閉じるボタン

ROCK ON

head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

11
Jan.2017
REPORT
  • HOME
  • REPORT
  • 直前情報
  • ATV aFrame 遂に予約開始!不可能が可能になるオーガニック・パーカッション!

ATV aFrame 遂に予約開始!不可能が可能になるオーガニック・パーカッション!

20170111_namm_atv_1090

アコースティックそのものの叩き心地と奏法でありながらサウンドはエレクトリック。エレクトロオーガニック・パーカッションのaFrameの予約をついに開始しました!


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

    aFrame

    aboutaFrame はプレーヤー本来のフィーリングを損なうことなく、アコースティック楽器の感覚で演奏できる今までにない全く新しい電子楽器です。

    独自に開発された「Adaptive Timbre Technology」(アダプティブ・ティンバー・テクノロジー)により、従来のPCM 音源方式のデジタルパーカッションでは不可能だった、パーカッション本来の奏法である 「叩く」 「押す」 「擦る」 ことで発音、音色変化、エフェクトコントロールなどを表現することができます。

    演奏の基本になる打面には、皮の反発力や摩擦力を思わせる、しなやかな感触の素材を採用し、自然な演奏感を実現しました。

    本機の木製のような外周フレームには「竹」を使用。収縮が少なく、音量的なバランスが良いなどの利点があります。プレーヤーの手に優しい手触り感が、製品のコンセプトでもある『オーガニック』を象徴する仕上がりになっています。

    この外周フレーム部分は、ギターや各種楽器、車用ウッドパネルの製造メーカー「フジゲン株式会社」とのコラボレーションにより実現いたしました。

    AdaptiveTimbretechnology

    アダプティブ・ティンバー・テクノロジー。打楽器奏者の様々な演奏法に伴う打面の変化と音の周波数成分の動きに応じ、多数のフィルター群の特性を動的に適応させ楽器の多彩な音色変化を生み出す技術。

    feature01ストレスフリーな素手演奏
    多くのパーカッショニスト、ドラマーの『素手で演奏するスタイル』を変えずに演奏が可能。
    ストレスなく、オーソドックスなパーカッションサウンドから、新しいデジタルサウンドまでを幅広くプレイすることができます。

    feature02多彩な演奏スタイル
    ユニークな四角形の角をカットした形状は叩く場所の多彩な音色変化を実現。また演奏スタイルは、「抱える」「スタンドに置く」ストラップをつけて首から「掛ける」など固定観念にとらわれずに多彩な演奏スタイルが可能です。
    本機は市販のモバイルバッテリーで電源駆動することができます。音声出力をワイヤレス機器に接続するとケーブルレスになり、ステージでのパフォーマンスや演出に柔軟に対応が可能です。

    feature03自在な音作り
    新技術「Adaptive Timbre Technology」(アダプティブ・ティンバー・テクノロジー)によるアコースティック系音色や、エレクトロニック系音色などプリセット音色を搭載。
    また高品位ステレオエフェクターを搭載しており、音色とエフェクターを組み合わせて無限に音を作ることができます。ユーザー音色は80個まで本体に保存が可能です。

    feature04コミュニティーページ
    製品専用サイト「aframe.jp」では本機の魅力を伝える動画や、ユーザー同士の情報交換や音色パラメーターファイルの交換が可能なコミュニティーが提供されます。


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

    2017年1付き19日からアナハイムで開催されるNAMM 2017 showにaFrameが出展されることがアナウンスされています。世界最大級の楽器見本市で一体どんなパフォーマンスがされるのか、期待が高まります!

    Writer. Tomita

    aFrame 新製品発表会レポート!

    20161020_ATV_I1

    最新記事ピックアップ

    AEA
    今年もWes氏がお馴染みの帽子姿で各社インタビューを受けていたAEAブース。ビックリボンが捉える空気振動の繊細な表現力、それでいて高域再現性や感度が落ちない新機軸のアクティブリボンN22のファンは国内でも着実に増えつつあ [……
    AES 2017 Day 2 :SHURE
    AES 2017 のSHUREブース。さすが大きなブースで広々とした展示が特徴です。 NAB 2017ショーレポートででもお伝えしたワイヤレスフラッグシップのAXIENT DIGITALシリーズ(AXT)。Shureはこ [……
    audionamix
    10年以上も音声分離を専門としてきた技術者集団audionamixブース!
    Pace
    なんとiLokが待望のCloud化へ!
    AES 2017 Day2 : Rupert Neve Design
    不朽のビンテージNEVEサウンドを現代のワークフローに馴染む機能で再現する。そのコンセプトを持つRupert Neve Designの最新作は、名機2254 Compressor (1969年発売)のサウンドを復刻した5 [……
    AES 2017 Day2 : Warm Audio
    高いコストパフォーマンスで名機にインスパイアされた録音機器で知られるWarm AudioのAES 2017ブース。Musikmesse 2017ショーレポートでお伝えしたWA-14が注目を集めていました。 単一、無指向、 [……
    AES 2017 Day2 : Waves
    WAVESはAES 2017に合わせて3つの新製品を登場! ・B360 Ambisonics Encoder ・Nx Ambisonics B360はモノ/ステレオ/サラウンド ソースからAmbisonic Bフォーマッ [……
    Tac System
    Tac SystemはAvidパートナーブースにてお馴染みVMC-102バージョン4を展開。 VMC102はDirectOut ANDIAMO、Avid Matrix、などMADI接続可能なI/Oと組み合わせて多チャンネ [……
    AES 2017 DAY1 : iZotope
    AES直前に衝撃的な新製品Ozone 8 とNeutron 2 (O8N2)をリリースしたiZotopeブース!今この瞬間も売れているほどのヒットを記録している2製品ですが、何と言っても今回のアップデートで特筆したいポイ [……
    AES 2017 DAY1 : SONY
    AES初日最大の話題作と言って良いSONY C100。C800G以降四半世紀ぶりとなる新製品のオーバービューについて、同社V&S事業部 新規ビジネス事業室プロジェクトリーダーの今野太郎氏に解説いただきました! [……
    AES 2017 : クイズdeショーレポート
    ショー・レポート恒例の人気企画「クイズde Showレポート」。AES 2017レポートページののどこかのレポートに掲載されているクイズの答えの中からディスカウント・クーポンコードを探し出し、をご注文の際に入力してくださ [……
    AES 2017 : Day1 Avid × Facebook360
    AES 2017開幕と同時に話題となったVRコラボレーションが Avid ProTools12.8.2とFacebook360 Spatial Workstation! 今後の両社の展開をおなじみAvidダニエル氏に語っ [……
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
    RockoNCompanyに関するツイート