閉じるボタン

ROCK ON

head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

11
Jan.2017
REPORT
  • HOME
  • REPORT
  • 直前情報
  • ATV aFrame 遂に予約開始!不可能が可能になるオーガニック・パーカッション!

ATV aFrame 遂に予約開始!不可能が可能になるオーガニック・パーカッション!

20170111_namm_atv_1090

アコースティックそのものの叩き心地と奏法でありながらサウンドはエレクトリック。エレクトロオーガニック・パーカッションのaFrameの予約をついに開始しました!

  • ATV
    aFrame

    ¥ 169,560 (本体価格:¥ 157,000)

    5,086 ポイント還元

    aFrame

    aboutaFrame はプレーヤー本来のフィーリングを損なうことなく、アコースティック楽器の感覚で演奏できる今までにない全く新しい電子楽器です。

    独自に開発された「Adaptive Timbre Technology」(アダプティブ・ティンバー・テクノロジー)により、従来のPCM 音源方式のデジタルパーカッションでは不可能だった、パーカッション本来の奏法である 「叩く」 「押す」 「擦る」 ことで発音、音色変化、エフェクトコントロールなどを表現することができます。

    演奏の基本になる打面には、皮の反発力や摩擦力を思わせる、しなやかな感触の素材を採用し、自然な演奏感を実現しました。

    本機の木製のような外周フレームには「竹」を使用。収縮が少なく、音量的なバランスが良いなどの利点があります。プレーヤーの手に優しい手触り感が、製品のコンセプトでもある『オーガニック』を象徴する仕上がりになっています。

    この外周フレーム部分は、ギターや各種楽器、車用ウッドパネルの製造メーカー「フジゲン株式会社」とのコラボレーションにより実現いたしました。

    AdaptiveTimbretechnology

    アダプティブ・ティンバー・テクノロジー。打楽器奏者の様々な演奏法に伴う打面の変化と音の周波数成分の動きに応じ、多数のフィルター群の特性を動的に適応させ楽器の多彩な音色変化を生み出す技術。

    feature01ストレスフリーな素手演奏
    多くのパーカッショニスト、ドラマーの『素手で演奏するスタイル』を変えずに演奏が可能。
    ストレスなく、オーソドックスなパーカッションサウンドから、新しいデジタルサウンドまでを幅広くプレイすることができます。

    feature02多彩な演奏スタイル
    ユニークな四角形の角をカットした形状は叩く場所の多彩な音色変化を実現。また演奏スタイルは、「抱える」「スタンドに置く」ストラップをつけて首から「掛ける」など固定観念にとらわれずに多彩な演奏スタイルが可能です。
    本機は市販のモバイルバッテリーで電源駆動することができます。音声出力をワイヤレス機器に接続するとケーブルレスになり、ステージでのパフォーマンスや演出に柔軟に対応が可能です。

    feature03自在な音作り
    新技術「Adaptive Timbre Technology」(アダプティブ・ティンバー・テクノロジー)によるアコースティック系音色や、エレクトロニック系音色などプリセット音色を搭載。
    また高品位ステレオエフェクターを搭載しており、音色とエフェクターを組み合わせて無限に音を作ることができます。ユーザー音色は80個まで本体に保存が可能です。

    feature04コミュニティーページ
    製品専用サイト「aframe.jp」では本機の魅力を伝える動画や、ユーザー同士の情報交換や音色パラメーターファイルの交換が可能なコミュニティーが提供されます。

  • ATV
    aFrame

    ¥ 169,560 (本体価格:¥ 157,000)

    5,086 ポイント還元

    2017年1付き19日からアナハイムで開催されるNAMM 2017 showにaFrameが出展されることがアナウンスされています。世界最大級の楽器見本市で一体どんなパフォーマンスがされるのか、期待が高まります!

    Writer. Tomita

    aFrame 新製品発表会レポート!

    20161020_ATV_I1

    ※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2017年01月11日 記事更新時点のものです。

    最新記事ピックアップ

    Prolight + Sound 広州 Day2 : Dante対応製品
    Dante対応の中国ブランド製品をご紹介。
    Prolight + Sound 広州 Day1 : Mackie
    中国で小型ミキサーといえば、利便性や拡張性を追求したデジタルものよりも、アナログのシンプルな製品が主流です。MACKIEブースに置いてあるのはInter BEEやNAMMとは違ってフルアナログのVLZシリーズ。小型ミキサ [……
    Prolight + Sound 広州 Day1 : Pro Audio 1
    YAMAHA , Avid , SSL , DPA , GRACE Design ,Tube-Tech , Eventide
    Prolight + Sound 広州 Day1 : Antelope Audi…
    中国初上陸のAntelope Audio がZen Studio + を世界初展示!
    Prolight + Sound 広州 レポート Arrival
    いよいよProlight Sound広州が始まります!
    Prolight + Sound 広州 いよいよ2月22日からレポートスタート!
    中国を中心に、アジアの音響/照明/舞台装置メーカーが集結する、Prolight + Sound 広州が2月22日より始まります!昨年に引き続き、今回もIH富田が普段はお目にかかれないレアなレポートをお送りいたします! ↑ [……
    junk-E-cat インタビュー!
    MUTEK.JPのNATIVE SESSIONで来日した話題のアーティスト、junk-E-catにインタビューを敢行!NATIVE SESIONではNative Instruments MASCHINE JAMを早くも手 [……
    NAMM 2017 BEST 20!人気集中のレポート記事はこれ!アナハイムから…
    人気集中のレポート記事はこれ!アナハイムからの最新情報まとめはこれを見ればわかる!
    NAMM 2017 Day4 : Percussa
    ティザー写真が大きな話題を呼んでいた、新製品 Synthor System 8が登場!フィジカルなコントールで縦横無尽のモジュレーションを可能にするデジタルモジュラーシンセです。
    NAMM 2017 Day4 : LEWITT
    低価格ながらクオリティーの高いラインナップが国内でも浸透しているLewittのマイクロフォン。NAMM 2017では3機種の新製品が登場しています。 ミドルグレードにあたるLCT440のブラッシュアップ版、全てにおいて性 [……
    NAMM 2017 Day4 : IK Multimedia
    IK Multimediaの新製品をチェック!まず初めはiOS/Androidデバイス、そしてMac/PC両方に対応したiRig Pro I/Oが登場。スマホ対応のI/Oとして、ユーザーに最良の配慮がなされた超コンパクト [……
    NAMM 2017 Day4 : MODAL ELECTRONICS
    日本では実機を見る機会になかなか恵まれないイギリス生まれのハイエンドシンセサイザーブランドMODAL ELECTRONICS。大きなデスクには垂涎アイテムがズラリ。試奏するユーザー達の表情にもどことなく緊張感が漂っており [……
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
    RockoNCompanyに関するツイート