閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2018

29
Jan.2018
REPORT

NAMM 2018 Day4 : EarSonics

イヤーソニックスはフランスの自社工場で開発から生産まで一貫しておこなうクオリティの高いインイヤーモニターブランド。今回登場したES5は、5ドライバー/3ウェイ(クロスオーバーはLow×1 Mid×2 High×2)構成。イヤーソニックスが持つすべての技術を結集したハイエンドイヤーモニターです。

NAMM 2018

サウンドは、レスポンスの良さに加え、豊かな低音、精度の高い表現力を持ちます。ロック、ポップス、ジャズ、そしてEDMなどのジャンルに適してると言えます。また、人間工学に基づいた優れた装着感を持ち、音楽を聴くことをより楽しいものにします。

NAMM

Writer : tsuneyoshi


EarSonics
http://www.earsonics.com

NAMM show report

#NAMM_EarSonics
でTweetされたこの記事の話題

NAMM ショーレポート
この記事、あなたの評価は?

最新記事ピックアップ

ソニー・太陽株式会社 国産マイクの系譜、日本が誇るべきクラフトマンシップ
実に26年ぶりとなる新機種C-100をリリースしたソニー。この長い期間を持ってしてもソニーのマイクロフォンに対するその注目度は衰えることはなく、いま制作に携わるユーザーからも高い関心を持って迎えられている。C-37/C- [……
SUPERBOOTH18 DAY3 : PERCUSSA
PERCUSSAがユーロラックの世界に結合!ユーロラック界隈では他に類を見ないハイスペックモジュールPERCUSSA SSPが登場しました。 要となるのはやはりDSPプロセッサー(Quad core Cortex A17 [……
SUPERBOOTH18 DAY3 : Analogue Solutions
アナログサウンドを追求し続ける孤高のブランドAnalogue Solutionsブースには昨年の発売から大きな話題を呼んでいるフラッグシップ機のFUSEBOX、そして先月発売されたばかりのTREADSTONE、さらに開発 [……
SUPERBOOTH18 DAY3 : XAOC DEVICES
XAOC DEVICESのブースはネオン管がかっこいい!そして強力な新製品が2つ出ていましたよ!複数のサイン波を合成して複雑なハーモニクスを生み出すODESSA(1975 VARIABLE SPECTRUM HARMON [……
SUPERBOOTH18 DAY3 : Teenage Engineering
楽器を超えた楽器。CG合成や舞台演出もできるシンセサイザーOP-Z!
SUPERBOOTH18 DAY3 : Twisted Electrons
アシッドベースマシンとファミコンサウンド。POシリーズのお友達 2製品が登場!
SUPERBOOTH18 DAY3 : KV331
人気のソフトシンセSynthMasterの専用コントローラーを開発中!
SUPERBOOTH18 DAY2 : Industrial Music Ele…
三次元モーフィングで強力なサウンドを奏でる大人気定番ウェーブテーブルオシレーター Industrial Music Electronics Piston Hondaが第三世代のMK3になって機能が大幅にアップデート!
SUPERBOOTH18 DAY2 : XIRID
SEQUENTIX cirklonの強力なライバル出現か!? XIRIDからハードウェアシーケンサーフリーク待望のニューカマー登場!
SUPERBOOTH18 DAY2 : Soundmachines
Soundmachinesブースでは、ピンポンゲーム(!!)もできるモジュラーデスクトップモジュラータイプのリズムマシン DS1drumstationがいい感じ!
SUPERBOOTH18 DAY2 : SoundForce Contoroll…
SoundForceのブースではプラグインソフトをハードウェア感覚で扱えるフィジカルコントローラを展示!
SUPERBOOTH18 DAY2 : Genki Instruments
Genki Instruments、指輪型MIDIコントローラーwaveを展示!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート