本サイトでの Cookie の使用について

閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
CREATOR

第一線で活躍するクリエーターのインタビューやコラムなど、音楽と真摯に向き合う作り手の姿があなたの創作意欲を刺激します!

29
May.2023
CREATOR
  • HOME
  • CREATOR
  • アーティスト
  • 【レポート】オノ セイゲン&晴豆 presents 11MHz DSD/Nu 1 試聴体験会 vol.6 ~ feat.Buffalo Daughter

【レポート】オノ セイゲン&晴豆 presents 11MHz DSD/Nu 1 試聴体験会 vol.6 ~ feat.Buffalo Daughter

Buffalo-Daughter_DSD2

オノ セイゲン氏がホストを務めるDSD試聴&トーク・イベント「オノ セイゲン&晴豆 presents 11MHz DSD/Nu 1 全曲試聴体験会」。第6弾となる今回は、Buffalo Daughterのお二人をゲストに迎え2023年4月5日に開催されました。1998年に発売されたBuffalo Daughterのアルバム『New Rock』と、2001年に発売されたアルバム『I』をオノ セイゲン氏がリマスタリング。アナログ盤リマスターの発売に伴い開催された本イベントでは、会場である東京代官山の晴れたら空に豆まいてに設置されたメインスピーカー Meyer Sound Ultra series UPA-1Aで大音量再生しながら、メンバーである大野由美子氏、suGar氏を迎えし、リマスタリングされたサウンドの印象やリリース当時のエピソードなど、貴重なトークが繰り広げられました。また、アルバムのハイレゾ・バージョンの制作に際して、サウンド面の大きなカギを握るコルグ社製の1bit USB-DAC / ADC「Nu 1」にもクローズアップ。製品、そしてDSDの魅力に関しても紹介されました。

日時 : 2023年4月5日(水)
会場 : 晴れたら空に豆まいて
出演 : オノ セイゲン・大野由美子・suGar


P1370057オノ セイゲン氏 : 皆さん、お越しくださりありがとうございます。 今日は、Buffalo Daughterの『New Rock』と『I』のアナログ盤カッティング用のEQマスターの、その大元のマスターとなるDSD 11MHz音源を大音量で再生します。まるで、ライブの音と勘違いするようなクオリティになるので楽しみにしてください。かなりの大音量なので、うるさすぎたら耳栓でもしてくださいね(笑)。ぼくはBuffalo Daughterのライブの時は10dB以上落とす耳栓は必須です。Buffalo Daughterだけでなく日本ではこの20年はPA使ったほとんどのライブで耳栓必須です。音量だけでかすぎて音色が聴こえない、分かりますか?言ってる意味。

よくオーディオファンが、皆異口同音に音の良さ~まるで目の前で演奏がなされているような再生音が聞ける~スピーカーが消えて(歌手なりミュージシャンが)まるで目の前に居るようです!とか語りますが、それスピーカーからの音ですから。逆に、この20年はライブハウスで手が届きそうな目の前で演奏してるのにドラムもギターもPAスピーカーからしか音が聞こえてこない。ライブエイドの時のクイーンなら話は別ですよ。狭いステージ上のミュージシャンも転がしモニターがないと演奏できない、とか。軍事と商業主義の競争がないと技術は発展しないのはわかってますが、扱ってるのは音楽なんだから、大イベント払い下げの機材の大音量競争じやなくて、音色とかミックスバランスで勝負して欲しいよね。話は最初から横道にそれましたが、DSDマスターは、簡単に言うとPCMよりおおよそ6dB低く録音します。つまり同じ音楽のDSD版を再生する場合には、いちいちボリュームを6dB上げてちょうどいいのです。リマスターアナログ盤のマスター音源を、このKORGのNu 1という機器で再生するんですが、まずは、 KORG 開発部レコーダー開発担当マネージャー 永木道子さんと、ハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」のディレクター 祐成秀信さんに登壇していただき、簡単に、DSDとは何かということをお話ししてもらいます。

ここで永木氏(写真中)、祐成氏(写真右)が登場。DSDの魅力やKORG Nu 1について紹介が行われました。

P1370070

祐成秀信氏 : 今回のBuffalo Daughterの2作なんですが、今日(2023年4月5日)からe-onkyo musicで配信がスタートしております。e-onkyo music初の数量限定での配信となっておりまして、一定の数に達した時点で配信終了になりますので、皆さん急いで買った方がいいかなっていうのが一点と、今回のアルバムを通して楽しんでいただきたいといった制作サイドの意図がありまして、アルバム1枚分、これを最初から最後まで1つのファイルとして販売します。

Buffalo Daughter 『NEW ROCK + I』DSD11.2MHzリミテッド版!

購入はこちらから
https://www.e-onkyo.com/feature/5967/

tcj4571374921155
tcj4571374921162

オノ セイゲン氏 : ノンストップなんですよね。

祐成秀信氏 : ノンストップなんです。アルバム2枚組を1セットにしてるので、2ファイル。おそらくe-onkyo music史上一番大きなファイルサイズで配信しています。

KORG Nu 1の詳細はこちらをご覧ください。

KORG
NU-1
¥275,000
本体価格:¥250,000
4125ポイント還元

オノ セイゲン氏 : では、Buffalo Daughter 大野由美子さんとsuGarさんをを呼びましょう!

ここで大野由美子氏、suGar氏が登壇

P1370095

オノ セイゲン氏 : まず『New Rock』ですが、録音されたのはいつですか?

suGar氏 : 98年リリースだから97年に録ってます。

オノ セイゲン氏 : ProToolsが出始めた頃ですね。

suGar氏 : 『New Rock』はADATで録ったと思います。『I』のほうは2001年発売なんですけど、『New Rock』から3年の間隔がありますが、この頃私たちは海外も含めコンスタントにツアーをやってました。『I』はロサンゼルスのG-son studio (Grand Royal所有のビースティーボーイズのスタジオ) でベーシックを録って、ダビングは東京に戻ってやりました。この時、ProToolsを使い出しました。

オノ セイゲン氏 : 今日、「アナログだ」とか「DSDだ」と言ってま すが、実は、今回のリマスタリングの依頼に提供された音源は、市販されてるCDなんです!つまり16bit/44.1Hzフ ォーマット。アメリカ盤と日本盤の2種類のCDを預かり、曲ごとに 細かく比較をしてどちらかを選びました。CDでも音が違うんです。まずはソニーや他のアプリも使ってアップコンバートほか最新のテクノロジーを駆使してリマスタ ーしたわけです。「CDの音がこんなになるの?」といった音になっ ていると思います。たとえ古いCD音源であっても、最新技術こう いう風になるわけなんです。じゃあ『New Rock』を聞きましょう。大音量ですのでお気を付けください!

『New Rock』 大音量再生中!

tcj4571374921155

オノ セイゲン氏 : かっこいいアルバムですよね! サウンドは、今の時代のほうが合ってるかもしれない。お二人の聞いた印象はどうでしたか?

suGar氏 : 大幅に音が良くなって「え?」みたいな感じでしたが、加えて、CDから取ってきてるっていうことが「え?」ですよ(笑)。古い話だし、私たちも音源の管理が悪いもんだから、、、(笑)

大野由美子氏 : 2ミックスマスターはDATで残ってるんですが、ファイル化しておけば良いのにきちんとやっていないから再生不可能になってしまって。

オノ セイゲン氏 : そういうことが、今、毎日のように起こってます。古いマスターが再生できない、とか商品のCDしか残っていない、そもそもカセット音源しか録ってなかった、とかね。今のうちにリマスターしてアーカイブ化しておく意義があるんで す。

suGar氏 : それにしても、音、すごかったですね。特にドラムがすごいなと思った。当時、オノヨーコさんに聞かせたら「ドラムの音が素晴らしいわね」って、まず、そこ(ドラム)を誉められたんです(笑)。

大野由美子氏 : 3人ドラマーがいたんですが、それぞれ3人の個性が出てますね。聞いてて思い出したんですが、録音は三軒茶屋にあった小さなスタジオでやってたんです。先日、坂本龍一さんが、残念ながらお亡くなりになられましたが、当時、Buffalo Daughterのことを気に入っていただいてて、私たちが録音してる時にお邪魔したい、という連絡を頂いたんです。

suGar氏 : もう無くなっちゃったスタジオだから言うんですけど、ゲームセンターの隣にあるみたいな本当に小さなスタジオで。

大野由美子氏 : すごく狭いし、そんなとこにいらっしゃるのはちょっと気が引けて。

オノ セイゲン氏 : で、いらした?

大野由美子氏 : お断りしたの(笑)。

オノ セイゲン氏 : なんだ、絶対来たかっただろうな。

大野由美子氏 : 今日、会場のどこかで聞いてらっしゃるといいですね。

オノ セイゲン氏 :うん。きっと会話が聞こえて、そこらへんで聞いてらっしゃいますよ。次に『I』のほうを聞きましょう。

『I』 大音量再生中!

tcj4571374921155

オノ セイゲン氏 : レコードには入らない音がいっぱいあるんです。 例えばクラブ系の「ボワン」という重低音の部分や、子音の「シー シー」みたいな硬い音は歪みになるので、カッティングエンジニア の人からしたら「こんな音入らないよ」って、僕は昔から(カッティングエンジニアから)よく怒られてたんです。へんなミックスばっかりしてたから(笑)針飛びの原因や歪みになるので、そういった禁則がいっぱいある。かっこいい音の良さを残したままレコードにしやすい音に直すのがレコード用のマスタリングの妙技なんですが、僕が今まで行っ たレコードマスタリングの中で一番の成果がこの『New Rock』と 『I』です!こういう仕上がりはすごく嬉しい! 一年半かかったけどね(笑)。

suGar氏 : ありがとうございます! 今日聞いているDSD音源は、さっきのレコードのような「この中に納めなくちゃいけない」みたいな制限がない訳ですよね。ダイナミクスをフル出しするとこういう音になる、ということを皆さんに体験していただいた感じ。そもそもですが、通常のマスタリングというのは、1枚のアルバムの中でも低音が多い曲、高音が多い曲、ボーカルが中心の曲とか、いろんなタイプの楽曲が混在するんですが、そういうサウンドを揃える作業なんですよね ?

オノ セイゲン氏 : そう。アルバム全体での曲ごとのバランスとか粒立ちを揃えるというか、例えるな ら料理の盛り付けみたいな感じ。レシピはもう出来上がってるんだ けど、皿に盛り付けた時に、豪華に盛るのか食堂風に盛るのかとい った感じ。

suGar氏 : マスタリングスタジオでどんどん盛り付けがきれいになってく様を見てると、「うわ、きれい。美味しそう」ってなりますよね。『New Rock』と『I』は何風に盛ったんですか?

オノ セイゲン氏 : そりゃぁもうゴージャスに一番豪華な感じで!

大野由美子氏 : 当時、『I』のマスタリングはテッド・ジャンセンだったんですが、彼のスタジオに行って大音量で聞いて、「すごーい」と感動したのを思い出しました。それがCDの製品になって販売されるんですが「あれ、CDの音はちょっと違うな」と思ったんですよね。

P1370174

オノ セイゲン氏 : テッド・ジャンセンはぼくのメンターのひとりです。グレッグ・カルビと2人で同じ日にぼくのアルバムのマスタリングやってもらった。『Bar del Mattstoio / Seigen Ono』(Greg Calbi)と『Montreux 93/94 Seigen Ono Enssmble』(Ted Jensen)

bardelmattatoio

Bar del Mattstoio / Seigen Ono
https://saidera.co.jp/sr/bdm.html

bardelmattatoio

Montreux 93/94 Seigen Ono Enssmble
https://saidera.co.jp/sr/mo.html

suGar氏 : テッドのところでもらったCDはすごくいいい音だったんだけど、それがコピーされてると違うんですよね。加えて、日本盤とアメリカ盤でまた違うんです。

オノ セイゲン氏 : そうなんだよ。CDでデジタルデータなのに日本盤とアメリカ盤で音が違う。もっと言うと工場のラインでも微妙に違う。この10年高音質CDなんて出てきたが、普通のCDの製造も進化してきたので、もはやその差はない。問題はみんながCDプレーヤー持ってないこと。

大野由美子氏 : それにしても今日の音は、テッドのスタジオで聞いた感動を思いだすくらい感激する音でした。

オノ セイゲン氏 : ありがとうございます。今日は会場でレコードを販売してますが、サイン会してくれるんですよね?

アナログレコードはこちらで購入できます。

スクリーンショット 2023-05-25 11.23.04

Buffalodaughter.Bandcamp.com

大野由美子氏 : しますよ! 今年、Buffalo Daughterは30周年記念なんです。

suGar氏 : 記念して今年はライブをいっぱいやっていく予定なんですが、第一弾は2月9日にここ「晴れたら空に豆まいて」ででやったんですが、第二弾が今日のこのイベント。そして、第三弾を6月25日(日)に、表参道のWALL&WALLで開催します。

Buffalo Daughter presents Neu Rock with LAUSBUB

日時 : 6月25日(日)
開場 17:00 / 開演 18:00

会場 : WALL&WALL
http://wallwall.tokyo/

出演者:
Buffalo Daughter、LAUSBUB

【チケット情報】
前売入場券:¥4,000 +1drink ¥700 <販売期間:4/6 18:00~6/24 23:59>
当日入場券:¥4,500 +1drink ¥700 <販売期間:6/25 17:00~>
チケット購入URL:https://wallwall.zaiko.io/item/355562

suGar氏 : 大野さんが大好きなLAUSBUB( https://linktr.ee/officialausbub )っていう北海道のバンドがゲストで出演するんですが、私たちと歳の差、30歳ぐらいの感じなのかな。

大野由美子氏 : 子ども世代(笑)。是非そちらも皆さんいらしてください。

suGar氏 : 5月24日からニューヨークをスタートに海外ツアーを挟むんですが、6月25日は海外から戻ってきてテンションが高いライブになるはずなので、是非来てください。第四弾以降も考えてるので、決まり次第、アナウンスする予定です。

Buffalo Daughter North American Tour 2023

(オープニングアクト: babybaby_explores )

5/24 Public Records, Brooklyn, NY NYTix
5/26 Johnny Brenda’s, Philadelphia, PA PhilllyTix
5/27 L’Esco, Montreal, QC MontrealTix
5/28 The Garrison, Toronto, ON TrontoTix
5/29 Schuba’s, Chicago, IL ChicagoTix
5/30 X-Ray Arcade, Cudahy, WI CudahyTix
5/31 7th St Entry, Minneapolis, MN MinneapolisTix
6/3 Substation, Seattle, WA SeattleTix
6/4 Doug Fir, Portland, OR PortlandTix
6/6 Resident, Los Angeles, CA LATix
6/7 Cafe Du Nord, San Francisco, CA SanFranciscoTix

https://buffalodaughter.com/

344772668_6254867574593830_4058085588369244598_n

オノ セイゲン氏 : では、楽しみが続きますね。今日はありがとうございました!

suGar氏 : ありがとうございました。

大野由美子氏 : ありがとうございました。

オノ セイゲン氏 : CDプレーヤーは持ってないけど、レコードプレーヤーは安いのも出てきましてよね。宣伝になりますけど、サイデラ・マスタリング&レコーディングでは、下北沢のElegant People さんと共同で、DJやプロのミュージシャン向けのレコードプレーヤーの販売を始めました。と言ってもハイエンドオーディオのようにカートリッジだけで100万円とか言うのではなく、ぼくがここでがラッカー盤などの製品検査やレコードおこし用に完全整備したSL-1200です。オルトファンのカートリッジつけて。常に2~3台を在庫してます。ぼくが仕事で使用できるレベルが基準です。一台12万円から25万円。ここまで受取りにきてくれる方のみ手渡し。この機会にいかがですか?

有限会社サイデラ・パラディソ
Tel. 03-5410-6789 
Email : info@saidera.co.jp

こちらもご覧ください




    記事内に掲載されている価格は 2023年5月29日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.230』Audio…
    音いじ第230回目は、Audio Modeling SWAM Strings Sections をいじっちゃいました! セクションになることで滲みや揺らぎが加わり、Popsに馴染みやすくなったサウンド。そしてキースイッチ [……
    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.229』Waves…
    音いじ第229回目は、Waves SPACE RIDER をいじっちゃいました! 入力信号の大きさによって効果が変わる、Waves社おなじみ「Rider機能」で、リバーブサウンドがどう変わるのか教えて頂きました! ご意見 [……
    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.228』Synth…
    作曲からミックスまで、田辺さんのノウハウを垣間見ながら、その中で制作風景や気になるクリエーターを紹介したり、最新の機材をいじっちゃうというこの企画。 音いじ第228回目は、Synthesizer V ボイスによる音質問題 [……
    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.227』iZoto…
    作曲からミックスまで、田辺さんのノウハウを垣間見ながら、その中で制作風景や気になるクリエーターを紹介したり、最新の機材をいじっちゃうというこの企画。 音いじ第227回目は、iZotope VEA をいじっちゃいました! [……
    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.226』2023年…
    田辺さんが2023年に買ったプラグイン10製品をご紹介していただきました!
    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.225』Synth…
    有機的なサウンドの作り方を実演していただきました!
    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.224』MOOG …
    有機的なサウンドの作り方を実演していただきました!
    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.223』Waves…
    最大2,000バンドでボーカル素材をリアルタイム分析する実力を試して頂きました!
    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.222』Voost…
    国産プラグインのVoosteQ Model N Channelをいじっちゃいました!
    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.221』UAD E…
    UAD Essentials Edition をいじっちゃいました!
    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.220』KORG …
    総勢41個にも及ぶ、個性的なプラグインの試聴がここに完結!
    『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞVIDEOS Vol.219』KORG …
    個性的な音源が盛りだくさんで、次々とサウンドをご紹介して頂きました。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company