閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH19

12
May.2019
REPORT

SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuits League)

20190510SB19_1DAY_2_

ベルリンのシンセメーカーACL(Audiophile Circuits League)。パーツの精査に細心の注意を払い、自国ドイツで組み立てることによって、製品のクオリティを高く保ち、音楽をやるにあたって自分たちが欲しいシンセを作ることをモットーにした、ミュージシャンファーストなブランドです。

20190510SB19_1DAY_17_-min

こちらのSinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードジェネレーターとアルペジエーターを搭載します。ここから生成されるCVデータは非常に音楽的でシネマティックな音楽作成に最適です。動画ではACLのVARIABLE SYNC VCOを4つ同時にコントロールしています。そして途中から入ってくるフレーズはWINTER MODULARのELOQUENCERで作成されたものですが、スケールもコードも何も考えずにフレーズを打ち込みGateとCVをSinfonionに送ると、Sinfonion側でクオンタイザーが動作し、Sinfonionで設定されたスケール内を動く、調整の取れたフレーズになっています。素晴らしい、まさにシンフォニックなSinfonionです。


20190510SB19_1DAY_14_-min

20190510SB19_1DAY_15_-min

そしてStefan Lewin (Audiophile Circuits League Chief Developer)氏もその場ですぐに打ち込んだライブパフォーマンスを見せてくれました。ACLの部品までこだわり抜いたアナログサーキットのサウンドを堪能できるパフォーマンスでした。Stefanさんはキックはフィルターで作っていますね。レゾナンスによる自己発振を繊細にコントロールしてサウンドを調整。ハイパスだとクリアでタイト、ローパスだと少し篭ったアンダーグラウンドなサウンになります。この辺りも面白いですね。

20190510SB19_1DAY_11_-min

そしてこちらは新しいシステムでそのなもSYSTEM2です。SYSTEM1からさらに進化し、MULTI FUNCTION VCOやDISCRETE CORE LADDER VCFなどを搭載。

20190510SB19_1DAY_8_
20190510SB19_1DAY_9_

Writer:ACID渋谷

Audiophile Circuits League
http://audiophilecircuitsleague.com

この記事、あなたの評価は?

記事内に掲載されている価格は 2019年5月12日 時点での価格となります。

最新記事ピックアップ

SUPERBOOTH19 Day3:EVE AUDIO
SUPERBOOTH19の会場では今年も地元代表EVE AUDIOが大活躍。シーンへの貢献は計り知れません。
SUPERBOOTH19 Day3:U・D・O
ブリストル発 U・D・Oが初めてのポリフォニックシンセサイザーSUPER6の試作品を発表!
SUPERBOOTH19 Day3:1010music LLC
SUPERBOOTH19会場で1010music LLCのblackboxの姿をキャッチ!
SUPERBOOTH19 Day3:IK Multimedia
IK Multimedia UNO DRUM開発者Enrico Dell’Aversana氏によるデモ動画を撮影!
SUPERBOOTH19 Day3:Genki Instruments
Genki Instrumentsは、遂に完成したウェアラブルMIDIコントローラーWAVEがその勇姿を!
SUPERBOOTH19 Day3:The Division Departmen…
ボイス同士のクロスモジュレーションや、クロマチック演奏可能なドラムシンセ
SUPERBOOTH19 Day3:DIN SYNC
今回もDIN SYNCのブースではRE-303が、爆音で鳴らし続けてました!
SUPERBOOTH19 Day3:Endorphin.es
Endorphin.esでは新製品6機種がスタンバイ!中でも注目のシーケンサーGround Controlをクローズアップ!
SUPERBOOTH19 Day3:GAMECHANGER AUDIO
世界で初めてのエレクトロ・メカニカル・デスクトップ・シンセこと「MOTOR SYNTH」を発表。
SUPERBOOTH19 Day3:ZAHL
ZÄHLは今年もスペースシャトルの船内を模したスペースで密やかにブースを出展。
SUPERBOOTH19 Day3:Arturia
大人気のmicrofreakやPigmentを始めMatrixBruteやRackBruteなどが展示されとても華やかな雰囲気でした。
SUPERBOOTH19 Day3:DOEPFER
「Dark Energy」のベースになったA-111-5の後継A-111-6を展示!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company