閉じるボタン

ROCK ON

head-love Created with Sketch. CREATOR

10
Apr.2016
REPORT

LEWITT


20160418_roc3_nabshow_top2

nab_index_02nab_index_04
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

musikmesse 2016 Rock oN ショーレポート LEWITT


FETとチューブサウンドを1本で切り換えられるLCT 940、ダイナミック式とコンデンサー式 2つのダイヤフラムを1本のマイクに仕込んだキック用マイクDTP 640 REX 等々、これまで見たことも無かったような、しかしこんなマイクがあればいいのに、というアイディアをプロダクトに昇華し続けているLEWITT。

先日のNAMM2016でアナウンスされていたLCT640 TS。musikmesse2016 LEWITTブースでも、注目を集めていました。

musikmesse 2016 Rock oN ショーレポート LEWITT


LCT640 TSはラージダイヤフラムのコンデンサーマイク。フロントとバックにそれぞれダイヤフラムを持つデュアルアウトプットモードが1番の特徴。同梱されるプラグイン “Polarizer”との併用で、例えレコーディング後でも指向性をオムニ〜フィギュア8までシームレスに細かく変化させることが可能になり、レコーディングしたサウンドの空間イメージをコントロールすることが出来ます。

musikmesse 2016 Rock oN ショーレポート LEWITT


また、他にマイクを用意する事無く、LCT 640 TSのみでM/Sレコーディングを行う事が出来ます。この場合、フロントのダイアフラムがleft-sideチャンネル対応になり、バックのダイアフラムがright sideとして働きます。DAW上で2つのトラックを作り、それぞれの入力をフロント、バックに割当てミックスでステレオ幅を調整しれば、M/S方式による広がりを作る事ができます。

musikmesse 2016 Rock oN ショーレポート LEWITT

出荷開始は5月の予定です。

LEWITT >>

Writer : Tsuneyoshi

musikmesse 2016 Rock oN ショーレポート LEWITT


nab_index_02nab_index_04
nab_index_08nab_index_10nab_index_12

20160418_roc3_nabshow_top2


※ 記事中に掲載されている価格・割引率・購入特典・ポイントや仕様等の情報は 2016年04月10日 記事更新時点のものです。

最新記事ピックアップ

NAMM 2017 : 株式会社ユードー
NAMM2017最大級の衝撃はなんと日本から! 日本の作曲家/ゲームクリエイター/ニューメディア・アーティストである株式会社ユードー代表『南雲玲生』氏のNEWMAN KEYBOARDに刮目です!!
NAMM 2017 : 会場で見かけた有名人
会場でこの方をお見かけ。ウクレレプレーヤーのジェイク・シマブクロさんです。
NAMM 2017 : Spectrasonics
今年もお馴染みエリック・パーシング本人へとSoftware Instruments Awardが手渡されました!
NAMM 2017 : Apogee
Element Controlの発表以降強く求めていたMaestroの更新が実現! 待望のSymphony Controlとして進化を果たしました。
NAMM 2017 : Strymon
「至上のDriveを生み出す」Riversideのマスコット?キャラクターが我々を迎えてくれました!
NAMM 2017 : HEDD AUDIO
5インチスピーカー「Type05」、7インチスピーカー「Type-07」、そして7インチウーファー2個と、5.5インチのミッドレンジウーファー1個の構成「Type30」が設置
NAMM 2017 : ROLI
サラさんと再会。昨年のRock oN Awardで見事Silver Awardに輝いたSeaboardへのトロフィーが贈られました。
NAMM 2017 : TEAC / TASCAM
TRACK FACTORY PROJECT。ユーザーはディスプレイのみを用意すれば、その日から録音や楽曲制作が開始できます。
NAMM 2017 : WAVES
WAVESブース 最新プロダクトは驚きのグランドピアノ音源、その名も『Grand Phapsody Piano』
NAMM 2017 : ATV
今回初のお披露目となった「aDrum」は参考展示ですがドラマー必見の情報!
NAMM 2017 : Mackie
BigKnobがリニューアル!デザイン、仕様、そしてラインナップが更新され、より環境ベースに合わせたモニターコントロールシステムの導入が可能です。
NAMM 2017 : Teenage Engineering
昨年NAMMでの発表からついに製品化へ! 大幅な進化を遂げたOP-Z、そしてPOシリーズの世界を広げる最新作PO-32が新登場!
Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company
RockoNCompanyに関するツイート