閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
製品情報

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

18
Oct.2017
製品情報
  • HOME
  • 製品情報
  • HEADLINE
  • ステージに立つ人に知ってほしい、ワイヤレスマイク深層世界 by アレシア美奈子 〜デジタル・ワイヤレスとの付き合い方〜

ステージに立つ人に知ってほしい、ワイヤレスマイク深層世界 by アレシア美奈子 〜デジタル・ワイヤレスとの付き合い方〜

ステージに立つ人に知ってほしい、ワイヤレスマイク深層世界 by アレシア美奈子 〜デジタル・ワイヤレスとの付き合い方〜

芸術の秋にRock oNが全ての人の制作をサポートする『SOUND 収穫祭』の第2弾は プロダクト深層世界。Rock oNスタッフがプロダクトに深〜く迫ります!

ワイヤレスマイク受信機

もはやテレビでの音楽シーンには必ずと言っていいほどワイヤレスマイクは使用されています。「無線で飛ばすなんて音が劣化するんじゃないの?」「個人で所有するには価格・敷居が高そう」という印象を持たれるかもしれませんが、現在は各メーカーの努力によって高品質・個人でも手に入りやすい価格帯のワイヤレスマイクも登場しています。そんな高品質かつ低価格を実現しているのが「デジタルワイヤレスマイク」です。今回はそんなデジタルワイヤレスマイクについてご紹介していきたいと思います。


デジタルワイヤレスとは、メリット・デメリット

まずアナログワイヤレスとの違い、それによるメリット・デメリットについて簡単に解説いたします。
アナログワイヤレスマイクは音声をそのまま電波で伝送するため電波に含まれる妨害波の影響を受けやすく、受信した音声にノイズが乗りやすくなってしまいます。しかしデジタルワイヤレスマイクは電波で飛ばす前に0と1のデジタル信号に変換し無線にて伝送し、受信後DA変換を行いアナログ信号へともどします。そのため妨害波の影響を受けづらく、より多くの情報を伝送できるようになったためアナログワイヤレスマイクよりもクリアな音声を保つことが可能です。

また、アナログワイヤレスマイクでは複数のマイクを近距離で使った場合、互いに電波が干渉し混線しやすくなります。そのためアナログの場合は6波以上の運用は難しいと言われてきました。しかしデジタルワイヤレスマイクは周波数の混線が起きにくく数十波もの同時使用が可能となりました。また、製品によっては障害となる電波が混線した場合でも自動的に別の電波を探しだすという機能を搭載しているものをあります。
以下簡単にメリットデメリットをまとめてみました。

メリット

・電波干渉が少ないため数十波の運用が可能
・アナログワイヤレスに比べダイナミックレンジ、周波数特性がよく、クリアな音質
・暗号化処理も可能なため盗聴・傍受されることを防ぐことが可能

デメリット

・ADDA変換を行うため遅延が発生する
・電池の消耗が激しい

ワイヤレスマイク

しかしながらオーディオインターフェースと同様、各メーカーの努力によりADDA変換による遅延もどんどん改善されつつあり、バッテリー寿命もどんどん省エネ化しております。ワイヤレスマイクは音が悪いという常識はデジタルワイヤレスによって覆されつつあるのです!

ということで、今回はライブハウスやホールなどのPAスタッフとしての経験がある私アレシア美奈子が、各メーカーからデジタルワイヤレスをお借りし、各モデルの特徴・音質の傾向を比べてみました!

audio-technica ATW-1102

audio-technica ATW-1102

マイクの定番であるaudio-technicaからロープライスかつ良品質なデジタルワイヤレス、ATW-1102です。接続は至って簡単で、レシーバー(受信機)・トランスリミッター(マイク)の電源を入れ、レシーバーのチャンネルを設定しトランスリミッター側のペアリングボタンを長押しします。

audio-technica ATW-1102audio-technica ATW-1102のボタン

これにて設定完了!入力レベルの調整はペアリングボタンの上のボリュームノブで行うことが可能です。(出力レベル調整のボリュームノブはレシーバー裏にあります)
音質はデジタルワイヤレスらしいクリアさでフラットよりなサウンド。また非常に軽量(電池含め約330g)かつグリップ部分には余計なスイッチがついていないため、どんな方でも扱いやすいワイヤレスシステムだと思われます。

  • audio-technica
    ATW-1102

    ¥30,650 (本体価格:¥28,380)

    459 ポイント還元


    「2.4GHz帯」の注意点

    さて、ここで余談にはなりますが、デジタルワイヤレスを使用するにあたり注意すべき点があります。

    デジタルワイヤレスマイクでよく使用される周波数帯は「2.4GHz帯」です。 2.4GHz帯はB帯(800MGHz帯)に比べ回折率が悪いため、障害物があると電波が届きにくくなります。音と同様、周波数は高くなれば高くなるほど真っ直ぐにしか飛ばないためです。

    そのため2.4Ghz帯のデジタルワイヤレスマイクを使用する場合はなるべく障害物の少ない見渡しのいいところに使用することが勧められます。

    また、2.4GHz帯はWi-FiやBluetoothと同じ周波数帯域です。2.4GHz帯のデジタルワイヤレスマイク同士はアナログワイヤレスに比べ干渉することは少ないのですが、Wi-Fiには弱く音が途切れてしまうことがあります。

    実際、現場で2.4GHz帯のデジタルワイヤレスマイクを使用した際に、トランスミッター側はすべて電源を切っているのにもかかわらず、レシーバー側がWi-Fiの電波を受信し続けメーターが光り続けている場面をみたことがあります…。結構これ怖い状況なんですよ…。ご使用の際はなるべくWi-Fi機器の使用を控えるか離れたところで使用するなど工夫をしてみてくださいね。


    SHURE GLXD24J/BETA58

    SHURE GLXD24J/BETA58

    「マイクといえばSHURE、SHUREといえばマイク。」と私自身は思っております。マイクを語る上で外せない、ダイナミックマイクの業界スタンダードといえばSHUREのSM58がみなさん頭に思い浮かぶのではないでしょうか?そんなSHUREのワイヤレスマイクはかなり種類があるのですが、中でもデジタルワイヤレスのモデルはGLX-Dシリーズ。

    トランスミッター側はなんと専用のリチウムイオン充電式電池を搭載しているため、毎回電池を購入することなく、1回の充電で16時間の連続使用が可能です。接続も至って簡単で、レシーバーとトランスミッター側の電源を入れるだけですぐに自動ペアリングをしてくれます。はじめて触った時は私もびっくりしました・・・笑

    SHURE GLXD24J/BETA58の電源ボタン

    音質はTHE SHURE SOUND!今回はBeta58を使いましたがBeta58の中高域が少し前に出てきつつ、58シリーズならではの低域の太さもしっかり出ております。ステージで58を使っている方にはぜひともこれはお試しいただきたいです。

  • SHURE
    GLXD24J/BETA58

    77,760 (本体価格:72,000)

    1,166 ポイント還元


    SHURE QLXD24/SM58-JB

    SHURE QLXD24/SM58-JB

    最後に少し変わり種、SHURE QLXD24/SM58-JBをご紹介します。今まで紹介したワイヤレスとは異なり、周波数帯域はB帯(800MHz帯)を使用しています。B帯アナログワイヤレスの問題であった周波数の干渉も、デジタル伝送によりほとんど影響を受けないため10chの多チャンネル運用が可能になったモデルです。

    また、2.4GHz帯が主流のデジタルワイヤレスのデメリットだったWi-Fiを始めとする他の2.4GHz帯による干渉も受けることはありません。さらに、イーサネット接続により複数台の受信機の一括管理ができ、iOSアプリでの操作も可能に。前述のGLX-Dシリーズよりもさらにプロフェッショナルな現場での使用を想定されたモデルになります。

    SHURE QLXD24/SM58-JBの電源ボタン

    音質ですがデジタルくささがなくまるでワイヤードマイクのよう、SM58のスタンダードなサウンドがそのままに現れます。今回はSM58で試しましたがBETA 87やKSM9などのSHUREの代表的なコンデンサーマイクのヘッドも装着可能なので、次回はぜひとも試してみたいところです!!

  • SHURE
    QLXD24/SM58-JB

    159,840 (本体価格:148000)

    2,397 ポイント還元

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?ローコストモデルからプロフェッショナルな現場で使われるモデルまで様々な製品をご紹介しましたが今回紹介した製品全てに共通することとして、デジタルワイヤレスによく言われるADDAによる遅延はあまり感じられませんでした。また、アナログワイヤレスと比べ音の劣化も少なく、全体的にクリアなサウンドです。

    煩わしいケーブルをとっぱらってステージの端から端までを使ったパフォーマンスを可能とするワイヤレスマイク、「音が悪い」なんて本当に昔の話となりました。Rock oNでは今回ご紹介したモデル以外の製品も試聴可能です!セッティングも今回ご紹介した通り結構簡単なんですが、それでもやっぱり不安が…という方も店頭スタッフがしっかり教えますのでご安心を!

    ぜひともあなたもケーブルレスかつストレスフリーなステージパフォーマンスをしてみませんか!

  • audio-technica
    ATW-1102

    ¥30,650 (本体価格:¥28,380)

    459 ポイント還元

  • SHURE
    GLXD24J/BETA58

    77,760 (本体価格:72,000)

    1,166 ポイント還元

  • SHURE
    QLXD24/SM58-JB

    159,840 (本体価格:148000)

    2,397 ポイント還元


    プロダクト深層世界一覧

      記事内に掲載されている価格は 2017年10月18日 時点での価格となります。

      最新記事ピックアップ

      Lewitt LCT 240 Pro Value Packを買うとPop Fil…
      エントリーモデルとしても最適!付属の磁気ポップフィルターは純正品ならではの一体感!
      Silverから「Waves」をはじめよう!Silver Week Promot…
      待望の「シルバーウィーク」!WavesのSilverを日本限定特別価格でご提供!
      BOSSがYouTubeでセッションを楽しめるポケット・サイズのアンプ/エフェク…
      YouTube動画にあわせてBOSSの高品位なギター・トーンで演奏可能!スマホやPCを最高のレッスンスタジオへ!
      GoProが新製品「GoPro HERO9 Black」を発表!
      5K/30p撮影に対応!前面ディスプレイ搭載など、さらに便利に!
      ARTURIAがKEYSTEP 37など話題の新製品を発売!本国サイトではPol…
      KEYSTEP 37ほか便利なKEYLAB 88 MK2専用スタンド、お得なバンドルも!
      Ozone Elementsからのアップデートが史上最安値!iZotope Gr…
      Neutron Elements も¥3,190(税込)となる追加セールが開催!
      ADV.が便利なオーディオアクセサリー3種類を発売!
      スリーピングイヤフォン、超小型DAC付アンプ、Apple AirPods Pro専用フォームイヤーチップも!
      Cranborne Audioスタートダッシュキャンペーン期間延長!500R8購…
      Cranborne Audioが日本初上陸!画期的なオールインワンソリューション500R8購入でプリアンプをバンドル!
      RGBlinkが映像配信スイッチャーminiを発売!
      4つのHDMI入力をシームレスに切替え、コンパクトなスィッチャーがお求めやすく!
      期間限定!「Positive Grid September Software P…
      Positive GridがBIAS AMPやBIAS FX、BIAS Pedalの各シリーズや、バンドルやFX拡張パックまでお得に手に入る「Positive Grid September Software Promot [……
      サウンドエンジニア・鈴木智雄氏が語るDPA Microphonesのボーカル・マ…
      ボーカルの魅力を最大限引き出すクリアなサウンドで人気のマイクロフォン2028、その評価とは?
      Pioneerが最新フラグシップモデルのDJマルチプレーヤーCDJ-3000を発…
      Pioneerが最新フラグシップモデルのプロDJ/クラブ向けDJマルチプレーヤーCDJ-3000を発売しました。 新たなMPU(Micro-processing Unit)と特別に開発された高品質な専用コンポーネントを搭 [……
      Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company