閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR

07
Apr.2021
Rock oN
  • HOME
  • Rock oN
  • モニタースピーカー間違いなしの推薦モデル!DTM初心者にオススメの安くて高音質な選び方【2021年版】

モニタースピーカー間違いなしの推薦モデル!DTM初心者にオススメの安くて高音質な選び方【2021年版】

モニタースピーカー間違いなしの推薦モデル!DTM初心者にオススメの安くて高音質な選び方【2021年版】

皆さんは音楽制作をして、こんな経験をした事はありませんか?

モニタースピーカー


自分で作った音源を友人に送ったら、歌がよく聞こえないと言われた・・・
YoutubeやSoundcloudに音源をアップしたら。低音が少ないと言われた・・・
ヘッドホンで聞くとステレオ感が感じられたのに、スピーカーだと広がりが狭く聞こえる・・・
人の曲に比べて自分の曲はいつもモコモコした音になってしまう・・・

などなど、自分が制作中に聞いていた音と違う鳴り方をしてしまった、という経験があるかと思います。

その原因として、音楽制作時に正確なモニターで音量や音色、広がりを確認できていないためという事が考えられます。

イヤホンやヘッドホンじゃダメなの?

最近ではイヤホンやヘッドホンでミックスをされている方も多く、制作に集中したい時には大変便利です。また、住宅事情でなかなかスピーカーで音を出してミックスができないという方も多いかもしれません。ヘッドホンは確かにピンポイントの音の確認や細かいノイズをチェックをしたりには向いているのですが、音の定位や奥行きまで確認するには不向きなのです。

スピーカーは耳までの間に数十センチ〜数メートルという距離があるため、左右スピーカーそれぞれの音が空気で混ざり合い、耳まで届きます。しかしヘッドホンは耳に小さなスピーカーがべったりと接近しているような状態なので、左右スピーカーが完全に分離されて聞こえます。スピーカーとヘッドホンの最大の違いは音が耳に入るまでの距離で、音の広がり、奥行き感を確認するのにはスピーカーが適しているのです。

モニタースピーカーとは

モニタースピーカー

実は一般的に自宅で音楽を楽しむオーディオスピーカーというものは、「気持ちよく音楽を楽しむ」ために高音が派手に聞こえたり、低音が強調されるように作られたスピーカーがほとんどです。「ドンシャリ」という言葉は、低音のドンドンという音と高音のシャリシャリ音が強調されている音を差しますが、そのような一部の周波数帯域が突出したり引っ込んだりしたスピーカーで音楽制作をすると、それ以外のスピーカーで聞いた時に低音と高音が少ない、モコモコで地味なサウンドになってしまうのです。

モニタースピーカー

そこで、自分の作った楽曲がどんな環境で再生されても大きな誤差が生じないように、正確なボリューム判断、音色の判断、広がりや奥行きを判断するために必要になってくるのがモニタースピーカーです。アンプ内蔵のモデルを「パワード・スピーカー」、アンプを別途用意するモデルを「パッシブ・スピーカー」と呼び、ここでは初心者にも扱いやすいパワード・モニター・スピーカーを取り上げます。

モニタースピーカーは原音に忠実に、色付けなく再現できることを目的に作られていますので、ハイクオリティな音楽制作には必要不可欠なアイテムです。とかく後回しにされがちなモニタースピーカーですが、一度自分に最適なスピーカーを選ぶと音楽制作に劇的な変化をもたらすだけでなく、これまで聴いてきた音楽の中からも多くの発見が得られる事でしょう!

初心者にオススメの安くて高音質なスピーカーの選び方

1. 部屋の広さ(6~10畳)
DTM初心者環境として最もポピュラーな 6畳から10畳くらいの広さでデスクトップに置いて使うシーンを想定しました。

スピーカーの難しいところは、それぞれの環境や設置する位置によって聞こえ方が変わってくることです。個人宅では近隣への配慮が特に必要で、もし大型のモニタースピーカーを購入したとしても、そのポテンシャルを発揮させる音量まで上げて使うには、それなりの防音&調音された部屋が必要です。設置する部屋が6畳ほどのワンルームなら、小さい音量でも最適な働きをする小口径スピーカーを選ぶ方がむしろ十分その能力が発揮できます。

2. 予算(3~5万円)
どんな機材選びでも重要なのは予算。安ければ安いほど嬉しいですが、今回はコストパフォーマンスの高い価格帯といえる3万円から5万円のモデルに的を絞り、その中で最もオススメできるスピーカーを5モデルご紹介します。

3. スピーカーのサイズ(5インチ)
デスクトップに置きたいのでコンパクトサイズを選びたい所。しかしスピーカーサイズが小さくなるほど低音が正確に再生できなくなり、かといって7インチや8インチなどのサイズでは、ある程度のボリュームを出さないと低音のバランスが悪くなります。そこで確実にオススメできるのが5インチモデルです。大音量を出さなくても低音がしっかり確認でき、スピーカースタンドやインシュレーターなどで、スピーカーの正しいリスニングポイントが作りやすいのも重要です。
➡️すぐできる正しいモニタースピーカーの設置方法 ー少しの調整で大きな効果!ー

4. 用途で選ぶ
正確なモニタースピーカーとはいっても、ウーハーやツイーターの材質、パワー・アンプ、本体の形状・剛性・重さ、バスレフポートの位置、ネットワーク回路の仕様など、メーカーやモデルによって音のピントの合い方や音色の傾向が明らかに違います。予算が許せば300万円以上するモニタースピーカーをオススメしたい所ですが、5万円以内となれば妥協点が必要になってきます。そこでレコーディング/ミキシングエンジニア指向であればフラットな特性と解像度の高さが際立ったモデル、クリエイター指向であればサウンドにパワーを感じるモデル、クラシック指向なら広がりや奥行き感、プロデューサー指向なら平均点の高いモニタースピーカーなど、自分に合った用途で選ぶのがお勧めです。

5. 実際に試聴して選ぶ

モニタースピーカー

前述したスピーカー本体の特性だけでなく、もう一つ重要な要素としてスピーカーの設置環境があります。 スタジオのように整えられた音響環境で再生するのと、自宅のDTM環境で再生するのでは同じスピーカーでも音が違ってくるのです。スピーカー後ろの壁の反射で低音が増幅されたり、スピーカー左右の壁が高音を反射して不正確なサウンドになってしまうため、実際に自分の制作環境でスピーカーを試してから購入するというのがベストです。しかしそれは難しいと思いますので、今回は初心者DTM環境に近い「部屋のコーナー壁ギリギリにスピーカーを設置」というセッティングを行いました。スピーカーの再生音響特性が計測できるキャリブレーションソフト Sonarworks Reference 4 を使い、その測定データを元に各スピーカーの得意ジャンルに迫りたいと思います。

モニタースピーカー間違いなしの推薦5モデル

Rock oN リファレンスルームで70種類以上のモニタースピーカーを試聴してきた私が、初心者の方に自信を持ってお勧めするモデルはこちらです。

モニタースピーカー

モニタースピーカーの試聴に使用した音源

モニタースピーカーの音を確認する時は、聞き慣れた音源を聞き慣れたボリュームで何曲か再生すると判断しやすいです。今回はリスニングポイントで65デシベルになるようにして試聴しました。低域からローエンドの確認、中高域からハイエンドの確認、音のピントの合い方、音の奥行きや左右の広がり、それらを確認するのに役立つ5曲をご紹介します。


Bruno Mars – 24K Magic

周波数レンジと左右の広がりが大きく、クリアーでパキッとしたミックスはスピーカーの各帯域の解像度を確認できます。スピーカーがこのパワーに溢れたミックスをどう再生するのか、いつもこの曲からチェックしています。シンセとコーラスの広がり方、キックのアタック感、キックとベースが混ざって濁らないかなど、聞きどころ満載でスピーカーリファレンスにうってつけの曲です。


Ariana Grande – break up with your girlfriend, i’m bored

この曲はなんといってもベースのローエンドが命。極低音がどんな感じで再生されるのかチェックするのに良い音源で、低域がブーミーなスピーカーではサウンドが破綻します。スピーカーはバスレフポートが前にあるタイプと、後ろにあるタイプとありますが、後ろのタイプの低音が壁に跳ね返って濁っていないかなども確認できます。


Norah Jones – Don’t Know Why

ボーカルのセンター定位と奥行き、声の太さをチェックするのに良いです。定位が良いスピーカーではボーカルが前後左右の中心にピッタリ定位して聞こえ、中域の解像度が高いとノラジョーンズが目の前にいるように聞こえます。スネアドラムをブラシで叩く繊細な音の表情も要チェックです。ちなみにこの音源は、高性能なDACで試聴するとボーカルがわずかに歪んで録音されている事が分かります。


Yo-Yo Ma – Bach: Cello Suite No. 1 in G Major, Prélude

ダイナミクスレンジの大きい生楽器などは、スピーカーの奥行き感をチェックするのに役立ちます。チェロの躍動感がきちんと再生されているか、そして弓が弦をこする時のノイズが瑞瑞しいか確認します。リバーブが深いので、左右の広がりをチェックするのにも良いです。

SCFED IBE – Speaker Reference Track

スピーカーやヘッドホンの試聴用に作った音源です。キックのローエンドもしっかり入っていてベースの低音も多め。その上に歪みギターが壁気味に入り、さらにシンセも上に乗っています。全帯域でハイコンプなこの曲を再生すると、スピーカー特性にピークがあった場合にすぐに分かります。ちなみに音源の中にはUJAMのVirtual Drummer HeavyVirtual Guitarist IRONを使って、ミックスはiZotope Neutron3 Advancedのミックスアシスタントと、Ozone 9 Advancedのマスターアシスタントに仕上げてもらいました。

お勧めのモニタースピーカーその1:YAMAHA MSP5 STUDIO

モニタースピーカー

ニアフィールドモニターに求められる原音に忠実な再生能力を徹底的に追求

NS-10M STUDIO 開発チームが、現代のスタジオワークに向けて開発したヤマハスタジオモニター最上位機種MSPシリーズ。ニアフィールドモニターに求められる原音に忠実な再生能力が徹底的に追求されています。このMSP5 STUDIO は、様々なフィールドで高い評価を獲得しているパワードモニタースピーカー MSP5A の後継機種になります。キャビネットの形状から細部に至るまでユーティリティやデザイン等を大幅に向上。昨今のハイビット録音・マルチメディアコンテンツ制作等レコーディングスタジオの制作作業の中心となり、より高品位なニアフィールドモニターのニーズが益々高まっている中、プロ用スタジオモニター設計のノウハウと技術を惜しむことなく投入し、フラッグシップにふさわしい圧倒的な完成度を実現しました。


この YAMAHA MSP5 STUDIO は、プロユーザーにも愛用者の多い定番中の定番モデル。本体の質量は1本あたり7.9kgと重く、それが本体の振動を抑制して、高い解像度と正しい音像を提供してくれます。ミックス、マスタリングにも信頼して使えるので、迷ったらこれを買っておけば間違いありません。

モニタースピーカー

YAMAHA MSP5 STUDIO 計測結果

今回の「壁ギリギリ部屋の角」というセッティングでは、どのモデルも75Hzと150Hz付近にピークが生まれ、300〜600ヘルツ近辺にディップが生まれました。この環境特性で試聴した感想をお伝えします。
MSP5 STUDIOは60Hzから下がロールオフしていて、それが聴感上もスッキリしたサウンドとして分かります。低域が足りないと感じたので、本体背面の60Hzを1.5dbブーストするスイッチをONにすると、楽曲のボトムがしっかり確認できるようになりました。10kHzから上もロールオフしていますが、これは聴感上気にならず綺麗な高音です。解像度が高くクリアーで、Bruno Marsの曲は各パートの音が立体的、Norah Jonesの歌はど真ん中にピタリと定位するのが感動的です。解像度の高さは今回の5モデルの中で抜群で、とにかく正確なサウンドを求めるミックス/マスタリング向きのモデルです。

YAMAHA
MSP5 STUDIO(1ペア)
¥49,764
本体価格:¥45,240
499ポイント還元

お勧めのモニタースピーカーその2:JBL 305P MkII

モニタースピーカー305pmk2

ドライバーに改良を施し再現性能が大幅に進化した、 パワード・スタジオモニター

JBLの独自技術を惜しみなく投入し、正確なモニター性能を提供。高域には、最上位スタジオモニター「M2」のために開発した、イメージコントロールウェーブガイドを搭載。音像の再現に優れ、スピーカーの外側に延びるほどの広いステレオ音場を再生します。

中央の音像はこれまでになく明確になり、音場の奥行きや音像の大きさを的確に把握できます。細部の描写能力も高まり、高密度のミックスの中でも音源の微妙な変化や音場の空気感を伝えます。リスニングポイントが広いため、スピーカーの軸外でも音質やバランスを正確に決定可能です。また、設置する部屋の形状や容積が異なっても優れたモニター性能を発揮できるよう LSR(Linear Spatial Reference) 設計を採用。スピーカーの周囲 360 度にわたり、直接音、反射音、残響音場に関する 72 もの測定を行い、出力性能を最適化しています。


このスピーカーは価格が飛び抜けて安いのも特徴ですが、驚くのはその実力。Rock oNリファレンススタジオでお客様と何度も試聴する機会がありましたが、スピーカースタンドに載せて、ある程度のボリューム(75dbくらい)を出した時、10万円程度のスピーカーに匹敵する性能を発揮します。価格を知らないで試聴して、価格を知ったとき皆さん驚きの声を上げる、そんな価格破壊力も高いモニタースピーカーです。

モニタースピーカー

JBL 305P MkII 計測結果

部屋の角でスピーカーと壁が10センチも空いていない今回のセッティングにより、背面バスレフポートから出た音が壁に反射する影響を受けています。特に80ヘルツ近辺で、右スピーカーと左スピーカーの周波数ピークがバラついていますので、壁とスピーカーの間を30センチくらい離したり、吸音材をスピーカー後ろに設置すると改善されると思います。今回は低域がブーミーに感じたので、本体背面のイコライザースイッチ70Hzを 1.5db カットするとスッキリと聴きやすく改善されました。Ariana Grandeの極低音がとても良く分かります。しかしこのモデルの最大の特徴は「臨場感」。Yo-Yo Maが演奏するチェロの臨場感は他機種の群を抜いており、奥行きと深いリバーブが心地よく、弦の擦音が感じられる解像度もあります。Norah Jonesは歌がスピーカーの向こうに少し引っ込みましたが、その空間で歌っているような臨場感があります。JBL最上位スタジオモニター「JBL M2」のサウンドを聞いた時は、至上の立体感でプレイヤーがそこにいるかの様な体験でした。305P MkIIはM2の遺伝子を受け継いだ奥行き感が素晴らしく、特にクラシック音大生やジャズ畑の方にオススメです。DTMで管弦楽やジャズを極めたい初心者にはこのモデルがオススメです。

JBL
305P MkII 1ペア
¥26,400
本体価格:¥24,000
1ポイント還元

お勧めのモニタースピーカーその3:ADAM T5V

モニタースピーカーt5v

アーティストをその気にさせるADAMサウンドを見事に継承したエントリーモデル

T5Vは 45Hz まで伸びた低域再生能力を持ち、新たに開発されたU-ARTツイーターは 25kHz までの高域が再生可能です。U-ARTツイーターには、ADAM AudioのフラッグシップSシリーズモニターでも使用されているHPS(High-frequency Propagation System)と同様のウェーブガイドが使用されており、高域における均一な放射特性が実現されることで、非常に広いスイートスポットを提供します。これにより、限られたリスニングポジションに縛られることなく、自由に作業を行うことができます。フロントに面取りが施されたキャビネット背面にはバスレフポートがついており、そのコンパクトなサイズによって、スペースの限られた場所でも問題なく使用することができます。クロスオーバーとイコライジングは内蔵されたDSPによって制御され、入力部にはRCAとXLRのアナログ接続が用意されています。ウーファー用の50WクラスDアンプとU-ARTツイーター用の20WクラスDアンプを搭載したT5Vは、ペアで最大106dBのSPLを再生可能です。優れた音響特性、コンパクトなサイズ、そしてその並外れたコストパフォーマンスにより、音楽、映像、放送制作における小規模なコントロールルームでの使用に最適です。


ADAM Audioといえば ハイエンドモデルのSシリーズAXシリーズで有名ですが、価格もプロフェッショナル向けでDTM初心者には到底手の出せない価格帯です。そのハイエンドなテクノロジーをエントリーモデルに落とし込んだTシリーズは、ADAMを知る人ならば必ず驚くリーズナブルな価格。驚くのは価格だけでなく、パワフルなADAMサウンドを見事に継承しており、いまや全世界で大人気のモデルとなりました。

モニタースピーカーt5v

ADAM T5V 計測結果

5kHzから10kHzのピークが特徴的で、U-ART(Unique Accelerated Ribbon Tweeter)高域ドライバーの煌めきが数値に表れました。Speaker Reference Trackを聞くとハイハットがよく聞こえて全体的にサウンドが明るくなり、Norah Jonesは歌がスピーカーのほんの少し前面に出てくる感じ、そしてYo-Yo Maのチェロはリバーブ左右の広がりが増しました。そしてADAMサウンドは高域の見え方が秀逸なだけでなくローエンドもよく見えて、 Ariana Grandeのベースが余裕で聞こえます。ローエンドが元気ながらも Bruno Marsのキックとベースの分離が良く、それぞれのアタックも感じられます。T5Vは同社AXシリーズよりもツイーターが控えめになった印象ですが、今回比較した他の4機種に比べて高域・低域ともにキレがあり、ADAMらしい「前に押し出してくるサウンド」です。この押し出し感はミュージシャンの創作意欲とテンションを盛り上げてくれるので、テクノやEDMをはじめとしたキックが重要なダンスミュージック、打ち込み系ロックにオススメです。ADAM T5Vはモニタースピーカーの必要条件を押さえつつ、ガッツのある音で曲をどんどん作りたいアーティストにオススメです。

ADAM AUDIO
T5V (1Pair)
¥39,600
本体価格:¥36,000
594ポイント還元

お勧めのモニタースピーカーその4:KRK RP5G4

モニタースピーカーrp5g4

KRK ROKITパワードスピーカーが第4世代に進化したRP5G4

KRKは RP5G4 (ROKIT G4) の開発にあたり、2016年にリリースされた上位モデル「Vシリーズ4」のルックスとサウンドを目標にしました。その結果、過去30年以上にわたって上位モデルに採用されてきたKevlar®製ドライバーを初めて採用。その剛性と強度の高さにより最高品質のオーディオを再生することで知られています。そして洗練された低共振スピーカーエンクロージャーは、新たに設計されたフロントバスレフポートによりローエンドの精度、明瞭さ、拡張性、パンチ、柔軟な部屋の配置を実現。高密度のオープンセル音響アイソフォームパッドにより、振動の伝達が最小限に抑えられ明瞭さが向上。システム全体に調整された流体力学により、あらゆるボリュームで一貫した空気圧挙動が得られ、これまでにないクリアで、広く、深く、ダイナミックなサウンドを実現しました。さらにVシリーズ4同様にDSPを搭載し、25通りの設定を備えたDSP駆動のグラフィック・イコライザーがルームアコースティックの調整に役立ちます。


KRKのスピーカーといえば黄色いコーンがトレードマーク。5年前くらいまでROKITシリーズは「低音がよく出るスピーカー」として知られ、海外のスタジオで見かける割合が多かったのですが、今回の試聴で この5年間私が思い込んできたROKITの低音のイメージが完全に払拭されました。DTM初心者であれば何の先入観もなく選べると思いますが、音楽制作歴が長い方には 「ROKIT G4かなり良いですよ」 と声を大にしてお伝えしたくなりました。機材部屋でスピーカーは結構目立つので、白のモデルがあるというのも嬉しいですね。

モニタースピーカーrp5g4

KRK RP5G4 計測結果

今回計測した5モデルの中で一番フラットな結果となりました。プロ御用達モデルとして先に紹介したYAMAHA MSP5 STUDIOに比べると、左右の広がり感やサウンドのピントが少し甘く感じますが、YAMAHA MSP5 STUDIOよりもローエンドの再生能力が高いです。RP5G4はSpeaker Reference Trackを試聴した際には情報量の多さをフラットに再生できつつも、サウンドの熱さが伝わってきました。Bruno Marsではキックとベースが濁らず、Ariana Grandeのベースは余裕ながら誇張されていない自然なローエンド。押し出し過ぎず引っ込み過ぎず、とてもバランスの良いモニタースピーカーだと思います。ボリュームを小さめにして50dbで聞いても低音が良く分かるのは、自宅DTM環境には強い見方です。高い解像度を持つYAMAHA MSP5 STUDIOと ADAM T5Vのローエンドの再現性、そんな両者の中間を狙ったようなモニタースピーカーです。やる気が出るサウンドのパワー感と、正確なミックスを可能にするフラットな特性、この絶妙なバランス感には中々出会えないのではないでしょうか。曲を楽しく作りたいしミックスも真剣にやりたい、そんな欲張りなアーティストにオススメのモニタースピーカーです。

KRK
RP5G4(1ペア)
¥39,600
本体価格:¥36,000
594ポイント還元
KRK
RP5G4 WN(1ペア)
¥39,600
本体価格:¥36,000
594ポイント還元

お勧めのモニタースピーカーその5:TANNOY GOLD 5

モニタースピーカーtannoy-gold5

歴史的遺産が息づいたTANNOY同軸スピーカーの最新作

1926年、英国ロンドンでガイ・R・ファウンテン氏により設立された、世界で最も古いラウド・スピーカーブランドであるTANNOY。1947年に同社が発明した同軸2ウェイユニット「デュアル・コンセントリック・ドライバー」は20年の進化を経た1967年、Monitor Gold Dual Concentricシリーズとして成功を収めました。このデュアル・コンセントリック・ドライバーを搭載したTANNOYスタジオモニターは当時世界最高との評価を受け、Abbey Road Studio 2やAIR Studios、Decca Studiosに採用され、1970年代、80年代のキープレイヤーとして数え切れないほどの伝説的な名曲を生み出しました。そして今、この伝統あるドライバーに改良を加え、現代におけるスタジオワークの厳しいニーズに応えるため生み出されたのが、TANNOY GOLDシリーズです。GOLDの優れたパフォーマンスの核心はやはり、独自のデュアル・コンセントリック・ドライバーを進化させ、滑らかなベース音とダイナミックなアタックを実現した最新のドライバーです。自然界の全ての音は点音源として発せられるためスピーカーも点音源である事が望ましく、デュアル・コンセントリック・ドライバーでは高周波ユニットがウーファーの中央に配置され、点音源が音響的に再現されています。これにより低域と高域が均等に拡散され、正確な定位や奥行きを幅広いスイートスポットで再生することが可能になります。


これまで同軸スピーカーは高価格帯という印象がありましたが、GOLDシリーズは非常にリーズナブルな価格設定。TANNOYの同軸に関する歴史的なデータと、深いノウハウの詰まった最新スピーカーがペアで4万円台から手に入ってしまうのです。GOLDは伝説の再現ではなく新たな伝説の始まりとして、あらゆるプロジェクトで信頼できるリファレンスモニターになる事でしょう。

モニタースピーカーgold5

TANNOY GOLD 5 計測結果

計測結果はYAMAHA MSP5 Studioに近く、そこにローエンドが補強された印象です。今回の試聴環境では Ariana Grandeのベースが誇張され、Bruno Mars や Speaker Reference Track のキックとベースの音が濁って聞こえたため BASS ADJUST スイッチを-4dbにした所、低音が改善されてとても聞きやすくなりました。デュアル・コンセントリック・ドライバーによる音のまとまり感は秀逸で、左右の広がりと奥行き感を表現できながら、上下の真ん中にセンターの焦点を感じる感覚は同軸ならではの位相の良さといえるでしょう。オールラウンドなジャンルに対応できる平均点の高いモニタースピーカーで、プロデューサー指向の方にはこのTANNOY GOLD 5がオススメです。

1ペア価格:¥44,000(税込) 現在入荷待ち中 ※価格は変更となる場合があります

5つのモデルの計測結果をスライドで比較

1-msp5
gold5
305p
t5v
rp5g4

ご紹介した5つのモデルの計測結果をスライドで比較できるようにしました。このデータは初心者DTM環境に近い「部屋のコーナー壁ギリギリにスピーカーを設置」という環境を想定して計測した限定的なデータです。全ての環境でこの特性になる事はありませんので、あくまで参考データとしてご活用ください。この記事であなたにピッタリのモニタースピーカーが見つかりましたら幸いです!

モニタースピーカー関連記事



mailmagazine_tube

記事内に掲載されている価格は 2021年4月7日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

iZotope Spire Studio Gen2をスタジオノアさんで実際に試し…
予約受付中の話題のレコーダーiZotope Spire Studio Gen2を、名物スタッフが実際に試してみた!
Avid対象製品を買うとプラグインが破格で買える”MASSIVE P…
掘り下げ 第2弾では、AVID S1 と Soundtoys 5 Bundle をピックアップしてご紹介!
SL88/73 “Vintage ElectricプラグインR…
コンパクトなボディに88鍵のFATAR製木製鍵盤を搭載した"SL88 GRAND"、ハンマーアクション鍵盤搭載のMIDIキーボード・コントローラ73鍵、88鍵。
歴史を塗り替え現代に復活した名機 SEQUENTIAL Prophet-5 (R…
在庫入荷!歴史を塗り替えた現代の名機が完売になる前に手に入れてください。
Vienna InstrumentsのSpecial Edition/Smart…
楽曲制作やサウンドトラックに、世界最高峰のクオリティを提供するソフト音源Vienna Instrumentsの、Special Edition/Smartシリーズが最大40%OFFになる「Easter Special」キ [……
OYAIDEから 美しく魔力的な 最高級電源ケーブル VONDITA-X 発売!
「妖艶なる音色」をコンセプトに開発された最高級電源ケーブル VONDITA-Xが発売されました!
Focusrite ISA 828 MkIIを買うとデジタルオプションカードIS…
4/30まで期間延長!ISA 828MkIIを購入で多彩なデジタル出力を追加できるオプションカードが!
SENNHEISERハンドヘルド型ダイナミックマイクe 835/e 835-S …
限定数に達し次第キャンペーン終了となりますのでお見逃しなく!
Universal AudioのApolloデスクトップ製品を対象にした「Des…
6/30まで!対象製品にApollo Twin MkII QUADも追加!最大$1,095相当のバリュー!
RODEが次世代のワイヤレスマイクシステム「Wireless GO Ⅱ」を発売!
2つの音源を同時録音できるデュアルチャンネル対応ワイヤレスマイクシステムに進化!
幻のビンテージ・シンセ18機種をキャプチャーした SONICCOUTURE / …
幻のビンテージ・シンセで世界の名曲をシンセアレンジしてみた!
NEUMANNモニタースピーカー自動補正システム MA 1 ~サウンドエンジニア…
正確なモニター環境の定義、正確なモニター環境を構築する場合の注意点とは?
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company