閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

02
Mar.2017
REPORT
  • HOME
  • REPORT
  • 直前情報
  • Sonica Instruments TSUGARU SHAMISEN発売!津軽三味線ソフトウェア音源が日本の心を知る国産メーカーから登場。3月限定イントロプライスでGETだ!

Sonica Instruments TSUGARU SHAMISEN発売!津軽三味線ソフトウェア音源が日本の心を知る国産メーカーから登場。3月限定イントロプライスでGETだ!

20170302_sonica_1390

日本人が作り出す国産ソフト音源。Sonica InstrumentsのVirtuoso Japanese Series第二弾は津軽三味線をソフトウェア音源化!

ゲームや劇版はもちろん、今ならメタルなどでもニーズが強まる三味線。その中でも特に情熱的な津軽三味線をダイレクトマイキングにこだわり収録し、専用の発音メカニズムを搭載してリアリティが追求された『TSUGARU SHAMISEN』。海外とのお仕事が多い方もぜひ注目してください!


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

    Sonica Instruments TSUGARU SHAMISEN

    ov04_cp

    豪快な叩き音、力強いゆすり奏法、高速のはじき奏法など、しなやかで躍動的な津軽三味線を、あますところなくソフトウェア音源で再現、Kontakt Instrument Libraryとして完成しました。民謡からハードロック、ジャズ、現代音楽、映画音楽まで幅広いジャンルを盛り上げます。

    主な特徴
    shamisen_01

    • ベストなレコーディングとプログラミングによる十三絃箏同様の演奏表現
    • 最高5ヴェロシティレイヤー、12Round robinによる自然なダイナミクス
    • 20種類以上の津軽三味線の奏法を網羅、Key Switchでコントロール可能
    • 5種類のフレーズバンクに津軽三味線ならではのフレーズを収録、キースイッチでコントロール可能
    • 弦を指定して演奏可能なストリングモード・メカニズムで、三味線と同じ挙動による豊かな表現力とリアリティ
    • 津軽三味線特有の吾妻さわりと共鳴音を再現し、本物と同じように動作
    • 二上り、本調子、三下りの3種類の調弦(チューニング)を選択可能
    • 全ての調弦とキートランスポーズに追従する開放弦、さわり、共鳴音
    • 打ち(Down)、スクイ(Up)を連続して弾き分けるオルタネートピッキング機能
    • レガートで瞬時に「はじき」音を演奏可能な「Hajiki-Legato」機能
    • プラッキングコントロール機能によって得られる、リアルなアタックのニュアンス
    • 弦ごとにチューニング、音量を調整可能なインストゥルメント・エディター搭載
    • 24bit、96kHzで録音された生々しく力強いサウンド(製品は24bit、44.1kHzで収録)
    • マルチマイクで収録、Direct、Overhead、Room、Stereo Mixを個別に専用Mixerでミキシングして音作りが可能

    • (※このライブラリーをお使いになるためには、Native Instruments Kontakt 5.4以上(Full版)が必要になります。Kontakt Player非対応)

    妥協のない演奏とレコーディング

    shamisen_04
    shamisen_05

    津軽三味線の演奏は山中信人氏。狂いのない演奏力と集中力で、音にエネルギーを注ぎ込んでいただきました。
    スタジオではこだわりのマイク・セッティングと共に、色付けのない高性能マイクアンプからダイレクトに録音しました。

    演奏家の紹介

    山中 信人 津軽三味線演奏家

    中学校卒業後15歳で単身青森県弘前市に渡り、津軽三味線奏者「山田千里(やまだちさと)」の内弟子として民謡酒場に住み込み4年間修業。山田流師範となる。
    津軽三味線全国・世界大会(弘前大会)にてC級B級連続優勝、最上級A級優勝、また津軽民謡の伝統的な唄付けの技術を競い合う唄付け伴奏部門で3回の優勝を獲得。
    海外計20カ国で演奏。約16年にわたり「南中ソーラン」など現代風にアレンジした民謡を演奏する伊藤多喜雄&タキオバンドのメンバーとして活動。
    現在はソロ奏者として演奏会、学校公演、講演会などで活動中。洗足学園音楽大学非常勤講師。加須市観光大使。
    2016年5月4日青森県「弘前市民会館」でおこなわれた第35回記念津軽三味線世界大会にて最上級A級個人戦チャンピオン獲得。

    津軽三味線特有の奏法を再現可能にする、独自の発音メカニズムとインターフェース

    ストリングモード・メカニズム

    shamisen_06
    津軽三味線には3本の弦がありますが、基本的にギターのような和音演奏はあまりせずに、一の糸をメインにした単音フレーズや三の糸をメインにした単音フレーズを駆使して演奏します。この演奏方法を再現するために、TSUGARU SHAMISENでは3本の弦を独立した楽器として挙動させ、弦を選択して発音させるストリングモード・メカニズムを開発し、搭載しました。

    演奏時は、キースイッチでストリングモードを瞬時に選択可能。これによって、本物と同じように3本の弦を縦横無尽に行き来する演奏表現が可能となりました。

    ストリング・モニター

    stringsmonitor今、どの弦が鳴っているかがString Monitorにリアルタイム表示されます。

    ・開放弦の音程
    ・選択している弦
    ・弦の発音状態 赤:開放弦、緑:指抑え(ネックポジション)

    「はじき」奏法を再現する”はじきレガート(Hajiki-Legato)”機能

    左手の指で弦をはじく、三味線特有のタッピング奏法の一種「はじき」。
    MIDI鍵盤をレガートで演奏すれば、どのアーティキュレーションからも、Key Switch操作することなく瞬時に「はじき」音で演奏可能です。

    連続したバチさばきを再現するオルタネート奏法機能

    キーオンで打ち(ダウンストローク)、キーオフでスクイ(アップストローク)を交互に発音可能なオルタネートピッキング機能を搭載しました。この機能はサスティンペダルを踏んでいる間だけアクティブになり、どのアーティキュレーションで演奏していても、瞬時にこの奏法を差し込むことができます。
    サスティンペダルを踏んでいる間、連続で打鍵すれば簡単にトレモロ奏法が実現できます。

    「さわり」と「共鳴音」を発音するレゾナンス機構

    津軽三味線の響きを作るのに最も重要な吾妻さわり(あずまさわり)と共鳴音を独立して音源化、
    津軽三味線の発音と同じように、特定の音程に反応して共振します。
    さらに、これらのレゾナンス音は、三つの調弦タイプとキートランスポーズにも追従し、三味線の本来の響きを確実に再現します。またレゾナンス音はそれぞれ成分音量をコントロール可能です。

    tuning

    3種類の調弦とキートランスポーズ

    二上り、本調子、三下りのスタンダードな三味線の調弦を用意しました。
    調弦を変えると、鍵盤上では音程はクロマチックに並んだままですが、開放弦の音程が変わり、同時にさわりと共鳴音も追従し、その調弦独特の響きが再現されます。

    楽器の状態を緻密にコントロールできるInstrument Editor

    弦ごとに調整可能なストリングボリュームとファインチューニング、さわりの音量、共鳴音の音量、ミュートノイズの音量を調整できるノイズミキサーを用意、楽器全体の響きを緻密に調整できます。

    TS_Inst_editor

    二つのプレイモードとピッチベンドモード

    リアリティを追求するSingle、コード楽器として演奏可能なPoly。目的に応じて二つのプレイモードを用意しました。
    またピッチベンドについても、演奏中の弦だけにかかるSolo、全体にかかるAllという二つのピッチベンドモードを用意しました。

    20種以上のアーティキュレーション、5つのフレーズバンク、掛け声、スライドノイズを収録

    収録アーティキュレーション

    前バチ、前バチスクイ、前バチスタッカート、
    叩き(ダウンストローク)、スクイ(アップストローク)、叩きスタッカート、はじき、
    ゆすり(ビブラート)、スリ上げ、スリ上げx2回、スリ下げ、スリ上げ下げ、スリ上げ下げ連続、
    スリ上下上下、大スリ上げ、スローピッキングノイズ、ミュートノイズ、掛け声、スライドノイズ

    フレーズバンクx 5バンク
    フレーズバンク1:ワンショットフレーズ x 9
    フレーズバンク2:8小節フレーズ x 9
    フレーズバンク3:即興演奏からのショートピース x 15
    フレーズバンク4:即興演奏からのショートピース x 15
    フレーズバンク5:即興演奏からのショートピース x 8

    Audio Mixer

    dt2_01

    Direct、Overhead、Room3種類のステレオマイクポジション+Stereo Mixで収録。
    チャンネル毎に用意されたVolume / Pan / Reverb Send / EQ で自在にミキシング可能です。
    さらに品質コボリューション・リバーヴを搭載、Instrument上でクオリティの高い音作りが可能です。
    また各マイクチャンネル毎にDAWトラックへのパラアウトが可能なマルチアウトプット・バスを用意、緻密なミキシング・セッションにも対応可能です。

    LOADマネージャー
    dt2_02
    必要なアーティキュレーションだけを読み込みさせるLoadマネージャーを用意。無駄なサンプルのLoadを避ける事でKontaktエンジンをより快適に動作させることができます。

    サウンドを聴いてみよう


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

    この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年3月2日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Antelope 10MX が期間限定 15%OFFキャンペーン中! 4/30ま…
    通常価格に比べ ¥117,936 もお得で、さらに10025ポイントをゲット!4/30まで
    NAB2019 DAY4 : Avid
    MTRX Digilink Moduleのプロトタイプを使ったシステムアップが行われていました。
    NAB2019 DAY4 : soundwhale
    遠隔地を映像と音声で結んでリモートレコーディングや、ディレクティングを実現するソフトウェアを展示。
    NAB2019 DAY4 : iZotope
    NAB2019 会場でのiZotopeは やはりRX7中心の展開!
    NAB2019 DAY4 : Western Digital
    G-TechnologiesからはSSDの新製品、SanDiskからもポータブルSSDが登場!
    NAB2019 DAY4 : Decimator Design
    スケーラーとフレームレートコンバーション搭載のHDMI-SDI 4Kコンバーター「12G-CROSS」新製品登場!
    NAB2019 DAY3 : APOGEE
    WAVES/DiGiGridのブースでなんとAPOGEEの新製品を発見。おなじみSymphony I/O mk2のSoundGrid Option搭載モデルがありました。 見た目は、普通のAPOGEE Symphony [……
    NAB2019 DAY3 : LAOWA
    中国のレンズメーカーLAOWAは、非常にユニークなプローブレンズを中心に展示!
    NAB2019 DAY3 : Fraunhofer
    従来の生放送向けの機器とは別に、制作向けツールが登場しています。
    NAB2019 DAY3 : NEUTRIK
    従来のアナログコネクターだけではなくUSB-Cが登場!
    NAB2019 DAY3 : DYNAMOUNT
    DYNAMOUNTはPCからのリモートシステムでマイクの向きを自由に変化できる製品が展示!
    NAB2019 DAY3 : Z CAM
    Z CAMというカメラメーカーが今年はなんとシネマカメラのリリース!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
    RockoNCompanyに関するツイート