閉じるボタン

ROCK ON

head-love Created with Sketch. CREATOR
PRODUCT NEWS

製品レビュー、試聴からサポート情報、キャンペーンまで製品別にフォーカス。活用のヒントがここに集結。

16
Jun.2017
PRODUCT NEWS
  • HOME
  • PRODUCT NEWS
  • NEW PRODUCT
  • Teenage Engineering PO-32 microtonic バンドル 登場!自分だけのサウンドを外に持ち出し、手軽にライブ演奏

Teenage Engineering PO-32 microtonic バンドル 登場!自分だけのサウンドを外に持ち出し、手軽にライブ演奏

20170616_teenage_1390

Teenage Engineering pocket operatorシリーズの最新作であり過去最高のスペックを誇るPO-32 tonicに、tonic共同開発者マグナス・リドストローム=Sonic Chargeが手がけるデスクトップ・ドラムマシンmicrotonicが付属するバンドルが数量限定で登場!

microtonicによるビンテージ質感のマシンサウンドからカッティングエッジなビートまで、microtonicで作成したサウンド/パターンを、PCスピーカーとPO-32のマイクを使って転送が可能です。microtonicで生み出した自分だけのサウンドを外に持ち出し、手軽にライブ演奏を楽しむことができます。


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

    PO-32 tonic

    20170418_te_op32_front_back-768x588

    • 1 – データ転送用マイクロフォン
    • 2 – 書き込みロック・タブ
    • 3 – 強度を高めたハンガー
    • 4 – 新しい解説図

    パラメーター・ロック機能、パンチイン・エフェクト、microtonic VSTから多彩なドラムパレットを転送することもできる、本格的なドラム・シンセサイザー/シーケンサーです。

    PO-32の内蔵マイクロフォンは、音声でデータを転送・受信することができます。さらに、本体のロック・タブを切り離すとパターンの書き込みを禁止することができます(元には戻せないのでご注意を!)。ハンガーの強度もさらに高め、頑丈になりました。本体裏側には便利なコンボ・キー解説図も追加されています。

    20170418_te_op32_58590931b6e2c40400ebcae2_512

    • 本格的なシンセサイザー・エンジン
    • シーケンサー
    • パラメーター・ロック
    • ステップ・マルチプライヤー
    • Sonic Charge microtonic vst からサウンドを転送* NEW!
    • 内蔵スピーカー
    • 内蔵マイクによるデータ転送 NEW!
    • 3.5mm オーディオI/O
    • ジャム演奏の同期
    • 動画LCDディスプレイ
    • 折りたたみスタンド
    • 書き込みロック・タブ NEW!
    • 時計 + アラーム機能
    • 電池駆動 (単4電池2本)
    • 最大連続使用時間:1か月
    • 最大保持期間 (スタンバイモード):2年間

    microtonic - 無限に創造する、ドラムサウンド

    shot_SCMT

    パターン・ベースのドラムマシン・エンジンを搭載した、パワフルなドラム/パーカッション・シンセサイザー。
    ビンテージ・ドラムマシンを彷彿とさせるサウンドから、最新ヒット・チューンで耳にするパンチの効いたモダンなサウンド・デザインにまで対応し、ヒップホップ、テクノ、ハウス、エレクトロ、ドラムンベース、IDM、ブレイクス etc、ダンスミュージックを中心に様々なジャンルで活躍すること間違いありません!


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

    magnus lidströmとのコラボレーションとPO-32 tonic誕生まで

    PO-32 tonicは、Sonic Charge社のエンジニアmagnus lidströmとの協力なコラボレーションによって生まれました。彼が語る PO-32 tonicから、この製品の本質が見えてきます。

    20170418_te_op32_586e6e0c74b2e10400294b35_1600

    20170418_te_op32_586e6af074b2e10400294b2d_1600sq-768x768Teenage Engineeringの友人たちと出会ったのは、2009年のmusikmesseでした。そのときはOP-1の初期プロトタイプを見せてもらいましたが、それは会場でもひときわユニークで、楽しみに溢れる製品でした。最初のコラボレーションはOP-1に追加されたCWOエフェクトでした。

    大規模なコラボレーションとなったPO-32 tonicを、ついにお見せすることができて、本当に素晴らしいことだと感じています。

    PO-32のゴールは、高く評価されかつ複雑さもあわせ持つmicrotonicのサウンドを、クオリティに妥協することなくpocket operatorの筐体に詰め込むことでした。何ヶ月もかけて、micro tonicのオシレータを完璧に最適化し、フィルター、エンベロープを実現するためのDSPソリューションと、それに要するCPU性能を頭のなかで描き続けました。

    20170418_te_op32_586e64e074b2e10400294b1f_1600

    最終的に完成した製品は、pocket operatorの99.99%のCPUとメモリを使い切っています。プロプライエタリなハードウェアの開発とは、つまりその内部で起こることを細部に至るまでコントロールできるということです。じっくりと丁寧に扱っていただければ、文字通り一生涯に渡って使うことができるでしょう。

    20170418_te_op32_586e6a1374b2e10400294b2a_1200ver-768x978PO-32は、先駆となるpocket operatorシリーズにも通じる、遊ぶように音楽を作る、というアプローチを踏襲しています。PO-10、PO-20のユーザーの方ならすぐにノブの動きをレコーディングしたり、エフェクトをかけたり、すぐに操作することができるはずです。

    PO-32に搭載した16のエフェクトは、microtonicの内部パラメーターを奇妙な形に、かつシンプルな操作で変化させます。ビート・チョップやボール・バウンスのようなサウンド、どれもすごく過激ですが音楽的に使えるエフェクトになっています。

    microtonic AU/VSTプラグインは数多くの機能を搭載しており、すべてをpocket operatorのフォーマットに落とし込むのは、困難でもあり同時に無意味なことでもありました。そこで、一対のコピーとしてではなく両者をお互いが補完し合うように設計したのです。

    独自のサウンドをmicrotonicで創り出すことはもちろん、Sonic Chargeウェブサイトのオンライン・リズム・ジェネレーターpatternariumで生成されたものをダウンロードすることもできます。そしてこれらのサウンドをケーブルをつなげることなく、マイクを使ってPO-32 tonicに転送し、リズムマシンを外に連れ出すことができるようになったのです。

    PO-32 tonicはライブ・ジャム演奏に最高の楽器になったのではないかと思います。皆さんにもっとクレバーなリズムとサウンドをお届けできれば、そう願っています。


  • ¥ 0 (本体価格:¥ 0)

    0 ポイント還元

    roc_po
    Rock oN 渋谷店頭にpocket operator特設コーナーを設置!

    最新PO-32tonicはもちろん、歴代全てのPOシリーズ全7機種を実際に試しいただけます!お友達と一緒にセッションをして遊んでもOK。楽しみにいらしてください。シンセマスターのSCFED伊部がお待ちしています!

    最新記事ピックアップ

    Universal Audio Arrow 特典付きで新発売!Apolloのサウ…
    Universal Audioから新製品『Arrow』が発売しました。入門者からプロのモバイル用途まで、気軽に導入できるUAD-2搭載オーディオI/Fの登場です! ArroewはApollo Rack、Apollo Tw [……
    SHURE GLX-D Advanced 安心、簡単、高音質。パフォーマンスにも…
    マイク、イヤホンと同じくSHUREがライブ現場で高い信頼を得ているのがワイヤレスシステム。その中でも今、ライブハウスなど小~中規模の現場で最も注目を浴びているのが2.4GHz帯のデジタルワイヤレスGLX-D Advanc [……
    Apogee Symphony I/O Mk II Thunderbolt 8×…
    旧Apogee製品から Symphony I/O Mk II Thunderbolt 8×8へのアップグレードで買取金額が15%UP! 旧Symphony I/OやEnsembleなどから最新鋭のフラッグシップへ。サウン [……
    知ってますか?FocusriteオーディオI/Fユーザーはプラグインが毎月もらえ…
    FocusriteのオーディオI/FシリーズはScarlett(USB)、Clarett(Thunderbolt)、RED(Network Audio)の3ライン。伝統のマイクプリアンプ搭載のほか先進のデジタル技術で、ビ [……
    KEMPERを選択する理由はこれだ!クリエイター目線で使いこなす!PROFILI…
    「徹底カスタマイズ」をキーワードに、数々のPro Tools、Sibeliusのオリジナルアイデア/ノウハウを披露します!
    NAMM 2018 直前情報:Universal Audo UAD-2アクセラレ…
    個性的なラインナップと卓越したアナログモデリングサウンド。そしてDSPによるCPUにほぼ負荷をかけないプロセッシングは、今や制作シーンのスタンダードとなったUniversal AudioのUAD-2! 2018年3月31 [……
    Native Instruments MASCHINE 2.7への進化
    世界中のビートメイカーのハートを掴んで話さないNative Instruments MASCHINEのソフトウェアv2.7が公開されています。 今回のバージョンアップではリアルタイムのタイムストレッチを含むオーディオの充 [……
    Rock oN AWARD 2018 受賞製品を発表!
    ユーザーとRock oN選考委員、そしてゲストのプロクリエイターが一つになって2017年を象徴するプロダクトを決めるRock oN AWARD 2018。遂に受賞製品が決定しました! 2017年はAIやVRなど新しい技術 [……
    Pro Tools HD対応オーディオI/O特集!憧れの最強セットをSUPER …
    高額製品を購入するなら1月31日まで! Rock oN eStoreでは『18回払いまで0%金利』もしくは『48回払いまで実質1.9%の超低金利』クレジットローンキャンペーンを開催中です! 例えば100万円の製品であって [……
    Ready to HD I/F!! 3rd Party I/Fへトレード&…
    今年はDigilink接続インターフェースが百花繚乱!! ROCK ON PROでは3rd Party製インターフェース導入を徹底アシスト!! 史上最大級のトレードバリューや技術メリットに加え、店頭比較試聴やレンタルプロ [……
    「KRKの1番の魅力はオーディオ的というより音楽的なところ」~ エンジニア 加納…
    エンジニア 加納 洋一郎氏に聞くKRK Vシリーズのインプレッションは?
    「agehasprings Open Lab.」レポート 〜 イベントに込められ…
    イベントに込められたメッセージ。これからの音楽クリエーターに求められること
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
    RockoNCompanyに関するツイート