閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH19

25
Apr.2019
REPORT

SUPERBOOTH 19 : ACID渋谷が4回目のベルリンレポート!

20190425_superbooth_1390

今年もSUPERBOOTHの季節がです!2016年に音楽の都ベルリンで開催されたSUPERBOOTHも、はや4回目。今年もやはり我らがACID渋谷が現地より熱いレポートをテンション上げ気味にお伝えいたします!

20190425_shibuya_photo

ACID渋谷

こんにちは、ACID渋谷です! さぁ、今年も世界最大のシンセサイザーの祭典SUPERBOOTH19が始まります!

眠らない街、ベルリン。世界中からクリエイターや芸術家、そしてクラバー達が集まるこの文化の坩堝について今年、ある事実が注目されました。

世界最高峰にして現代のパラダイスガラージと評されるクラブberghainが2018年度にベルリン市にもたらした経済効果が約15億€だったというものです。これは勿論入場料とドリンク代だけではなく来場者が利用した宿泊施設や飲食店などが総合的に含まれた金額です。また、berghainはドイツ公認の文化的施設にも認定され税金も軽減されています。それも支えになり良いブッキング → 良いパーティー → 圧倒的な集客 → 安定したギャラ → 良いブッキングという好循環を生み出しています。

20170420superbooth_1day_58_
20170420superbooth_1day_103_

そんなナイトライフが文化的に成熟したベルリンで産声をあげたSUPERBOOTHも今年で早4回目の開催です。回を重ねる毎に規模が拡大し、どマニアックなモジュラーメーカーから、メジャーシンセブランドまでバリエーションに富んだデベロッパーがひしめき合う様は、正にシンセの万国博覧会。今年の出展ブース数は232に登ります!

20160331SB_1day_48_
20160331SB_1day_afternoon2_10_1
2018050420180504SB_2Day_1_165_-1280x960
20160331SB_1day_afternoon2_29_-1280x960

さて、今年のSUPERBOOTHはどんな驚きを見せてくれるのか、初回からリポーターとして通っているACID渋谷が注目のデベロッパー&プロダクトをご紹介いたします!

ここに注目!

①E-RM / polygogo oscillator

polygogo

E-RMといえば日本ではハードウェアユーザーに人気のある高精度なクロックジェネレーターのmidiclock+などがありますが、同社が開発した新しいオシレーターモジュールpolygogoの実機に期待しています!polygogoという名前はpolygonal(多角形の)から来ていると思いますが、グラフィカルな表示を見ながらパラメーターをエディットする新しいコンセプトのオシレーターの様です。どんなサウンドが飛び出すのか、現地からのレポートにご期待ください。また、E-RMといえばMaximilian Rest氏がChristoph Hohnerlein氏、そしてTatsuya Takahashi氏(元KORG)と共に、Red bull Music Academyがベルリンで20周年を迎えたことを記念して作成したインストルメント「Granular Convolver」の存在も気になりますね!

スクリーンショット 2019-04-24 21.01.31

Granular Convolverについてはこちらを。
https://daily.redbullmusicacademy.com/2018/09/the-granular-convolver

②Superlative Instruments SB-1/Space Bee

スクリーンショット 2019-04-24 21.11.40

こちらはすでに話題騒然のアナログシンセ。CEM4430(カーティス社のVCOチップ)のレプリカを使った、Roland SH-101のインスパイア製品。USB/MIDI/CV/GATEのインアウトを備え、接続性もバッチリ。筐体もかなり薄くて軽そうです。Behringer MS-101の対抗馬が出現です。

③Analogue Solutions Impulse Command analogue synthesizer

芳醇なアナログサウンドで独自の地位を築いているAnalogue Solutionsもコンスタントに新製品を発表。SEMのモデリングフィルターがクラシックなテクノサウンドを作り上げるTELEMARKや、驚異のフルスペックアナログポリシンセPolymath、そしてThe Chemical Brothersのスタジオでもその勇姿を確認することができる3トラックのユニークなステップシーケンサーGeneratorなどのラインナップに加え、Impulse Command analogue synthesizerが登場。もろにASサウンドのシーケンサー付きのセミモジュラーアナログシンセ。

④Native Instruments MASSIVE X

スクリーンショット 2019-04-24 21.26.04

KOMPLETE12ユーザーが待ち焦がれている大型新製品MASSIVE Xはいよいよ2019年6月のリリースが予定されています。SUPERBOOTH19では動いているMASSIVE Xの姿が見られるのでしょうか?公開されているブログ情報によれば、GUI中央の「NOISE」セクションには天気予報の様な雨と雲のアイコンと、海の様なアイコンがあります。通常モジュレーションソースのノイズといえば、ホワイトノイズやピンクノイズなどのメカニカルなノイズですが、MASSIVE Xに搭載されたノイズジェネレーターは自然の雨の様な性質を持っており非常に有機的なサウンドモジュレーションが得られるのだとか。白玉系のパッドに試してみたいですね!!

⑤Endorphin.esの新製品モジュール

Endorphin.esは今年も新製品をドロップする様です!昨年は漆黒のボディに凶暴なCR-78サウンドを詰め込んだBLCK_noirを発表してファンを驚かせましたが、今回も何やらブラックカラーのモジュールが出る様です。6HPの小型のもので名前がGodspeed?の様なものみたいです。Instagramにはディザーがアップされており、期待が高まります。今年もMoritzさんのデモンストレーションムービーを撮ってきますのでお楽しみに!

こちらの画像をクリックするとInstagramのムービーページへ!
スクリーンショット 2019-04-25 18.42.03


またSUPERBOOTHはライブパフォーマンスやワークショップなどのイベントも充実。私が気になったのが「監視による多くの犠牲者の音楽史」なるテーマで、かのAtari Teenage RiotのAlec Empire御大が登壇する模様です。字面からしてすでに氏の反骨精神がビシビシと伝わってくる気がしますが、一体どんな内容なのでしょうか?なんとか足を運んでみようと思います。

Writer_ACID渋谷

SUPERBOOTH19 公式HP
https://www.superbooth.com/en/

NAMM 2019 最新記事


NAMM 2019

SUPERBOOTH19 Arrival Report ~ Schneiders Laden -後編-

SUPERBOOTH主催者のSchneiders氏のお店にしてベルリン・モジュラーシーンの要であるSchneiders Ladenへの潜入取材、後編では第3の間へ…。


NAMM 2019

Endorphin.es がSUPERBOOTH 2019に向けて6製品を発表

西海岸系シンセを独自の理念で進化させたEndorphin.es。SUPERBOOTH2019出展に向けて6つのEurorackモジュールの発表がありました!


NAMM 2019

SUPERBOOTH19 Arrival Report ~ Schneiders Laden -前編-

SUPERBOOTH19に先駆けて、今回はSUPERBOOTH主催者のSchneiders氏のお店にしてベルリン・モジュラーシーンの要であるSchneiders Ladenにお邪魔してきました!


NAMM 2019

IK Multimediaがアナログ/PCMドラムマシンUNO Drumを発表!

人気のUNO Synthと同様に、イタリアのアナログ・シンセサイザー・メーカーSoundmachinesとの共同開発によるファットでパンチのあるアナログ・サウンド!


NAMM 2019

Endorphin.esがInstagramに新製品画像を掲載!

西海岸系モジュラーシンセメーカーEndorphin.esが、同社のInstagramに4つの新製品を紹介しました!


NAMM 2019

MOOG Musicがセミモジュラーアナログシンセサイザー「Matriarch」発表!

Grandmotherが32鍵盤モノフォニックでしたが、Matriarchは49鍵盤で4つのアナログVCOが搭載されているので、最大4ボイスポリフォニック(モノ・2ボイス・4ボイスに切り替え可能)になっています!これだけでも表現の幅がグンと広がりますね!


NAMM 2019

Erica Synthsがモジュラーシンセの新製品Black Double Bassを発表!

Erica Synthsといえばラトビアに本拠地を置くメーカーですが、4月に開催されたSynthplex2019にて、同じラトビアのメーカーであるGame Changer AudioがリリースしたPlasma Pedalとのコラボが展示され、大いに注目を集めていたのも記憶に新しいです。


NAMM 2019

NAMM 2019 直前記事:PIONEER DJ

マルチトラック・シーケンサーTORAIZ SQUID発売!


この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年4月25日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company