閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

06
Apr.2017
REPORT

Musikmesse 2017 Day1 : Focal


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse2017 Focal shape
昨年もTrio6やSolo6シリーズが大ヒットを記録、国内スタジオモニターのデファクトスタンダードとなりつつあるFocalからさらなる新製品『SHAPE』が新登場!

Musikmesse2017 Focal shape

サンテティエンヌに本社及びR&Dセクションを持ち、製造機械すら自社生産してしまうFocal最新作はやはり全行程がフランス製。SHPAEはFocalプロフェッショナルラインの新製品となり、CMS同様に40、50、65の3モデルがラインナップ。

Musikmesse2017 Focal shape

Musikmesse2017 Focal shapeSHAPEの新技術として、ウーファー部分にガラス繊維と亜麻繊維で構成されるFlaxサンドウィッチコーンを新搭載。(ガラス繊維のサンドウィッチコーンはSM6やSM9でも使用されていました) より軽量で高い剛性を持ち、従来のようなポリガラスコーンよりも大幅な特性改良を実現。

Musikmesse2017 Focal shape

新ウーファーとのクロスオーバーを改善するために採用されたアルミ/マグネシウムインバーテッドドームツイーター、設置の自由度(スタンドアダプターや天吊などのオプション)も増し、磁気部品も最適化、ホームスタジオにおけるFocalの新たな回答と言える注目の製品です。

Musikmesse2017 Focal shape

そして何よりも注目なのは一見ポートなしの設計かと思いきや、新たにダブルパッシブラジエーターを筐体側面に搭載。対称性を確保することで振動周波数を抑え、壁の付近に配置しても優れた低域特性を再現することが可能となりました。CMS同様コンパクトなサイズはそのままに、よりコンパクトな環境下での低域特性をさらに高めたモデルと言えますね。

Musikmesse2017 Focal shape

特にSHAPE 40のサウンドはホームスタジオモデルにおけるサウンドの常識を超える予感がします、今から試聴が楽しみで仕方がありません。こちらが3機種のスペック。

Musikmesse2017 Focal shape

Musikmesse2017 Focal shape会場で配布されている2017年のFocalカタログを見る限り、従来CMSのポジションにSHAPEが配置され、CMSは掲載されていません。もしかするとCMSはいずれ生産完了となってしまうのかもしれませんが、内部反響を抑えサイズからは驚異と言えるサウンドとバランスを生み出したCMSシリーズの魅力が色褪せるわけではありません。

現在CMSは特価プロモーション中ですから2017年はCMSの完成されたサウンドを手にいれるラストチャンスとなってしまうかもしれません。ご検討中の方は是非店頭で試聴ください。

Writer.Takemoto

Focal
https://www.focal.com/en/pro-audio/monitoring-speakers/shape


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年4月6日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company