閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
REPORT

国内外のあらゆるイベントをいち早くレポート! またブランドや製品誕生の秘話に迫るDEEPなインタビューを掲載!

12
May.2019
REPORT

SUPERBOOTH19 Day3:ZAHL

20190510SB19_2DAY_75

ZÄHLは今年もスペースシャトルの船内を模したスペースで密やかにブースを出展。35年以上の歴史に裏打ちされたサウンドはアーティストやエンジニアから熱狂的な支持を受けていますが、このAM1はそれだけではありません。柔軟なミックスバスに加え外部からの4つのCVインプットやエンベロープフォロワーを搭載するという、ミキサーコンソールとしては非常に珍しい特徴を持っています。サウンドでもでは一つのトラックにキックの四つ打ちが入力され、もう一つのトラックにはオシレーターがそのまま入力されていました。キックのタイミングでENGを動かしてオシレーターの音に周期的なフィルターをかけたり外部の空間系エフェクターへのセンドの量をCVで動かしたりで、面白いことにミキサーを使ってダビーなフレーズを次々に生み出していました。本当の意味で制作にがっつり使えるミキサーとしてもは楽器のような表情も見せてくれました。

20190510SB19_2DAY_66

20190510SB19_2DAY_70

20190510SB19_2DAY_77

20190510SB19_2DAY_76

フィールドレコーディング、自分のループ素材、それらを入れて弄るだけで実験的なサウンド生成にのめり込むことができる不思議なミキサーです。まさにRhythm & SoundのMark Ernestus好みの一品です。

20190510SB19_2DAY_68

Writer:ACID渋谷

ZÄHL ELEKTRONIK-TONTECHNIK
http://www.zaehl.com/


この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年5月12日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company