閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
Prolight+Sound2016

07
Apr.2016
REPORT

SENNHEISER

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート SENNHEISER

NEUMANNと合同のブース出展のSENNHEISERからは、驚きの商品展示がありました。

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート SENNHEISER

こちらはMK4。既存製品の展示かと思いきや、隣にはiPadとともに展示されたMK4が鎮座しており、Bottom部分に黒いスリーブが。

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート SENNHEISER

ケーブルをよく見るとキャノンケーブルではありませんね。さらにPowerd by Apogeeのロゴ。昨年春に発表されたパートナーシップにより、MKE 2 digitalに続く新製品 MK4 digitalの登場です。会場ではMK4 digitalから直接iPadへlightningで接続し、そのままアプリで外部マイクとして展示されておりました。

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート SENNHEISER

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート SENNHEISERさらに隣にはevolution 800シリーズと同じ見た目のマイクの展示も。こちらもよく見るとApogeeのロゴがあり、iPadへ直接接続されております。

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート SENNHEISER

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート SENNHEISER

特別にコネクション部分を取り外してもらうと、内部はUSB Microのケーブルが。マイク内部でデジタル処理され、iPadへ信号が伝送される仕組みのようです。SENNHEISERの音質がiOSアプリでも活用できるのは非常に魅力的ですね。

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート SENNHEISER

展示ではiPadに接続されておりましたが、USBでコンピューターへ接続すれば、Pro ToolsやLogicなどへ直接録音することも可能です。価格はまだ発表されておりませんが、夏頃に発表されるのではないかということで、こちらも発売が楽しみです。

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート SENNHEISER

そして、CES2016で発表されたAMBEOシステムの展示もありました。再生環境は9.1chで再現されるということで、VR用Micは内部のダイヤフラムが4枚搭載されて、3Dで音像をキャプチャされることがしっかりとわかりますね。

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート SENNHEISER会場ではクラブハウスをモデリングした仮想空間が視聴できるようになっておりましたが、他にも有名なコンサート会場などのモデリングもされているようです。

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート SENNHEISER

また、ユニークな視聴コーナーも特徴的でした。ヘッドホンと聞きたいマイクをタッチしてコネクションできるというもの。もちろん、ボリュームコントロールも画面上で行います。

ProlightandSound 2016 RockoN ショーレポート SENNHEISER

製品情報はアイコンをタップすることで表示が可能。オブジェクトのスムーズな動きに圧巻です。

Writer. Akao
SENNHEISER >>

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2016年4月7日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

キーパーソンに聞くPMCのサウンドフィロソフィー ~PMCからTim Irel…
PMCからニアフィールド製品のリリース。その真相を聞く。
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGA…
SONY PCM-D10使用レポート(音質編) by HIROYUKI SUGAWARA (NOISE IN JAPAN)
SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuit…
ACL Sinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードゲネレーターとアプペジエーターを搭載。シーケンサーではかなり複雑なパターンを作成し、かなりぶっ飛んだ感じのソングパターンをジェネレートするとのこと。
SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company