閉じるボタン
head-love Created with Sketch. CREATOR
NAMM2017

23
Jan.2017
REPORT

NAMM 2017 Day4 : Percussa


NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report

Namm2017_2Day-49

20170120_quiz_1090_100

NAMM 2017開催前からティザー写真が大きな話題を呼んでいた、Percussa期待の新製品 Synthor System 8が登場!フィジカルなコントールで縦横無尽のモジュレーションを可能にするデジタルモジュラーシンセです。

Synthor System 8は下記三つの要素から成り立つシステムであり、今回初お披露目となったハードウェアは写真上部の「ENGINE」になります。

①ENGINE
ディスプレイの付いているマシンです。LinuxベースでSynthorが動いているコンピュータです。

②REMOTE
ENGINEのパラメータをツマミやボタンで設定できるフィジカルコントローラーです。(こちらは既発)

③AudioCubes×8

三つの役割を知らないとSynthor System 8がどういう製品か分かりませんので、簡単に説明いたします!
Percussaの名前はAudioCubesによってすでにご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?YAMAHA Tenori-onが登場した時にSound&Recordingsの特集でJAZZMUTANT LemurやMonomeなどと一緒に光るキューブを見た方も多いはず。

★AudioCubes(③)

namm2017 Rock oN show report

「AudioCubes」は4つのハイスピード且つ低レイテンシーのセンサー(1kHz/10bit)とRGBライトを持ったコントロールデバイスです。それ自体で音を出すものではなく、Mac/PC用のスタンドアローン・ソフトウェアである「Synthor」のパラメータをコントロールします。Synthor/各AudioCube同士のとの接続はワイヤレスで、2.4gHz帯を使った独自のプロトコルが採用されています。
LFOのカットオフ周波数や、アウトプットレベルの様なシンセサイザーのパラメーターを、Synthor上で各AudioCubesに個別にアサインし、それぞれを動かしたり、近づけたり話したりしてリアルタイムなコントロールを行います。視覚的にも面白く、アート系の雰囲気が漂います。

★REMOTE(②)

namm2017 Rock oN show report

AudioCubesはパラメーターを設定した後は、任意にポジションを変えたりしてパフォーマンスするわけですが、Synthor上で設定をするため、Mac/Pcの操作が不可欠でした。そこで登場したのが「REMOTE」です。Mac/PCを見ないでもあらゆるパラメーターをリアルタイムにコントロールすためのデバイスです。

namm2017 Rock oN show report

ツマミやボタンの位置はSynthorのGUIと重なっているため、違和感なく操作ができます。

★SYNTHOR

namm2017 Rock oN show report

SYNTHORはステップシーケンサーを搭載、幅広いモジュレーション・ポテンシャルを持つシンセサイザーです。モジュールがテーマになっているため、AudioCubesに割り当てるパラメーターも特徴的です。まず初めに音をだすためには「Output」を割り当てる必要があったり、オシレーターの項目が「LFO」に統括されていて、周波数が可聴帯域を下回ればLFO、上回ればオシレーターという考え方です。また、Wavetableは自分の波形を使えたりと自由度もなかなか高そうです。

★ENGINE(①)

namm2017 Rock oN show report

そして今回、SynthorがついにMac/PCを飛び出し、ハードウェア化したのが「ENGINE」です。ENGINEがこのシステムのコアとなるため、オーディオ出力もこのデバイスに付いています。コンポーネントの美しさもさることながらサウンドクオリティもとことん追求されており、6つのアウトプットのDAにはAKM AK4456DAC、2つのインプットのADにはAKM AK5552ADCを採用。192kHz/32bitに対応しています。

namm2017 Rock oN show report

さて、ではCeline Van Damme氏によるSynthor System 8のデモンストレーションムービーをご覧ください!

複雑そうに見えますが、プリセットも99個用意されているので普段シンセを使っている方ならそんなに迷わずに音が出せそうです。ENGINE上で各Audiocubesの状態を設定するとき、該当のAudioCubesの色とENGINE上での該当箇所が同じ色に光るので分かりやすいですね。デモでは緑のAudiocubesにLFOを、黄色にOutputを、オレンジにDCジェネレータと呼ばれるパラメータをアサインし、ピッチをコントロールしていますね。基本的にはENGINEのディスプレイ左に示させる項目の左側がMod Inputs、右側がMod Outputsとなっていて、この部分をモジュレーションのソースとディスティネーションの関係と考えると分かりやすそうです。

かなり大きな可能性を秘めたシンセサイザーだと思います!写真はデモをしてくれたCeline Van Damme氏とBert Schiettecatte氏。
namm2017 Rock oN show report

Writer:Shibuya

Percussa
https://www.percussa.com/

20170126_namm2016

NAMM 2017 Rock oN Show Report

NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
NAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show ReportNAMM 2017 Rock oN Show Report
この記事、あなたの評価は?

    記事内に掲載されている価格は 2017年1月23日 時点での価格となります。

    最新記事ピックアップ

    SUPERBOOTH19 Day1:E-RM
    E-RMから同社初となるオシレーターモジュール「polygogo」が登場!動画でも解説!
    iZotopeが放つ未来のマスタリングツールOzone 9 在庫限り特価で販売中…
    新機能追加など更なる進化を遂げ、未来のマスタリングツールと呼べるプラグインに!
    Ableton Live10 CV TOOLS誕生アイデアの源泉を聞く:Dyla…
    Ableton本社サウンド部門責任者 Dylan Wood氏に「CV Tools」誕生アイデアの源泉を聞く事が出来ました!
    Line 6 Helix 開発者インタビュー 〜モデリング哲学がめざす最終的なゴ…
    Eric Klein氏にHelixの秘密をインタビューする事が出来ました!開発者が目指すモデリング哲学のゴールとは!?
    AES 2019 Day3 : Softube
    スウェーデンのソフトシンセ/ハードウェアメーカーSoftubeからはConsole 1 Faderが登場!
    AES2019 DAY4 : テクニカルプログラム
    メーカー展示会終了後にもDolby Atmosやサウンドシステム構築のテクニカルプログラムが開催!
    AES2019 DAY3 : GIK ACOUSTICS
    AESにレコジャケが…!?と思ったら、GIK Acousticsの防音・吸音材!
    AES 2019 Day4 : ZOOM
    痒い所に手が届く画期的な製品を次々と生み出しているZOOMからは新製品、Livetrak L-8が発表されました!
    AES2019 DAY3 : ダイジェスト2
    AES NY 2019のまだまだお伝えしたいブースをダイジェストでご紹介!
    AES 2019 Day3 : ダイジェスト1
    ついに3日間の展示を終えたAES NY 2019。その会場の熱気すべてをお伝えすることは出来ていませんが、ダイジェストにて、少しでもご紹介出来なかったブースの展示をご紹介いたします。
    AES 2019 Day3 : Terry Audio
    Terry Audioは、ミュージシャンでエンジニアのMarshall Terry氏が厳選したパーツでハードウェアを制作しているメーカーです。ポップでアーティスティックなデザインが目を惹くCEQという製品が展示されていました!
    AES 2019 Day3 : Sound Particles
    まだ国内では、紹介されていない3D Audio制作ツールを展開するSound Particles。今後の伸びしろを非常に感じる新興のメーカー。
    Copyright © Media Integration, Inc. Rock oN Company