閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
製品情報

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

16
Oct.2017
製品情報
  • HOME
  • 製品情報
  • HEADLINE
  • 夢のヴァーチャルマイクロッカー。リマイクの深層世界 byオルタネイト福山 ~普及が広がるSphere L22 & Slate Digital VMS の実力はいかに~ 

夢のヴァーチャルマイクロッカー。リマイクの深層世界 byオルタネイト福山 ~普及が広がるSphere L22 & Slate Digital VMS の実力はいかに~ 

20171016_sinsousekai_fukuyama_1390

芸術の秋にRock oNが全ての人の制作をサポートする『SOUND 収穫祭』の第2弾は プロダクト深層世界。Rock oNスタッフがプロダクトに深〜く迫ります!

UADプロセッシングによるリアルタイムプロセスが魅力的!

01_2

宅録で必須となるマイクロフォン。どれを導入するか迷いますよね。そんなときに福山が今オススメしたい、候補に入れていただきたいのがsphere l22とVMSです。

TOWNSEND LABS / SPHERE L22

02

まずはSphere l22。マイクそのままの性能も、もちろんフラット&ナチュラルで素晴らしいのですが、定番マイクロフォンを多数再現できるモデリング技術が大きな特徴になっています。使ってみた上でのメリットをまとめたものが以下です。

・プラグインなのでボーカルのマイクオーディション(声に合うマイクの選定)がスムース。
・収録が終わった素材のマイクモデル変更、極性パターンも可能。
・1本でステレオ収録。
・UADのUnisonプロセッシングを使って使用することが可能で低レイテンシー。
(※たとえばapolloシリーズで使用した場合、96kHzで約1.6ms。)

これまでのモデリングマイクでは、特にかけ取りが難しく、レイテンシーの観点から収録後にマイクモデリングすることも多々ありましたが、UADのオーディオインターフェースと組み合わせるとリアルタイムで使えるようになったのは嬉しいですね。

03

使用感を試してみたい方は、下記のサイトからDEMOプラグインダウンロード可能です。

https://townsendlabs.com/support/downloads/

オフィシャルサイトにて収録済みのPro Tools、Cubase、Logic、Studio Oneのセッションファイルが用意されているので、ぜひダウンロードしてその変化をチェックしてみてください。

https://townsendlabs.com/sphere-demo-audio/

特にボーカルモデリングの音の変化具合は、非常に魅力的に感じると思います。試していただくと、ボーカルの重心やサウンドのスピード感が大幅に変わるのがわかるかと思います。

商標権の関係か名称がL-という形になっていますが、ボーカルマイクロフォンの憧れともいえる逸品、おそらくNEUMANN U47、AKG C12、Telefunken 251などですが、定番中の定番マイクロフォンをモデリングで導入できるのは本当に凄い時代です。

04

どのマイクもコンディションの良いものは軽く100万円を超えますからね。また、ステレオ収録のギター素材の極性を変えることで、楽曲アレンジの際の奥行き感などを操作することができます。

05

特にapolloとの併用による低レイテンシー&プロセッシングは強力です(他のインターフェースだと、通常のプラグインインサートと同じ条件のため、レイテンシーがその分発生します)、apolloユーザーに激オススメです。

Youtubeリンク(Townsend Labsオフィシャル動画):

  • TOWNSEND LABS
    SPHERE L22

    ¥ 169,560 (本体価格:¥ 157,000)

    2,543 ポイント還元

    Slate Digital / Virtual Microphone System

    つづいてSlate Digital VMS。こちらのシステムでは、マイクに加え、マイクプリアンプもふくめた総合的なモデリングを実現しているのが大きな特徴です。

    06

    Youtubeリンク(Slate Digitalオフィシャル動画):

    SPHERE L22と比較して以下の点がVMSの比較ポイントになります。

    ・VMS専用のマイクプリモジュールVMS-ONEを用意。最大限ピュアな状態でA/Dコンバーターへと伝送するVMS専用プリアンプです。

    ・APOLLOインターフェースなどの専用インターフェースを所有せずともマイクプリアンプのモデリングを使用可能。(L22では、別途マイクプリアンプが必要です。)

    ・将来的にマルチマイクのシステムの発売が公表されているので、ドラムレコーディングなどのマルチマイク収録にも向いていると思います。(※記事執筆時点で国内発売は未定です。)

    マイクモデリングの種類としては以下を用意しています。

  • SLATE DIGITAL
    Virtual Microphone System

    ¥ 135,000 (本体価格:¥ 125,000)

    2,025 ポイント還元

    モデリングマイク一覧

    sphere L22

    LD-47K、LD-12、LD-67、LD-49K、LD-251、LD-800、LD-87、SD-451、RB-4038、DN-57

    VMS  ※一部別売りのオプション購入品も含みます。

    FG-47、FG-12、FG-67、FG-M7、FG-800、FG-251、FG-800M、FG-269

    簡単に比較はできませんが、どちらも定番のヴィンテージマイクは押さえられています。

    代表的なマイクモデリングのサウンドを比較してみよう

    まとめ:

    レコーディングにおけるマイクの質感などは、エフェクト処理にも大きく関わってきます。通常収録後にEQやコンプレッサーを行いますが、元の素材の質感がそのプラグインのかかり方にも影響し、レコーディングした素材の質感があわなければ、どれだけプラグインが優秀でも、イコライジングでおいしいポイントをついても、その帯域の音が持ち上がって来ないのです。その際、L22やVMSであれば、素材の質感自体を変更することができます。まさに数十本のマイクを所有しているのと同じ状況になるわけです。宅録のファーストセレクトにオススメですよ!


    プロダクト深層世界一覧

      記事内に掲載されている価格は 2017年10月16日 時点での価格となります。

      最新記事ピックアップ

      パーソナルレコーディングスペースISOVOX 2に、数量限定Fresh …
      白と黒のカラーモデルも入荷!
      Lewitt LCT 240 Pro Value Packを買うとPop Fil…
      エントリーモデルとしても最適!付属の磁気ポップフィルターは純正品ならではの一体感!
      Silverから「Waves」をはじめよう!Silver Week Promot…
      待望の「シルバーウィーク」!WavesのSilverを日本限定特別価格でご提供!
      BOSSがYouTubeでセッションを楽しめるポケット・サイズのアンプ/エフェク…
      YouTube動画にあわせてBOSSの高品位なギター・トーンで演奏可能!スマホやPCを最高のレッスンスタジオへ!
      GoProが新製品「GoPro HERO9 Black」を発表!
      5K/30p撮影に対応!前面ディスプレイ搭載など、さらに便利に!
      ARTURIAがKEYSTEP 37など話題の新製品を発売!本国サイトではPol…
      KEYSTEP 37ほか便利なKEYLAB 88 MK2専用スタンド、お得なバンドルも!
      Ozone Elementsからのアップデートが史上最安値!iZotope Gr…
      Neutron Elements も¥3,190(税込)となる追加セールが開催!
      ADV.が便利なオーディオアクセサリー3種類を発売!
      スリーピングイヤフォン、超小型DAC付アンプ、Apple AirPods Pro専用フォームイヤーチップも!
      Cranborne Audioスタートダッシュキャンペーン期間延長!500R8購…
      Cranborne Audioが日本初上陸!画期的なオールインワンソリューション500R8購入でプリアンプをバンドル!
      RGBlinkが映像配信スイッチャーminiを発売!
      4つのHDMI入力をシームレスに切替え、コンパクトなスィッチャーがお求めやすく!
      期間限定!「Positive Grid September Software P…
      Positive GridがBIAS AMPやBIAS FX、BIAS Pedalの各シリーズや、バンドルやFX拡張パックまでお得に手に入る「Positive Grid September Software Promot [……
      サウンドエンジニア・鈴木智雄氏が語るDPA Microphonesのボーカル・マ…
      ボーカルの魅力を最大限引き出すクリアなサウンドで人気のマイクロフォン2028、その評価とは?
      Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company