閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH18

06
May.2018
REPORT

SUPERBOOTH18 DAY3 : Teenage Engineering

SUPERBOOTH18

昨今のIKEAやBaiduとのコラボレーションの話題で、実は企業として大きな規模であることを明かしているTeenage Engineering。もはやギークな知る人ぞ知るというメーカーではなく世界で認められた名ブランドの一つとなっています。

しかし、いくら有名なったからといってその遊び心が変わることはありません。SUPERBOOTH18ではあのOP-Zが実働展示されていました。

SUPERBOOTH18

「もっとも楽しいシンセ」とも言われた名機OP-1の約半分ほどのシンプルなボディ。OP-Zは「ビジュアルをコントロールすることもできるドラムマシン、シーケンサー付きのシンセサイザー」です。

OP-Zの魅力の概要をTeenage Engineering マーケティングのGrant Smithさんに教えてもらいましょう。

いかがでしょうか。おさらいするとOP-Zの音源はシンセ(4tr)とドラムマシン(4tr)。全てのトラックが独立した最大16ステップシーケンサーはステップ・コンポーネントと呼ばれレイヤー化されていて、それぞれにノート情報やそのほかパラメーターの変化を記録できます。最大14ものコンポーネントを重ねることができるため、たった1つのシーケンスに様々な効果や時間的な変化を残すことができます。

そしてOP-1で好評のテープエフェクトはテープ型コントローラーでフィジカルに音を出したり止めたりして有機的な演出が可能。パンチインエフェクトはボタンを押した時のみかかる直感型エフェクトでライブの際に強力なアクセントとなります。

SUPERBOOTH18

1つのフレーズからコード進行のある曲を作る際に便利なスケーラブルなトランスフォームはとっても便利ですね。ループ系の楽器は苦手という人も注目!

そしてここからがOP-Zがこれまでの楽器と全く違うところ。ビジュアルを自身で操作/シーケンスすることができるのです!

SUPERBOOTH18
SUPERBOOTH18

OP-Zは照明や舞台装置における世界基準のコントロールプロトコル『DMX』を操作/シーケンス可能です。DMXは電子楽器でいうとMIDIのようなものなので、末端機器の様々な機能を使うことができます。会場側と話をつけておけばライブの際に照明やレーザーを自分で操ったり、フォグマシンで煙を出す演出も可能。なんと夢がひろがるのでしょう!

そしてモニター画面にヴィジュアルを映し出すモーションという機能がいさらにおもしろい!

モーションには2つのモードがあります。

フォトマティック
SUPERBOOTH18

PCやスマホの中からあらかじめ設定しておいた画像をシーケンスして映すことができます。

ユニティ3D
SUPERBOOTH18
OP-Zの各パラメーターを反映して様々なCGを動かすことができる、VJCGに似た機能。動画の中ではOP-ZのパラメーターをVR風宇宙船コクピットのCGで見ることができていましたが、それだけではないのです。

SUPERBOOTH18
SUPERBOOTH18

この機能にはゲームエンジンのUnityが使われていて、開発には生みの親 Unity Technologies社と、同社の関係者でもあるVJ keijiro takahashi氏が大きく関与しています。OP-Zはまだプロト段階なのでこの機能についてこれ以上の言及はできませんが、ここまでくるとOP-Zは楽器というよりも、音楽を包括したアートのための電子ツールと言えるかもしれません。特にVJの方には注目してほしいものです。

SUPERBOOTH18
SUPERBOOTH18

モーション機能やパンチインエフェクトなどOP-Zが映し出す画像は、PC経由でモニタ画面に表示する以外に専用Appをインストールしたスマホにも表示することができます。大掛かりなセットがなかったとしても、ホームパーティーなどで楽しむこともできるのです。

OP-Zの発売時期と価格はわかり次第Rock oN WebサイトやTwitterでお知らせします。どうぞお楽しみに。

OP-Z
https://www.teenageengineering.com/products/op-z_preview


2018050520180504SB_3Day_1_12_

こちらも新製品。インテリア性の高いパワードスピーカーOD-11のイエローバージョン。限定生産の特別モデルです。

OD-11はスウェーデンの音響デザイナー 故ティーグ・カールソン氏の代表作、OD-11オルソ指向性ラウドスピーカーをTeenage Engineeringの技術で復刻させたものです。

2018050520180504SB_3Day_1_13_

Teenage Engineering謹製のOP-1 & POシリーズのモバイルキット。もちろんワンオフのハンドメイド。

2018050520180504SB_3Day_1_22_

電源/ミキサーモジュールと共にAPI500ラックに収まっているのがプロ仕様です。これ、かっこいいなあ。

2018050520180504SB_3Day_1_1_

いつも楽器を超えた楽器を提案してくれるTeenage Engineering。OP-Zの発売はアートの世界に刺激をもたらすかもしれませんね。これからもとても楽しみです。

Writer.Tomita

Teenage Engineering
https://www.teenageengineering.com/

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2018年5月6日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company