閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

29
Sep.2016
PRODUCT NEWS
  • HOME
  • PRODUCT NEWS
  • NEW PRODUCT
  • Native Instruments MASCHINE JAM マトリクスとスマートストリップスで頭脳と音楽がつながる。直感型ミュージックプロダクションマシン!

Native Instruments MASCHINE JAM マトリクスとスマートストリップスで頭脳と音楽がつながる。直感型ミュージックプロダクションマシン!

20160909_ni_1090

Native Instrumentsから新製品 MASCHINE JAM が登場!

『KOMPLETE』『TRAKTOR』と並びNI者の3本の矢である『MASCHINE』シリーズの最新作は、これまでソフトウェアとハードウェアの融合による多彩な「ビートメイク」専用機からさらに進化。あらゆるジャンルの楽曲そのものを一から組み立て、エディットし、ライブにまで発展させる「直感型ミュージックプロダクション」マシンなのです!


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

    ソフトとハードが織りなす連携性!イメージがピュアなまま音になる

    NI_MASCHINE-JAM_Foto_01

    DAWとハードウェアコントローラーを使う制作は連携性が低いことも多く、曲が出来上がった後にミックス作業が待っています。そのうち結局マウスとキーボードに頼る楽曲制作となることもしばしばでしょう。しかしMASCHINEシリーズは、専用のDAW『MASCHINEソフトウェア』を使用することでPCとハードウェア一体で双方のメリットを拡張。その気になれば、制作とミックスが同時に進んで行くワークフローも実現します。

    NI_MASCHINE_screenshot_ArrangerWithPatternEditor

    あらゆる楽器の入力が可能なコントローラー

    MASCHINE JAMは、MPCサンプラー、TRリズムマシン、カオスエフェクト etc… あらゆるビートメイク機材の優れた入力方法を備えた『64基のクリックマトリクス』と『8本のスマートストリップス』を駆使し、最新のマルチトラック・ステップシーケンサーでパターンをスケッチ。そこに直感を頼りに指先でエディットを加えることで、最短時間で唯一無二の楽曲が仕上がります。

    ※MASCHINE JAMは歴代シリーズができなかった、ハードウェアからのピアノロール入力にも対応。メロディ楽器を多用するハーモニー主体の楽曲も高速で入力できます。

    モードを切り替えることで様々な楽器の演奏方法を入力でき、歴代グルーブマシンの美味しいところを汲み取った複数のシーケンサーを使いこなす『クリックマトリクス』と『スマートストリップス』について、Rock oNだけの解説ムービーをご用意しました。約7分にMASCHINE JAMの魅力と可能性を詰め込みました。ぜひごらんください!

    買ったその日から25GB以上のインストゥルメンツが手に入る!

    img-ce-full-maschine-jam_overview_03-supreme-sound-c5dc61d39cbc3adbff789c12389cb749-d

    MASCHINE JAMには、マルチ音源集『KOMPLETE 11 SELECT』が付属。の合計11の製品、2,500以上のサウンド、25GB以上のインストゥルメンツとエフェクトが、買ったその日から最高の制作環境をあなたに与えます。

    KOMPLETE 11 SELECTには以下の製品がバンドルされます: MASSIVE、REAKTOR PRISM、MONARK、THE GENTLEMAN、DRUMLAB、RETRO MASCHINE MK2、 VINTAGE ORGANS、WEST AFRICA、 SCARBEE MARK 1、SOLID BUS COMP、REPLIKA

    兄弟機MASCHINEユーザーにもメリットが!

    img-ce-full-maschine-jam_overview_05-dual-impact-a21cf537c92d6b1abe83a6e41e1fda1d-d
    MASCHINE JAM は別の MASCHINE ハードウェアと併用可能で、いつでも完璧に同期します。 MASCHINE のパッドでドラムを叩き、MASCHINE JAM でパターンやシーンをワンタッチでトリガーするなど、両方のシステムの長所を生かすことができ、音楽制作とパフォーマンスが統合されたエコシステムが実現します。

    MASCHINE JAM特徴

    NI_MASCHINE-JAM_Foto_03

    ・マルチカラーの8×8クリックパッド・マトリックスを使えば、ドラムパターン、メロディー、コード、アレンジ作成をすばやく簡単に行える

    ・ハードウェアとソフトウェアが統合したワークフローにより、高いパフォーマンス性を発揮

    ・ワンタッチでパターンやシーンへのアクセス可能で、すばやくジャミングやトラックアレンジのスケッチが可能です

    ・KOMPLETE、MASCHINEの全モデルとの完全連携し、サードパーティ製NKSとVSTプラグインをフルサポート

    ・AbletonLiveTM等のマッピングデータが付属。Liveはもちろん、その他DAWのコントローラとしても使用可能

    ・著名サウンドデザイナーやアーティスト制作による高音質な9GB相当のサウンドライブラリや最新のDrum Synthを搭載したMASCHINE2.5ソフトウェアが付属

    ・11の高品質なインストゥルメントとエフェクト、そして25GBを超えるサウンドパッケージであるKOMPLETE 11 SELECTが付属

    ・人間工学に基づき設計されたスタンドが付属

    NI_MASCHINE-JAM_Foto_Studio-01

    スマートストリップを使ったノート演奏とサウンドシェイプは、ユニークな曲作りの可能性を秘めています。MASCHINE JAMは既存MASCHINEユーザーにも魅力的な製品でしょう。新しい楽曲制作で自分の可能性にチャレンジしたい人、制作プロセスを高速化したい人、もっと直感を大切にした制作をしたい人。そういった現代に必要とされるクリエイターに贈ります。MASCHINE JAM。


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

    記事内に掲載されている価格は 2016年9月29日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Strymon VOLANTE予約開始!
    3タイプセレクト可能なマルチヘッドディレイ!
    Prominy「SR5 Rock Bass 2」予約開始!新たに収録されたサンプ…
    世界一リアルなギター音源を作る日本国内のProminy。そんなProminyの中でも特に人気のあるベース音源「SR5 Rock Bass」がアップデート!この度「SR5 Rock Bass 2」が発表されました。 Pro [……
    ドイツのSound & Recording Magazine Webサ…
    ドラムのオーバーヘッドに立てて、50種類のマイクで比較試聴!
    ブランド市掘り下げ AVALON DESIGN V5
    今回ご紹介する「V5」は、1台三役のマルチユニット!
    UVI Rock oN Demand対応おすすめ5選!
    Rock oN Demand対応になったUVIから注目の5プロダクトをピックアップ!
    Ableton Live 10.1 UPD 公開!UPD内容と、いつものOne …
    Live 10.1UPDの追加機能と既存機能を使ったOne Tipsをご紹介!
    Vicousticの取り扱いを開始!室内音響を改善するソリューション!
    スタジオ向けに吸音、拡散といった室内音響を改善するソリューションを多数ラインナップ!
    Sonarworks「True-Fi」で外でも正しい音を持ち歩こう!
    「True-Fi」とは スピーカーキャリブレーションソフトウェアの大手SonarWorksが手がける「True-Fi」をご存知でしょうか。みなさんが作られている音楽がリスナーに渡るとき、その音響特性はリスナーのモニター環 [……
    TC Helicon「Go XLR」予約開始!ブロードキャストに特化したミキサー…
    ミキサー・オーディオインターフェース・ボーカルエフェクター・サンプラーをも搭載!
    Ableton Liveの面白い機能をブレイクダウン!
    Ableton Liveにビンテージマシン固有のシーケンサーを完全再現出来る機能が!?
    MOTUがDigital Performer 10を発表!予約受付中!
    クリップウインドウやオーディオストレッチに加えて、数十種に及ぶ新要素が追加!
    PD安田がお勧めするWaves Mercury!
    過去最強にお得に手に入るWaves Mercuryの何がすごいのか、PD安田が紹介!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
    RockoNCompanyに関するツイート