閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
SUPERBOOTH19

12
May.2019
REPORT

SUPERBOOTH19 Day2:ACL(Audiophile Circuits League)

20190510SB19_1DAY_2_

ベルリンのシンセメーカーACL(Audiophile Circuits League)。パーツの精査に細心の注意を払い、自国ドイツで組み立てることによって、製品のクオリティを高く保ち、音楽をやるにあたって自分たちが欲しいシンセを作ることをモットーにした、ミュージシャンファーストなブランドです。

20190510SB19_1DAY_17_-min

こちらのSinfonionはハーモニックプロセッサー。3つのクオンタイザー、4つのコードジェネレーターとアルペジエーターを搭載します。ここから生成されるCVデータは非常に音楽的でシネマティックな音楽作成に最適です。動画ではACLのVARIABLE SYNC VCOを4つ同時にコントロールしています。そして途中から入ってくるフレーズはWINTER MODULARのELOQUENCERで作成されたものですが、スケールもコードも何も考えずにフレーズを打ち込みGateとCVをSinfonionに送ると、Sinfonion側でクオンタイザーが動作し、Sinfonionで設定されたスケール内を動く、調整の取れたフレーズになっています。素晴らしい、まさにシンフォニックなSinfonionです。


20190510SB19_1DAY_14_-min

20190510SB19_1DAY_15_-min

そしてStefan Lewin (Audiophile Circuits League Chief Developer)氏もその場ですぐに打ち込んだライブパフォーマンスを見せてくれました。ACLの部品までこだわり抜いたアナログサーキットのサウンドを堪能できるパフォーマンスでした。Stefanさんはキックはフィルターで作っていますね。レゾナンスによる自己発振を繊細にコントロールしてサウンドを調整。ハイパスだとクリアでタイト、ローパスだと少し篭ったアンダーグラウンドなサウンになります。この辺りも面白いですね。

20190510SB19_1DAY_11_-min

そしてこちらは新しいシステムでそのなもSYSTEM2です。SYSTEM1からさらに進化し、MULTI FUNCTION VCOやDISCRETE CORE LADDER VCFなどを搭載。

20190510SB19_1DAY_8_
20190510SB19_1DAY_9_

Writer:ACID渋谷

Audiophile Circuits League
http://audiophilecircuitsleague.com

この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2019年5月12日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    AES2019 DAY2 : セミナーレポート
    AESでマシンラーニングやイマーシブオーディオについてセミナーも開催!
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company