドで冬前に発売を目指しているのことでした。期待して待ちましょう!ステッカーや名刺などデザイン全て非常にハイセンスなU・D・O、要注目です!

20190509SB19_1DAY_95

20190511SB19_3DAY_20

20190509SB19_1DAY_89
20190509SB19_1DAY_90

Writer:ACID渋谷

U・D・O
http://udo-audio.com/


この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年5月12日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
SUPERBOOTH19 Day3:ZAHL
ZÄHLは今年もスペースシャトルの船内を模したスペースで密やかにブースを出展。
SUPERBOOTH19 Day3:Arturia
大人気のmicrofreakやPigmentを始めMatrixBruteやRackBruteなどが展示されとても華やかな雰囲気でした。
SUPERBOOTH19 Day3:DOEPFER
「Dark Energy」のベースになったA-111-5の後継A-111-6を展示!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company