閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
musikmesse2017

06
Apr.2017
REPORT

Musikmesse 2017 Day1 : Focal


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse2017 Focal shape
昨年もTrio6やSolo6シリーズが大ヒットを記録、国内スタジオモニターのデファクトスタンダードとなりつつあるFocalからさらなる新製品『SHAPE』が新登場!

Musikmesse2017 Focal shape

サンテティエンヌに本社及びR&Dセクションを持ち、製造機械すら自社生産してしまうFocal最新作はやはり全行程がフランス製。SHPAEはFocalプロフェッショナルラインの新製品となり、CMS同様に40、50、65の3モデルがラインナップ。

Musikmesse2017 Focal shape

Musikmesse2017 Focal shapeSHAPEの新技術として、ウーファー部分にガラス繊維と亜麻繊維で構成されるFlaxサンドウィッチコーンを新搭載。(ガラス繊維のサンドウィッチコーンはSM6やSM9でも使用されていました) より軽量で高い剛性を持ち、従来のようなポリガラスコーンよりも大幅な特性改良を実現。

Musikmesse2017 Focal shape

新ウーファーとのクロスオーバーを改善するために採用されたアルミ/マグネシウムインバーテッドドームツイーター、設置の自由度(スタンドアダプターや天吊などのオプション)も増し、磁気部品も最適化、ホームスタジオにおけるFocalの新たな回答と言える注目の製品です。

Musikmesse2017 Focal shape

そして何よりも注目なのは一見ポートなしの設計かと思いきや、新たにダブルパッシブラジエーターを筐体側面に搭載。対称性を確保することで振動周波数を抑え、壁の付近に配置しても優れた低域特性を再現することが可能となりました。CMS同様コンパクトなサイズはそのままに、よりコンパクトな環境下での低域特性をさらに高めたモデルと言えますね。

Musikmesse2017 Focal shape

特にSHAPE 40のサウンドはホームスタジオモデルにおけるサウンドの常識を超える予感がします、今から試聴が楽しみで仕方がありません。こちらが3機種のスペック。

Musikmesse2017 Focal shape

Musikmesse2017 Focal shape会場で配布されている2017年のFocalカタログを見る限り、従来CMSのポジションにSHAPEが配置され、CMSは掲載されていません。もしかするとCMSはいずれ生産完了となってしまうのかもしれませんが、内部反響を抑えサイズからは驚異と言えるサウンドとバランスを生み出したCMSシリーズの魅力が色褪せるわけではありません。

現在CMSは特価プロモーション中ですから2017年はCMSの完成されたサウンドを手にいれるラストチャンスとなってしまうかもしれません。ご検討中の方は是非店頭で試聴ください。

Writer.Takemoto

Focal
https://www.focal.com/en/pro-audio/monitoring-speakers/shape


Musikmesse 2017 Rock oN Show Report

Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
Musikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show ReportMusikmesse 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2017年4月6日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company