閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
InterBEE2016

17
Nov.2016
REPORT

InterBEE2016 : KRK / Gibson

P1290081

GibsonのブースでKRKの新製品を発見!名機VXT4の後継機『V series 4』が登場です。

P1290085
11月頭に発売されたばかりのV series 4。ウーファーの口径を充てて V4 S4、V6 S4、 V8 S4の3ラインナップとなります。

VXT4の後継機といってもその仕様には大きな3つの変化があります。

P1290084

しかし変化の前に、変わらないものをご紹介。黄色が印象的なケブラー製コーンはこれまでと同じ素材が使われ、歪みを抑え、高いレスポンスで動作をします。

そしてここからが違い。1つめは、新たに採用された黄色いツイーター。そうです、これはウーファーと同じケブラー製。高性能なウーファーに見合うレスポンスのツイーターを開発するべく、探したどり着いたのがまさかの同素材だったということ。

2つめは従来、樹脂製だったフロントバッフルにアルミが採用され剛性が飛躍的にUP。スピーカー動作の阻害を抑え、理想的なサウンドの再生に貢献します。また、アルミならではのヘアライン仕上げやバッフル脇に1本入ったメタリックなラインが精悍なルックスを演出しています。とても高級感がありますよ。

P1290089

3つめの違いはアンプ。V series 4はDSP内蔵のデジタルアンプになりました。これもつイーター同様、高性能なケブラーウーファーの性能を余すことなく発揮させるために見つけた答えでした。

DSPによるEQはHigh/Low共に7ポイントづつ、合計49通りのEQセッティングが可能。DIPスイッチによりスタンバイスイッチやグラウンドの設定などシステム系のコントロールができるのもスマート。

気になったのはUSBですが、現段階では未使用とのこと。しかし今後、ソフトウェアのVerアップなどに使う可能性があるということです。たとえばEQの周波数やシステム系の制御などの変更もできるとか。

小型ながらパワフルでリッチなミドルローが人気を博したVXT4の後継機。サウンドはもちろん外観も含めてリファインされた実力をあなたもぜひ試してみてくださいね。

P1290092

V series 4と共に発売となった最新型サブウーファー10S2と8S2。こちらもウーファーの後継が型番に反映されています。こちらもデジタルアンプが採用され、時間軸など完全にV series 4とマッチングされています。

P1290100

P1290101


Writer. Tomita

KRK
http://www.krksys.com/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2016年11月17日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company