本サイトでの Cookie の使用について

閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
HOW TO

あなたの楽曲制作にヒントをもたらす数々のノウハウ記事に加え、膨大な動画コンテンツは制作トレンド&Tipsの集大成!

30
Apr.2024
HOW TO
  • HOME
  • HOW TO
  • SOFTWARE
  • マルチチャンネル対応可能となったNeumannのモニタースピーカー補正システムMA 1を徹底レビュー!キャリブレーションの方法を徹底紹介!

マルチチャンネル対応可能となったNeumannのモニタースピーカー補正システムMA 1を徹底レビュー!キャリブレーションの方法を徹底紹介!

20240421_Neumann_1390_856

今やすっかり定着した感のあるモニタースピーカー補正システム。正確な出音が求められるモニタースピーカーにとって、壁や天井からの音反射や、スピーカースタンド・デスクの共振などで設置する環境によって特定の周波数が増幅されたり減衰するといった問題を解決するため、各社からモニタースピーカー補正ソフトが続々とリリースされています。

NeumannのMA 1もモニタースピーカー補正システムの一種で、スピーカー測定マイクと専用ソフトウェアを使用して、同社のDSP対応モニタースピーカーをフラットな音響特性へと自動補正してくれる定評あるシステムです。

_1600863

これまではステレオのみの補正に対応していたMA 1ですが、昨年から7.1.4chまでマルチチャンネルの補正が対応可能になりました。イマーシブフォーマットのためにさらにスピーカーを追加すると、空間的な制約があるため、音響的に好ましくない位置に配置される可能性があります。定評あるMA 1による正確なアライメントによる自動補正でモニタリング精度を向上させることは、昨今のイマーシブシステム需要増加のニーズに応える待望のアップデートと言えるでしょう。

これまでRock oNではMA 1に関するセッティング・試聴レビューなども紹介してきましたが、今回はどのような手順を踏めばMA 1でマルチチャンネルのキャリブレーションができるようになるのか、おなじみRock oNスタッフ・バウンス清水と共にご紹介していきます!

MA 1でマルチチャンネルのキャリブレーションしてみよう!!

bounce01

バウンス清水 : まずそもそも、このキャリブレーションというのは何のためにするか?ということを話しておくと、モニタースピーカーをセッティングする際に部屋ごとに距離感に違いがあったり、スピーカーの置いてある位置によって部屋の影響を受けるので、それを自動補正するためのものです。今回はNeumannのオートマティック・モニターアライメントMA 1がマルチチャンネルに対応したということなので、セッティングから実際にマルチチャンネルのキャリブレーションをするところまで見ていこうと思います。

●Rock oN店内に、7.1.4chのセッティング!

1600920

_1600902

MA1_setting

セッティングを簡単にご紹介すると、スピーカーはMA 1ネットワーク接続に対応している Neumann KH 80 DSPとサブウーファーの H 750 DSPを使用しました。この2機種のDSP対応スピーカー本体背面にはLAN端子が装備されています。そのLAN端子からスイッチングハブに接続することで、同一ネットワークに接続することになります。MA 1マイクはオーディオインターフェイスのマイクINに接続しています。

今回はマルチチャンネルということで、Rock oN内にKH 80 DSP(スピーカーが水平面に7つ、上に4つ)さらに、KH 750(サブウーファー)を置いて、7.1.4chのセッティングになっています。

_1600937
_1600916
_1600925
_1600924

●MA 1でマルチチャンネルのキャリブレーションを実施!

MA 1マイクを操作するには、Neumann Automatic Alignmentソフトウェアをwww.neumann.comからダウンロードして入手します。

さらにマルチチャンネルでMA 1を使う場合には、別でマルチチャンネルライセンスというものが必要となります。従来MA 1を持っていた方も、オプションでこのライセンスを購入すればマルチチャンネルのキャリブレーションが可能になります。

ここからソフトウェアでの作業になります。

・Define your monitor system
MA1_define01

測定するセッティングを選ぶモードです。通常ステレオになっていたものを、マルチチャンネルライセンスを購入することでQuad、5.1、7.1、5.1.4、7.1.4いずれかのセットアップが、DSP搭載のNeumannスタジオモニターにセッティングできます。

今回は「7.1.4」をセレクトします。

・License key required to activate

購入したMA 1のライセンスキーを入力。

・Select your monitor system

Select monitor06

ネットワーク経由で検索され、接続されているモニタースピーカーが一覧で表示。ソフトウェア上で選択したスピーカーのフロントライトが赤く点滅するので、ここできちんと接続されているか確認することができます。

・Audio Interface Setup

MIC Set02

接続しているオーディオインターフェイスを選んだ上で、マイクが接続されているInput、スピーカーが接続されているOutputもセレクト。

これらの設定が終わったらようやく各スピーカーとの測定が開始となります。

・Output signal level adaptation
OutputAdapt03

各スピーカーにきちんとシグナルが届いているかの確認です。スピーカーに自動でミュートがかかっているので、ここではまだ音が出ません。

・Microphone and loudspeaker positioning
Length_04

LRのスピーカーの距離=リスニングポイントまでの距離を入力ここで入力します。

_1600889
_1600887
_1600891
_1600893

ここではメジャーできちんとスピーカーとの距離、リスニングポイントまでの距離が正三角形のセッティングになるよう、測定します(今回は115cmでした)。

・Check measurement conditions

ここからは音が出る測定になります。スピーカーリスニングポイントに測定マイクを置き、ピンクノイズがスピーカーから出力され、マイクに入力された信号がソフトウェア上のインジケーターに表示され、オレンジの適正位置になるようオーディオインターフェイスのゲインつまみで調整します。

Measurement05

ここから順番に各スピーカーから測定用のスイープ音を出して自動で計測を行っていきます。測定音を出しているスピーカーはフロントにあるロゴのライトが白色に点灯、その他のスピーカーはミュート状態を示す赤色に点灯します。

MA1_28cm
1600898

7.1.4chのスピーカー計12台の自動測定が完了すると、次に画面に「センターポジションからマイクを28cm左にずらして計測する」指示が出ました。ここもきちんとメジャーで28cm測った上で、マイクの位置をずらして測定します。

●結果発表!

_1600908

黄色がKH 80 DSP、緑がKH 750 DSP、点線が元のスピーカー、実線がアライメントをかけた後の補正したグラフになります。MA 1によって周波数特性をリニア化し、システム全体の定位を最適化された状態です。オレンジの線がターゲットカーブで、これは目標とする数値を入力することで細かいEQ設定が可能になりQ幅も調整可能で、それによりイメージに近づけた設定にすることも可能です。

聴いてみた印象として補正されたことで全体の解像度が上がり、サウンドがより1つにまとまって聞こえるようになった印象です。これは到達時間差を補正してくれたことで、リスニングポジションで正確な解像度を持つ3次元音像が実現されたように思います。KH 80 DSPは低音がかなり出ることにも定評がありますが、サブウーファーKH 750 DSPと繋げることで、より正確で安定した低域再生も感じ取ることができました。

これらの結果を保存することでスピーカー側に記憶され、毎回測定をすることなく、補正された状態でスピーカーを使用することが可能になります。

補足情報:MT 48もマルチチャンネル対応に!

_1600945

今回のレビューではセッティングに使用しませんでしたが、Neumann初のオーディオインターフェイスMT 48にも、多くのイマーシブフォーマットに対応するモニタリングコントローラー機能の「Monitor Mission」がリリースされました!今回試したようなイマーシブ環境にもMT 48が接続できるようになる訳で、これは非常に気になるアップデートです。

※写真のMT 48はプロトタイプになります(通常製品はロゴが赤色になります)

_1600854

ただいまRock oN渋谷店内は、今回のレビューにも登場したKH 80 DSPとKH 750 DSP の7.1.4chイマーシブバンドルキットが組んであります!もしこちらを体験したい方は、ぜひRock oN渋谷店にお越しください。

●製品情報

・MA 1
DSP搭載のNEUMANNモニタースピーカー用アライメントマイク
MA 1は個別に調整されたノイマンの測定用マイクと、それに対応するMacおよびPC用のソフトウェアで構成されています。NEUMANNのオートモニターアライメントは、KHシリーズのすべてのDSP制御ステレオシステムで利用可能です。

世界有数のオーディオ信号処理研究所であるフラウンホーファー研究機構(IIS)と共同で開発されたキャリブレーション・アルゴリズムを採用し、測定用マイクを使用してスタジオの音響特性をガイド付きのプロセスで分析。その結果をもとにスピーカーの音響特性を補正し、あらゆる環境で可能な限り最高のモニタリング品質を実現します。

NEUMANN
MA 1
¥41,580
本体価格:¥37,800
1247ポイント還元

MA 1でマルチチャンネルの測定が可能に!
・ MULTICHANNEL EXTENSION FOR MA 1

Neumannオートモニターアライメント MA 1ソフトウェアのメジャーアップデート

MA 1 for Windows および macOSは、マルチチャンネルシステムのリファレンスオートアライメントをサポートするようになりました。これは Multichannel Extension 有償ライセンスによってお使い頂けます。

MA 1 Multichannel Extensionは、ノイマンのスタジオモニターを使用したサラウンドやイマーシブセットアップにおいて、リファレンスクオリティのモニタリングを実現し、正確なルーム補正を行うために不可欠なツールです。

NEUMANN
MULTICHANNEL EXTENSION FOR MA 1
¥49,500
本体価格:¥45,000
743ポイント還元

・KH 80 DSP 7.1.4KIT(今回のレビュー記事のスピーカーセッティングはこちら)
KH 80 DSPとKH 750 DSP の7.1.4chイマーシブバンドルキット

NEUMANN
KH 80 DSP 7.1.4KIT ★Neumann KHモニタースピーカー イマーシブキットプロモーション!
¥1,110,542
本体価格:¥1,009,584
16658ポイント還元

KH 80 DSP 5.1KIT
KH 80 DSPとKH 750 DSP の5.1chイマーシブバンドルキット

NEUMANN
KH 80 DSP 5.1KIT ★Neumann KHモニタースピーカー イマーシブキットプロモーション!
¥647,064
本体価格:¥588,240
9706ポイント還元

KH 80 DSP 9.1.4KIT
KH 80 DSPとKH 750 DSP の9.1.4chイマーシブバンドルキット

NEUMANN
KH 80 DSP 9.1.4KIT ★Neumann KHモニタースピーカー イマーシブキットプロモーション!
¥1,265,035
本体価格:¥1,150,032
18976ポイント還元

KH 80 DSP 9.2.4KIT
KH 80 DSPとKH 750 DSP の9.2.4chイマーシブバンドルキット

NEUMANN
KH 80 DSP 9.2.4KIT ★Neumann KHモニタースピーカー イマーシブキットプロモーション!
¥1,525,867
本体価格:¥1,387,152
22888ポイント還元

・KH 80 DSP(1pair)
NEUMANN KHシリーズ初となるDSPを搭載、4インチ+1インチ、120W+70Wの高効率アンプ
00000184_main

・コンピューターモデリングによるキャビネットの設計と低共振材料(LRIM™)の採用
・最適化された指向性コントロールにより、あらゆる環境下でも優れたディテールを再生
・iPad®︎、アプリ、もしくはMA 1ソフトウェアを採用することでリスニングルームに合わせた音場調整が可能

KH 80 DSPは、コンパクトなDSP搭載2ウェイパワードニアフィールドモニタースピーカーです。デジタルコアを用いてフィルタリングやルームアジャストメントを自在に行えるため、どんな環境でもリファレンスクラスのサウンドを実現できます。

NEUMANN
KH 80 DSP(1pair)
¥169,400
本体価格:¥154,000
2541ポイント還元

・KH 750 DSP
DSPエンジンが出力を最適化しリファレンスクラスのサウンドを実現。 iPad用コントロールアプリにも対応したNEUMANNサブウーファー
KH750DSP

KH 750 DSPはスタジオ、ブロードキャスト、ポストプロダクションにてトラッキング、ミキシング、マスタリングなどの使用用途を想定しています。コンパクトな設計ですので、ホームレコーディングやブロードキャストスタジオなど限られたスペースには最適です。

・コンパクトなキャビネット
・DSPエンジンが出力を最適化し、リファレンスクラスのサウンドを実現
・システムのセットアップ、調整、操作を行うためのiPad用コントロールアプリ®に対応

NEUMANN
KH 750 DSP D G ★5/31まで!35周年記念SPセール FINAL
¥257,400
本体価格:¥234,000
0ポイント還元

関連記事

20210218_neumann_732_540
NEUMANNモニタースピーカー自動補正システム MA 1 試聴レビュー!

20210322_neumann_732_540
NEUMANNモニタースピーカー自動補正システム MA 1 ~サウンドエンジニア 森元浩二によるファーストインプレッション~

20210312_neumann_732_5401
NEUMANNモニタースピーカー自動補正システム MA 1 ~サウンドエンジニア 小森雅仁によるファーストインプレッション~

記事内に掲載されている価格は 2024年4月30日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

Loupedeck自作パッチでAbleton Live 12をオペレーション b…
★話題のLoupedeckが、 今なら10%OFFクーポン発行中! 期間:6/21-7/12 機種:Loupedeck CT、Loupedeck Live、Loupedeck Live S クーポンコード:Loupede [……
【個性店長リレー】「制作時短化計画」Vol .4 by PD安田 Loupede…
みなさんごきげんよう。前回の記事にてAbleton Liveと左手デバイスを駆使したらどんなことができるかを具現化したモジュラーシンセコーナーを展開してみました。そこで左手デバイスがあれば、ショートカットを組み込んで、左 [……
『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.239』UAD S…
UAD Sound City Studios Plug-In をいじっちゃいました!
究極のソフト音源3選☆☆☆第3回:初心者にお勧めのギター音源編
初心者にお勧めのギター音源を3つに超厳選!
【個性店長リレー】「制作時短化計画」Vol .3 by PD安田 モジュラーシン…
みなさんこんにちはPD安田です!暑い日が来るかと思いきや、まだ涼しいような暑くなりそうななんとも言えずな状況で、何気に花粉が飛んでいる、そんな毎日ですね。いかがお過ごしでしょうか。 さて、安田企画「時短化計画」ということ [……
Studio Oneとは?人気上昇中の新世代DAW、Studio Oneの魅力を…
最新バージョン6.6のアップデートの解説も!
【個性店長リレー】「制作時短化計画」Vol .2 by PD安田 Native …
みなさんこんにちは!PD安田です。さて、安田企画の「時短化計画」ですが、早速打ち込みをベースとし、Native Instrumentsの音源とStudio Oneを駆使したワークフローと機材・設定方法などを紹介します。 [……
『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.238』UJAM …
UJAM Usynth TURBO-XT をいじっちゃいました!
BUILD UP YOUR STUDIO 2024!elleyプライベートスタジ…
BUILD UP YOUR STUDIO 2024!elleyプライベートスタジオ・インタビュー
Rock oN個性店長リレー 今月は店長PD安田!
Rock oN個性店長リレーとは Rock oNの個性豊かなスタッフが順番に店長としてRock oN渋谷店を期間限定プロデュース! それぞれの得意分野や今一番注目しているトピックを店頭の展示やWEBコンテンツとして発信し [……
個性店長リレー 制作時短化計画 by PD安田
みなさんこんにちは!暑くなってきましたね。 6月から始まった【Rock oN 個性店長リレー】。トップバッターとして私PD安田が抜擢されました! 今月は私がRock oN渋谷店の個性店長として、得意の独断と偏見で皆様にさ [……
BUILD UP YOUR STUDIO 2024!murozoプライベートスタ…
BUILD UP YOUR STUDIO 2024!murozoプライベートスタジオ・インタビュー
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company