閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

15
Nov.2018
PRODUCT NEWS

Cubase 10 新発売!数々の新機能が高速ワークフローを実現!

20181115_steinberg

Cubase 10が発売!VARI AUDIO3やチャンネルストリップの刷新など、さらなる手早い制作ワークフローを実現する「Cubaseを使ったことがあれば誰しもが歓喜する」新機能を多数搭載!

そしてみなさんお気づきでしょうか。「CUBASE」のロゴが赤からモノクロになったのです。これはCubaseに携わるビジュアルデザイナーが変わったことによります。彼のアイディアによりGUIのトーンが以前よりも落ち着いたトーンになったということ。より目に優しく、長い作業にも疲れにくくなったのです。

これらの機能追加やしよう変更は決して派手ではありませんが、プロフェッショナルなら分かる進化といえます。この魅力をぜひあなたも体験してください!

Cubase 10 新機能

VARIAUDIO 3 (Proのみ)

クオリティ、ワークフロー、操作性 - 全面的な改良により、VariAudio がさらにクリエイティブなツールになりました。セグメントすべてのパラメーターをツールを持ち替えずに編集できるスマートコントロールは作業を大幅にスピードアップ。マイクロピッチレベルでの微調整からメロディ変更、フォルマントシフトによる自然な音質の維持から全く別の声質への変換まで、どんな編集もスムーズに行えます。

オーディオアライメント (Proのみ)

リードボーカルのダブリングやパート重ねはよく用いられる録音テクニックですが、タイミング合わせは手間のかかる作業です。オーディオアライメントを使えば、重ねたボーカルその他のパートの整列を瞬時に行えます。複数のトラックをリファレンストラックに合わせ、タイミングも自動的に揃えます。

チャンネルストリップの刷新 (Pro・Artist・Elements 共通)

ミキシングにおいて最も重要なチャンネルのトリートメント。Cubase 10 で生まれ変わったチャンネルストリップは、モジュールの機能や操作性を大幅に向上させました。各モジュールのメータリングの視認性も高まり、コンプレッサーなどを詳細表示してさまざまな微調整も可能です。

GROOVE AGENT SE 5 (Pro・Artist・Elements 共通)

バーチャルドラム Groove Agent SE がバージョンアップ。新しいアコースティックドラムキット The Kit、20 の Beat Agent エレクトロキット、ワンクリックでのルーティング設定、パッドプリセット、ブラウザでのプレビュー、GUI のリサイズなど数々の新機能と豊富なサウンドがリズムトラックを強力に支援します。

MIXCONSOLE スナップショット (Proのみ)

ミキシングが違えば曲は大幅に変わります。Cubase 10 ではミックスを複数作成して瞬時に比較可能。MixConsole のタブに現在のミックスを保存し、いつでも呼び出すことができます。それぞれのスナップショットにはメモを加えたり、たとえば EQ 設定だけ、または任意のトラックだけを呼び出すことも可能です。

感性を刺激するサウンド&ループ (Pro・Artist・Elements 共通)

download_s

多方面で活躍するクリエイターによる 5GB ものサウンドやループを搭載 - Analog Techno by Florian Meindl / Hip Hop Vault by The Beat Butha / Soul Assembly by Soul Surplus / Raw Ambience by Rawtekk / Blackbuster by Allen Morgan / Mystic Spaces by Ferdinand Försch

MPE コントローラー対応 (Pro・Artistのみ)

download-1_s

新しい MIDI 規格、MIDI Polyphonic Expression (MPE) に正式対応。主要な MPE コントローラーは自動的に検知、設定され、インストゥルメントのパラメーターへの割り当ても簡単です。Retrologue / Padshop 専用の MPE 対応プリセットも搭載しました。

VR 作成 (Proのみ)

download-2_s

バーチャルリアリティ (VR) オーディオ制作のためのツールを搭載。3次までの Ambisonics バス対応、HMD と連携したヘッドトラッキング、バイノーラライザー、VR パン二ングを搭載した VST Multipanner など、収録からファイナルミックスまで、プロフェッショナルかつ扱いやすいソリューションを統合します。

他DAWからの乗り換え版がお得!

Steinberg
Cubase Pro 10 クロスグレード版
¥41,040
本体価格:¥38,000
616ポイント還元

本製品は他社DAWご使用のユーザー様を対象したクロスグレード版となります。ご購入にはお申し込み書が必要です。ご注文後に弊社からご連絡差し上げます。

対象製品は下記になります。

■クロスグレード対象製品
Ableton Live / Apple Logic / Avid Pro Tools / Avid Sibelius / Image-Line FL Studio /
makemusic Finale / MOTU Digital Performer / PreSonus Studio One / Propellerhead Reason / TASCAM Sonar
※ Intro / Lite / First / Fruty Edition/ Artist / Prime / Essentials / LEその他 FreeBundle版は対象外※

Cubase Pro 10を手に入れるならこれがお得!

Steinberg
CUBASE PRO 10(旧パッケージ版)
¥59,184
本体価格:¥54,800
1ポイント還元

在庫限り、無償でVer.10ライセンスになります。価格を考えたら今こちらを購入するのがお得!

Steinberg
Cubase Pro 10
¥61,560
本体価格:¥57,000
923ポイント還元
Steinberg
Cubase Artist 10
¥34,560
本体価格:¥32,000
518ポイント還元
Steinberg
Cubase Elements 10
¥12,960
本体価格:¥12,000
194ポイント還元

アカデミック版

Steinberg
Cubase Pro 10 アカデミック版
¥41,040
本体価格:¥38,000
616ポイント還元

アカデミック版は、学校在籍の教職員/講師または、学校設備としての購入の方を対象とした販売パッケージとなります。

教職員または学生の方が個人でお求めになる場合には、「アカデミック版購入申込書」のほかに「身分証明書等アカデミック製品購入対象者と判断できる証明書」が必要になります。ご注文後、ご案内させていただきます。また、個人でお申込みの場合は、各商品1本までとなりますのであらかじめご了承ください。

Steinberg
Cubase Elements 10 アカデミック版
¥7,560
本体価格:¥7,000
113ポイント還元
Steinberg
Cubase Artist 10 アカデミック版
¥19,440
本体価格:¥18,000
292ポイント還元

記事内に掲載されている価格は 2018年11月15日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

IK Multimedia iLoud MTMが予約開始!
リニアな位相特性による透明なサウンドと正確な音像で、ニアフィールド・モニターを再定義!
Strymon VOLANTE予約開始!
3タイプセレクト可能なマルチヘッドディレイ!
Prominy「SR5 Rock Bass 2」予約開始!新たに収録されたサンプ…
世界一リアルなギター音源を作る日本国内のProminy。そんなProminyの中でも特に人気のあるベース音源「SR5 Rock Bass」がアップデート!この度「SR5 Rock Bass 2」が発表されました。 Pro [……
ドイツのSound & Recording Magazine Webサ…
ドラムのオーバーヘッドに立てて、50種類のマイクで比較試聴!
ブランド市掘り下げ AVALON DESIGN V5
今回ご紹介する「V5」は、1台三役のマルチユニット!
UVI Rock oN Demand対応おすすめ5選!
Rock oN Demand対応になったUVIから注目の5プロダクトをピックアップ!
Ableton Live 10.1 UPD 公開!UPD内容と、いつものOne …
Live 10.1UPDの追加機能と既存機能を使ったOne Tipsをご紹介!
Vicousticの取り扱いを開始!室内音響を改善するソリューション!
スタジオ向けに吸音、拡散といった室内音響を改善するソリューションを多数ラインナップ!
Sonarworks「True-Fi」で外でも正しい音を持ち歩こう!
「True-Fi」とは スピーカーキャリブレーションソフトウェアの大手SonarWorksが手がける「True-Fi」をご存知でしょうか。みなさんが作られている音楽がリスナーに渡るとき、その音響特性はリスナーのモニター環 [……
TC Helicon「Go XLR」予約開始!ブロードキャストに特化したミキサー…
ミキサー・オーディオインターフェース・ボーカルエフェクター・サンプラーをも搭載!
Ableton Liveの面白い機能をブレイクダウン!
Ableton Liveにビンテージマシン固有のシーケンサーを完全再現出来る機能が!?
MOTUがDigital Performer 10を発表!予約受付中!
クリップウインドウやオーディオストレッチに加えて、数十種に及ぶ新要素が追加!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート