閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

11
Jan.2017
REPORT
  • HOME
  • REPORT
  • 直前情報
  • ATV aFrame 発売中!不可能が可能になるオーガニック・パーカッション!

ATV aFrame 発売中!不可能が可能になるオーガニック・パーカッション!

20170106_atv_1090

アコースティックそのものの叩き心地と奏法でありながらサウンドはエレクトリック。エレクトロオーガニック・パーカッションのaFrameを発売!

  • ATV
    aFrame

    ¥169,560 (本体価格:¥157,000)

    2,543 ポイント還元

    aFrame

    aboutaFrame はプレーヤー本来のフィーリングを損なうことなく、アコースティック楽器の感覚で演奏できる今までにない全く新しい電子楽器です。

    独自に開発された「Adaptive Timbre Technology」(アダプティブ・ティンバー・テクノロジー)により、従来のPCM 音源方式のデジタルパーカッションでは不可能だった、パーカッション本来の奏法である 「叩く」 「押す」 「擦る」 ことで発音、音色変化、エフェクトコントロールなどを表現することができます。

    演奏の基本になる打面には、皮の反発力や摩擦力を思わせる、しなやかな感触の素材を採用し、自然な演奏感を実現しました。

    本機の木製のような外周フレームには「竹」を使用。収縮が少なく、音量的なバランスが良いなどの利点があります。プレーヤーの手に優しい手触り感が、製品のコンセプトでもある『オーガニック』を象徴する仕上がりになっています。

    この外周フレーム部分は、ギターや各種楽器、車用ウッドパネルの製造メーカー「フジゲン株式会社」とのコラボレーションにより実現いたしました。

    AdaptiveTimbretechnology

    アダプティブ・ティンバー・テクノロジー。打楽器奏者の様々な演奏法に伴う打面の変化と音の周波数成分の動きに応じ、多数のフィルター群の特性を動的に適応させ楽器の多彩な音色変化を生み出す技術。

    feature01ストレスフリーな素手演奏
    多くのパーカッショニスト、ドラマーの『素手で演奏するスタイル』を変えずに演奏が可能。
    ストレスなく、オーソドックスなパーカッションサウンドから、新しいデジタルサウンドまでを幅広くプレイすることができます。

    feature02多彩な演奏スタイル
    ユニークな四角形の角をカットした形状は叩く場所の多彩な音色変化を実現。また演奏スタイルは、「抱える」「スタンドに置く」ストラップをつけて首から「掛ける」など固定観念にとらわれずに多彩な演奏スタイルが可能です。
    本機は市販のモバイルバッテリーで電源駆動することができます。音声出力をワイヤレス機器に接続するとケーブルレスになり、ステージでのパフォーマンスや演出に柔軟に対応が可能です。

    feature03自在な音作り
    新技術「Adaptive Timbre Technology」(アダプティブ・ティンバー・テクノロジー)によるアコースティック系音色や、エレクトロニック系音色などプリセット音色を搭載。
    また高品位ステレオエフェクターを搭載しており、音色とエフェクターを組み合わせて無限に音を作ることができます。ユーザー音色は80個まで本体に保存が可能です。

    feature04コミュニティーページ
    製品専用サイト「aframe.jp」では本機の魅力を伝える動画や、ユーザー同士の情報交換や音色パラメーターファイルの交換が可能なコミュニティーが提供されます。

  • ATV
    aFrame

    ¥169,560 (本体価格:¥157,000)

    2,543 ポイント還元

    aFrame 新製品発表会レポート!

    20161020_ATV_I1

    この記事、あなたの評価は?

    最新記事ピックアップ

    Musikmesse 2018 Day3 : DRAWMER
    DRAWMERからモニターコントローラー2製品が新登場です。
    Musikmesse 2018 Day3 : Zynaptiq
    1998年に登場していたオレンジボコーダといえば、ソフトプラグインにおいてボコーダの代名詞的製品でした。そのオレンジボコーダがZynaptigによりリニューアル。
    Musikmesse 2018 Day3 : BBOM
    BBOMというメーカーがBluetoothスピーカーと5,000mAhバッテリーバンクを積んだリュックサック “Music Backpack”を展示していました。
    Musikmesse 2018 Day3 : ESI
    ドイツのESIが新しいMIDIオーディオインターフェイス2種を発表しました。
    Musikmesse 2018 Day3 : Audio Morelling I…
    イタリアの鍵盤メーカーFATAR社と、プラグインメーカーAudio Morelling Instrumnts社によるコラボによって登場したライブホスト・ソフトウェア Camelot live。
    Musikmesse 2018 Day2 : ISOVOX
    「防音」と「アイソレート」の機能を持つ小型ボーカルブース、ISOVOX2を展示!
    Musikmesse 2018 Day2 : KORG
    KORGはNAMM 2018でも目を引いた試作品のPrologueのメタルバージョンが展示!
    Musikmesse 2018 Day2 : Playtronica
    PlaytronicaはタッチインターフェイスPlaytronとTouchMeを公開!
    Musikmesse 2018 Day2 : CHRT Synthesizer
    Petr Venkrbec氏が設計したウィンドコントローラで操作するCHRT Synthesizerが展示!
    Musikmesse 2018 Day 2 : RODE
    RODEはambisonicマイクのNT-SF1とXYステレオマイクのStereo VideoMic Xを展示!
    NAB 2018 Day4 : Audinate
    DanteのリーディングディベロッパーであるAudinateが2018年末までに、SMPTE ST-2110をサポートする計画をアナウンスしました。
    Musikmesse 2018 Day2 : Waldorf Music
    WaldorfのハイブリッドシンセQuantumが、6月にリリースされるという情報が入りました!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
    RockoNCompanyに関するツイート